BMW 新型 iX ローンチ・エディション 日本仕様を発表 2021年6月9日予約注文開始

BMWは電気自動車「iX」の初期生産モデル「iX ローンチ・エディション」2021年モデルの日本仕様を発表した。2021年6月9日予約注文開始した。納車開始は2021年秋以降を予定している。

目次

新型 iX ローンチ・エディション 日本価格グレードについて

ローンチ・エディションは、新型BMW 「iX xDrive40」「iX xDrive50」の初期生産モデルとして、「スカイ・ラウンジ・パノラマ・ガラス・サンルーフ」等の上質な室内空間を演出する装備を含むファースト・クラス・パッケージ、フロント・アクティブ・ベンチレーション・シート等の室内の快適性を向上させる装備、ラウンジ・パッケージ、専用のホイール等スポーティーなデザイン装備を含むスポーツ・パッケージ全てを採用。新型BMW iX xDrive40ローンチ・エディションには、「harman / kardonサラウンド・サウンド・システム」が、新型BMW iX xDrive50ローンチ・エディションには「Bowers & Wilkinsダイヤモンド・サラウンド・サウンド・システム」を含むテクノロジー・パッケージを装備している。

グレード 価格
BMW iX xDrive40ローンチ・エディション 11,550,000円
BMW iX xDrive50ローンチ・エディション 13,730,000円

新型 iXについて

「iX」は以前は「iNext」と呼ばれていた。バッテリー駆動のSUVは、ブランドの増え続ける電気SUVのラインナップにおけるその重要性を強調するために、単にBMWiXと呼ばれる。BMW iXは、電動化、自動運転、接続性の分野における最新のイノベーションを詰め込み、ブランドのテクノロジーフラッグシップとしても機能する。

あわせて読みたい
BMW 新型 iX5 次世代EV SUVモデル「Vision iNEXT」 2021年発売 BMWはクロスオーバータイプの電気自動車(EV)新型「iX5」を2021年に発売する。 【新型 iX5について】 2018年9月16日次世代のEVコンセプトカーBMW Vision iNEXTを発表。...

新型 iX エクステリアについて

BMW「iX」はエクステリアデザインは、大型BMW、SAVの強力なプロポーションを再考すると言われている。長さと幅がBMW X5に匹敵します、流れるようなルーフラインのおかげで、X6とほぼ同じ高さです。特大のホイールはBMWX7。ハイライトには、カメラテクノロジー、レーダー機能、その他のセンサーを収容する大規模な閉鎖型キドニーグリル、フレアホイールアーチ、Dピラー、フラッシュドアハンドル、フレームレスサイドウィンドウ、スリムな水平LEDライトなどがある。分離ジョイントがなく、後部全体に広がるテールゲート。これらの要素はすべて、寛大な形状の表面とくっきりとしたラインを介して組み合わされ、印象的なボディデザインを作成。

新型 iX インテリアについて

一体型ヘッドレスト「非常に大きな」パノラマガラスルーフ、高品質の素材、高レベルの広々とした新開発のシートのおかげで、ラウンジのような雰囲気を提供すると述べています。設計者はダッシュボードで最小限のアプローチを取りました。ダッシュボードは、BMWカーブド・ディスプレイ、12.3インチのインフォメーション・ディスプレイおよび1ピース、フレームレス・ガラス・サーフェスの14.9インチのコントロール・ディスプレイによってフルデジタル・スクリーンを構成。最近の完全に丸いハンドルに対して六角形のハンドルを採用。

センターコンソールは高級家具のように作られ、ギア選択用のロッカースイッチ、次世代BMWオペレーティングシステム用の大きなダイヤル、ボリュームセレクターを備えています。これらはすべてクリスタルでできているようです。全体的に、ディスプレイとコントロールはすべて、すっきりとしたキャビンの印象を与える必需品まで取り除かれてる。

新型 iX スペックについて

2つの電気モーター、パワーエレクトロニクス、充電技術、および高電圧バッテリーで構成される第5世代BMWeDrive技術を特徴とする非常に重要なパワートレイン。希土類と呼ばれる重要な原材料を使用せずに持続可能な方法で製造されたパワーユニットは、370 kW(503 PS / 496 HP)を超える最大出力を発揮。BMWによると、5.0秒未満でBMWiXに0から100km / h(62 mph)まで電力を供給する。

モーターは、総エネルギー量が100kWhを超えるバッテリーから電力を供給。パックは、WLTPサイクルで600 km以上、またはEPAのFTP-75テスト手順に従って300マイル以上の範囲を有効にする必要があります。BMWは、WLTPテストサイクルで100 km(62マイル)あたり21kWh未満の「非常に低い」合計電力消費量を目標としている。

充電に関しては、iXの新技術により、最大200 kWのDC急速充電が可能。つまり、バッテリーは40分以内に全容量の10〜80%まで充電できる。10分間の充電は、範囲を120 km(75マイル)以上拡大するのに十分なエネルギーを提供。11 kWのWallboxを使用すると、バッテリーを0から100パーセントまで充電するのに11時間。

新型 iX xDrive50

スペック

BMW iX xDrive50 は、電気自動車「スポーツ アクティビティ ビークル」(SAV) シリーズの唯一のバリエーション。米国仕様モデルには、最高出力268 hp、最大トルク260 lb-ft (352 Nm) 発生するフロント電気モーターと、最高出力335 hp および 最大トルク295 lb-ft (400 Nm) のトルクを発生するリア電気モーターが装備。 . これらのモーターを組み合わせて システム最高出力516 hp と システム最大トルク564 lb-ft (764 Nm) となる、106.3 kWh のバッテリー パックから電力を供給される。0 ~ 62 mph (100 km/h) の速度は 4.6 秒で、最高速度は 124 mph (200 km/h) です。iX xDrive50 の EPA 推定航続距離は 300 マイル (482 km) 。DC 急速充電器による最大 200 kW の急速充電をサポート、40 分未満でバッテリーを 10 ~ 80% まで充電できる。航続距離は、10 分間で最大 90 マイル延長することも可能。

サスペンションのトラベルに応じてショックの硬さを調整するリフト関連のダンピング システムが標準装備。BMW によれば、これは大きなバンプを走行する際の過度のボディ ダイブを防ぎ、中間のダンピング ポジション付近の低い減衰力により、道路の小さな凹凸を走行する際に高いレベルの快適性を保証します。購入者は、電子制御ショックを備えたアダプティブ サスペンション システムと、自動セルフレベリングを備えた 2 軸エア サスペンションをオプションで選択できる。

インテリア

BMW iX のインテリアは、他のすべての BMW モデルとは劇的に異なり、12.3 インチのインフォテインメント ディスプレイと 14.9 インチのコントロール ディスプレイを 1 枚の曲面ガラスの下に組み合わせている。システムは、BMW iDrive 8 で実行され、無線による更新が含まれている。先進のヘッドアップ ディスプレイ、六角形のステアリング ホイール、4 ウェイ オートマチック エアコン、ボタンを押すだけで透明度を調整できる薄いフィルム層を備えたパノラミック ガラス ルーフも特徴。

iX xDrive50 には、18 個のスピーカーと 655 ワットの出力を備えた Harman Kardon オーディオ システムに加えて、2 つのサブウーファーと 4 つのスピーカーがヘッドレストに組み込まれていることも、オーディオファンにとって喜ばしいことです。オプションとして、30 個以上のスピーカーと 1,615 ワットの Bowers & Wilkins オーディオ システムを採用している。

あわせて読みたい
BMW 新型 iX キドニーグリル採用 EVモデル 2021年発売 BMWは新世代EV新型「iX」を2021年内に発売する。 【新型 iXについて】 「iX」は以前は「iNext」と呼ばれていた。バッテリー駆動のSUVは、ブランドの増え続ける電気SUVの...

BMW ニュースリリース

BMW Group PressClub
The first ever BMW iX. 本プレスキットの内容は、ドイツ国内市場向け(2020年11月時点)の仕様を基準として記載されており、その他の市場においては仕様、標準装備品、オプション設定などが異なる場...
BMW Group PressClub
電気自動車「BMW iXローンチ・エディション」発表 ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長:クリスチャン・ヴィードマン)は、2021年秋に日本国内において正式に発表となる電気自動車「新型BMW iX(アイエックス)...

BMW iX

あわせて読みたい
NEXTGen Home Let #NEXTGen and its web series give you unique insights into innovations by the BMW Group, as well as the future of mobility – and beyond.
あわせて読みたい

BMW

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる