BMW 新型「iX」電気自動車 航続可能距離650km 日本モデル 2021年11月4日発売

BMWは電気自動車(BEV)「iX」2021年モデルの日本仕様を2021年11月4日発表し発売を開始した。

目次

BMW 電気自動車 新型「iX」について

BMW iXは、SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)をベースに、コンセプト、デザイン、パワートレイン等、その全てにおいて、BMWが次世代を見据えて開発したモデルであり、サステイナブル(持続可能性)であることを目的に、パワートレインには電気モーターを採用、大型のリチウム・イオン・バッテリーの搭載、1回の充電で長距離走行を可能とした電気自動車である。満充電にて、BMW iX xDrive40は450km、BMW iX xDrive50は650kmの走行が可能。次世代自動車であることを彷彿とさせるエクステリア・デザイン、インテリア・デザイン、さらには、最新の運転支援システム、最新の通信システムを備えている。

新型 iX エクステリアについて

BMW「iX」はエクステリアデザインは、大型BMW、SAVの強力なプロポーションを再考すると言われている。長さと幅がBMW X5に匹敵します、流れるようなルーフラインのおかげで、X6とほぼ同じ高さです。特大のホイールはBMWX7。ハイライトには、カメラテクノロジー、レーダー機能、その他のセンサーを収容する大規模な閉鎖型キドニーグリル、フレアホイールアーチ、Dピラー、フラッシュドアハンドル、フレームレスサイドウィンドウ、スリムな水平LEDライトなどがある。分離ジョイントがなく、後部全体に広がるテールゲート。これらの要素はすべて、寛大な形状の表面とくっきりとしたラインを介して組み合わされ、印象的なボディデザインを作成。

新型 iX インテリアについて

一体型ヘッドレスト「非常に大きな」パノラマガラスルーフ、高品質の素材、高レベルの広々とした新開発のシートのおかげで、ラウンジのような雰囲気を提供すると述べています。設計者はダッシュボードで最小限のアプローチを取りました。ダッシュボードは、BMWカーブド・ディスプレイ、12.3インチのインフォメーション・ディスプレイおよび1ピース、フレームレス・ガラス・サーフェスの14.9インチのコントロール・ディスプレイによってフルデジタル・スクリーンを構成。最近の完全に丸いハンドルに対して六角形のハンドルを採用。

センターコンソールは高級家具のように作られ、ギア選択用のロッカースイッチ、次世代BMWオペレーティングシステム用の大きなダイヤル、ボリュームセレクターを備えています。これらはすべてクリスタルでできているようです。全体的に、ディスプレイとコントロールはすべて、すっきりとしたキャビンの印象を与える必需品まで取り除かれてる。

新型 iX スペックについて

前輪と後輪2つの電気モーター、パワーエレクトロニクス、充電技術、および高電圧バッテリーで構成される第5世代BMWeDrive技術を特徴とする非常に重要なパワートレイン。希土類と呼ばれる重要な原材料を使用せずに持続可能な方法で製造されたパワーユニットはBMW iX xDrive50はモーターは、トータルでの最高出力は385kW、最大トルクは765Nm、BMW iX xDrive40はトータルでの最高出力は240kW、最大トルクは630Nmである。最新の充電テクノロジーが採用されており、対応する急速充電器では、最大150 kWでの充電が可能、自宅や公共の普通充電の設備では最大11 kWでの充電が可能。150kWの急速充電利用時は、僅か40分以内で、約80%までの充電が完了し、約500kmもの長距離走行が可能となる。僅か10分の急速充電では、約100kmもの航続可能距離を伸ばすことも可能である。普通充電においては、一晩(約7時間)で、0から100%の状態まで、充電することが可能。

安全機能・運転支援システム「ドライビング・アシスト・プロフェッショナル」標準装備

高性能プロセッサーによる高い解析能力によって、より精度と正確性が向上した、最先端の運転支援システムを標準装備。アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーン・チェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)、レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーン・コントロール・アシスト、サイド・コリジョン・プロテクション、衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、前車接近警告機能、後車衝突警告機能、クロス・トラフィック・ウォーニング、および、ペダル踏み間違い急発進抑制機能を、標準装備。

新型 iX xDrive50

スペック

BMW iX xDrive50は、全長4,955mm、全幅1,965mm、全高1,695mm、ホイールベース3,000mm、車両重量2,380kg、車両総重量2,655kg、前輪を最高出力190kW、最大トルク365Nmを発揮する電気モーターと、後輪を最高出力230kW、最大トルク400Nmを発揮する電気モーターを持ち、システム・トータルでの最高出力は385kW、最大トルクは765Nmである。リチウム・イオン電池容量は303Ah、一充電走行距離は650km、交流電力量消費率は190Wh/kmである。

新型 iX xDrive40

スペック

BMW iX xDrive40は、全長4,955mm、全幅1,965mm、全高1,695mm、ホイールベース3,000mm、車両重量2,530kg、車両総重量2,805kg、前輪を最高出力190kW、最大トルク290Nmを発揮する電気モーターと、後輪を最高出力200kW、最大トルク340Nmを発揮する電気モーターを持ち、システム・トータルでの最高出力は240kW、最大トルクは630Nmである。リチウム・イオン電池容量は232Ah、一充電走行距離は450km、交流電力量消費率は183Wh/kmである。

新型 iX 価格グレードについて

グレード 価格
BMW iX xDrive40 9,8100,000
BMW iX xDrive50 11,160,000
あわせて読みたい
BMW 新型「iX3」電気自動車 日本初認可のハンズ・オフ機能 最新安全機能・運転支援システムを搭載 2021... BMWはプレミアム・ミドル・クラスSAV(スポーツ・アクティビティ・ヴィークル)「BMW X3」のラインアップに、電気自動車「BMW iX3」を追加し2021年11月4日発売。納車は2...
あわせて読みたい
BMW 新型 iX キドニーグリル採用 EVモデル 2021年発売 BMWは新世代EV新型「iX」を2021年内に発売する。 【新型 iXについて】 「iX」は以前は「iNext」と呼ばれていた。バッテリー駆動のSUVは、ブランドの増え続ける電気SUVの...
あわせて読みたい
BMW 新型 iX ローンチ・エディション 日本仕様を発表 2021年6月9日予約注文開始 BMWは電気自動車「iX」の初期生産モデル「iX ローンチ・エディション」2021年モデルの日本仕様を発表した。2021年6月9日予約注文開始した。納車開始は2021年秋以降を予...

BMWニュースリリース

BMW Group PressClub
次世代電気自動車BMW iX誕生 ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: クリスチャン・ヴィードマン)は、長距離走行が可能な革新的な次世代電気自動車BMW iX(アイエックス)を、全国のBMW正...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
トップへ
目次
閉じる