フォルクスワーゲン 新型 ゴルフ 8代目 GTI クラブスポーツ フルモデルチェンジ 世界初公開

Volkswagen New Golf 8 GTI Club Sport フォルクスワーゲン
Volkswagen New Golf 8 GTI Club Sport

フォルクスワーゲンは、8代目 新型「ゴルフ」フルモデルチェンジをベースにしたハイパフォーマンスモデルとなる新型「ゴルフ8 GTIクラブスポーツ(Volkswagen New Golf 8 GTI Club Sport)」が世界初公開した。

新型 ゴルフ 8代目 GTI クラブスポーツ

「ゴルフ GTI クラブスポーツ」は2.0Lのターボチャージャー付き4気筒エンジンを搭載。最高出力296hp、最大トルク400Nm。拡大されたインタークーラー、新しいコンチネンタルターボチャージャー、および再調整されたECUソフトウェアによって達成した。エンジンとペアになっているのは、前輪を駆動する7速デュアルクラッチトランスミッション。VWは、ハッチが6.0秒未満で62 mph(100 km / h)に達し、最高速度が155 mph(250 km / h)。デュアルクラッチは、通常のGTIよりもギア比が短くなっている。

Volkswagen New Golf 8 GTI Club Sport

Volkswagen New Golf 8 GTI Club Sport

「ゴルフ GTI クラブスポーツ」には、標準GTIの電子XDSシステムに代わるVAQ電気機械式ロッキングフロントディファレンシャルが付属。この新しいディファレンシャルは、運転モードに応じて調整。その他のアップグレードには、フロントのキャンバーの増加、リアの新しいコントロールアームマウント、新しいホイールマウント、特注のダンパーベアリング、新しいスプリング構成が含まれる。ダイナミックシャーシコントロール(DCC)システムもアップグレードされ、運転モードにはコンフォートとスポーツの間に15の設定が含まれるようになった。ニュルブルクリンクノードシュライフェ用に調整されたモードが含まれている。ツインピストンキャリパーを備えたアップグレードされたブレーキ。ABSとスタビリティコントロールシステムも微調整され、スリップスレッショルドが増加してブレーキ性能と安定性が向上している。

エクステリアは新しいスプリッターを備えた独特のフロントバンパー、19インチのホイール、およびリフトを減らすのに役立つ2ピースのリアスポイラーが含まれている。ホットハッチにはサイドスカートに黒いグラフィックも含まれている、

インテリアの変更はシートの新しい室内装飾。ファブリック、スポーツシートが標準装備、メーカーオプションでレザーシートも採用。

フォルクスワーゲン 新型 ゴルフ 8代目 フルモデルチェンジ 2019年10月24日発表

フォルクスワーゲン 新型 ゴルフ 8代目 フルモデルチェンジ 2019年10月24日発表
フォルクスワーゲンは8代目となる新型ゴルフのフルモデルチェンジを行い2019年10月24日18時(現地時間)に正式発表する。ドイツでは2019年12月から販売を開始。日本モデルは2020年に発売する。 8代目 新型ゴルフについて フォル...

ソース

https://www.carscoops.com/2020/10/2021-vw-golf-gti-clubsport-announced-with-296-hp-and-a-trick-new-diff/

フォルクスワーゲン ゴルフ

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/golf.html

フォルクスワーゲン
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020