MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ホンダ 新型 N-WGN / N-WGN カスタム 一部改良 特別仕様車「STYLE+ BITTER」追加 2022年9月23日発売

目次

ホンダ 新型 N-WGN / N-WGN カスタム 一部改良 について

特別仕様車「N-WGN STYLE+ BITTER(スタイルプラス ビター)を追加する。

ボディカラー・インテリアに新色を追加。

グレード編成の見直し。N-WGNカスタムのエントリー「G」グレードを廃止。

Honda SENSINGの新機能となる「急アクセル抑制機能」をホンダ車として初採用

エクステリアでは「N-WGN カスタム」がより存在感を一段と強め、ハイパフォーマンスを予感させるデザインへと進化。ボディカラー・インテリアに新色を追加。シートヒーターを標準装備。先進安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」には、「急アクセル抑制機能」をホンダ車として初採用。ペダルの踏み間違いや踏みすぎを検知した場合に急加速を抑制し、音とディスプレイ表示で警告する。N-WGN・N-WGNカスタムに新色を追加。

N-BOX誕生10周年を機に、Nシリーズ[N-BOX(エヌボックス)、N-ONE(エヌワン)、N-WGN(エヌワゴン)、N-VAN(エヌバン)]共通の新ブランド「N STYLE+(エヌスタイルプラス)」をスタート。第3弾として特別仕様車「STYLE+ BITTER(スタイルプラス ビター)」を追加する。

ホンダ 新型 N-WGN 一部改良 特別仕様車「STYLE+ BITTER(スタイルプラス ビター)」

特別仕様車「STYLE+ BITTER(スタイルプラス ビター)」 は「N STYLE+」シリーズ第三弾として設定。「STYLE+ BITTER」は、シンプルで親しみやすいN-WGNのデザインはそのままに、よりシックで落ち着いた、大人の世界観を表現。エクステリアはクロームメッキの加飾を施したドアハンドルやリアライセンスガーニッシュ、グレーメタリック&ブラックの専用カラーリングで仕上げたホイールキャップなど、より存在感を増したデザインに進化。チャコールを基調としたインテリアには柔らかく質感の高いレザー調のプライムスムースとトリコット生地のコンビシートを採用し、大人の感性に響く豊かな時間を演出する空間に仕上げている。

ホンダ 新型 N-WGN 価格 グレード について

N-WGN

モデル エンジン トランス
ミッション
駆動方式 価格
G・Honda SENSING 660cc 直列3気筒
DOHC エンジン
CVT 2WD 1,298,000円
4WD 1,431,100円
L・Honda SENSING 2WD 1,399,200円
4WD 1,532,300円
助手席回転シート車
Honda SENSING
2WD 1,569,700円
4WD 1,702,800円
L
特別仕様車STYLE+ BITTER
2WD 1,501,200円
4WD 1,631,880円

N-WGN カスタム

エントリーグレードGを廃止。

モデル エンジン トランス
ミッション
駆動方式 価格
L・Honda SENSING 660cc 直列3気筒
DOHC エンジン
CVT 2WD 1,648,900円
4WD 1,782,000円
L・ターボ
Honda SENSING
660cc 直列3気筒
DOHC ターボエンジン
CVT(7スピードモード付き)
+パドルシフト
2WD 1,749,000円
4WD 1,882,100円

ホンダ 新型 N-WGN / N-WGN カスタム について

ホンダは新型 N-WGN / N-WGN カスタムのフルモデルチェンジを行い2019年7月18日に発表し2019年8月9日に発売する。新型N-BOXに採用された最新プラットフォームを採用し軽量化とHondaの特許技術「センタータンクレイアウト」を採用し旧型に比べ室内空間を大きく拡大する。さらに、エクステリアやインテリアデザインもN-BOXの様なデザインへ変更となる。

オートブレーキホールド」機能を搭載し停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保って、アクセルを踏むと解除されるので渋滞時などで活躍してくれるホンダの軽自動車で初めて「テレスコピック&チルトステアリング機構」を採用したことで大きい方から小さい方までベストなポジションで運転が可能となった。「パーキングブレーキシステム」を採用しリアバンパーに4つのセンサーを配置し後方の障害物を感知して音と表示でお知らせする。全車でHonda SENSING を標準搭載。全車で「フルLEDヘッドライト」を標準装備。新型エンジン「S07B」型  660cc 直列3気筒DOHC エンジンを採用する。

新型N-WGN カスタム 全車で「フルLEDヘッドライト」を標準装備。N-WGNはプロジェクタータイプ、N-BOX カスタムは9灯式のマルチリフレクタータイプを採用。N-WGN カスタムはLEDフォグライト+クロームメッキフォグライトガーニッシュも標準装備。LEDリアコンビネーションランプ(ストップランプ&テールランプ)を全車標準装備。LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)を採用した。

先進運転支援システム Honda SENSING全モデル標準装備

運転支援システムである「Honda SENSING(ホンダ センシング)」も全モデル標準装備。ホンダ車として初めて「後方誤発進抑制機能」を搭載。「オートハイビーム」も搭載。衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)は昼・夜間歩行者、無街灯歩行者認識と自転車、横断自転車検知機能に対しても衝突回避を支援。更に渋滞追従機能付ACCとなり、新型N-BOXよりもレベルの高い「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を採用している。

システム 装備新型N-WGN
CMBS(昼・夜間歩行者 自転車)
誤発進抑制機能
歩行者事故低減ステアリング
路外逸脱抑制機能
渋滞追従機能付ACC
LKAS
先行車発進お知らせ機能
標識認識機能
後方誤発進抑制機能
オートマチックハイビーム
急アクセル抑制機能

衝突軽減ブレーキシステム(CMBS) 前走車、対向車、歩行者(昼間・夜間)と横断自転車には横断自転車検知機能付きとなる衝突回避を支援。約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある前走車両や歩行者、または対向車両(二輪車や自転車等を除く)に対して衝突する可能性があるとシステムが判断した場合に作動し、自動的に停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図ります。対向車両(二輪車や自転車等を除く)と歩行者に対しては、自車が約80km/h以下で走行中の場合に作動。

路外逸脱抑制機能 車線を検知し、はみ出さないように支援。約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

LKAS(車線維持支援システム) 車線内を走行できるようにステアリング操作を支援。約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

渋滞追従機能付ACC 適切な車間距離を保ち、運転負荷を軽減。約0km/h – 約100km/hで作動。急なカーブや加速・減速の繰り返しが少ない、高速道路や自動車専用道路などを運転するときに使用が可能。

標識認識機能 標識の見落とし防止を図り、安全運転を支援。

誤発進抑制機能 不注意による急発進を防止し注意を喚起。停車時や約10km/h以下で走行しているとき、自車のほぼ真正面の近距離に車両などの障害物があるにもかかわらず、アクセルペダルを踏み込んだ場合に、エンジン出力を抑制し、急な発進を防止するとともに、音と表示で接近を知らせます。

先行車発進お知らせ機能 停止時に、先行車が発進したことをお知らせ。

後方誤発進抑制機能 後方に障害物があるにも関わらず、セレクトレバーがR(リバース)の状態でアクセルペダルを強く踏み込んだ際、急な後退を抑制する機能。

オートハイビーム 対向車や前走車を検知し、 自動でハイ/ロービームを切り換え。良好な視界の確保に貢献するとともに、切り換え操作の頻度も低減。

急アクセル抑制機能 ペダルの踏み間違いや踏みすぎを検知した場合に急加速を抑制し、音とディスプレイ表示で警告する。

目次に戻る

新型 N-WGN / N-WGN カスタム ボディカラーについて

モノトーン

  • プラチナホワイトパール ※1
  • シャイニンググレーメタリック ※3
  • ルナシルバーメタリック ※2
  • クリスタルブラックパール
  • ミラノレッド
  • ピーチブロッサムパール※
  • プレミアムアガットブラウンパール※
  • プレミアムアイボリーパールⅡ※
  • ガーデングリーンメタリック ※2
  • ホライズンシーブルーパール ※2
  • ミッドナイトブルービームメタリック※1 ※3
  • プレミアムベルベットパープルパール※1 ※3

※1ディーラーオプション +32,400円 ※2 N-WGN限定色 ※3 N-WGNカスタム限定色

2トーンカラー

N-WGN

  • ピーチブロッサムパール&ホワイト※1
  • プレミアムアガットブラウンパール&ホワイト※1
  • ガーデングリーンメタリック&ホワイト
  • ホライズンシーブルー&ホワイト

N-WGN カスタム

  • プラチナホワイトパール&ブラック※1
  • ミラノレッド&ブラック
  • ミッドナイトブルービームメタリック&シルバー※1
  • プレミアムベルベットパープルパール&シルバー※1

※1ディーラーオプション+59,400円

ホンダ 新型 N-WGNスペックについて

エンジン型式:S07AからS07Bと改良されたエンジンを採用。

スペック 新型 N-WGN
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,675mm〜1,725mm
ホイールベース 2,520mm
エンジン 660cc 直列3気筒
DOHC エンジン
660cc 直列3気筒
DOHC ターボエンジン
最高出力 43kW(58PS)/
7300rpm
47kW(64PS)/
6,000rpm
最大トルク 65Nm(6.6kgm)/
4,800rpm
104Nm(10.6kgm)/
2,600rpm
トランス
ミッション
CVT CVT
(7スピードモード付き)
+パドルシフト
駆動方式 FF / 4WD
WLCTモード燃費 23.2km/L(2WD)
21.2km/L(4WD)
22.0km/L(2WD)
20.4km/L(4WD)

ホンダ 新型 N-WGN 一部改良 について思うこと

ホンダにとって「N-WGN」は日本市場において主力となる軽自動車という存在であり販売力の高い車種である。ホンダとして正常進化を果たしてきた「N-WGN」を更に「STYLE+」のカスタマイズをすることでより魅力的なモデルとなった。「N-WGN」を乗り続けてきた人も、購入を検討している人は是非「STYLE+」はおすすめの1台となるだろう。

目次に戻る

あわせて読みたい
ホンダ 新型 N-WGN / N-WGN カスタム フルモデルチェンジ 2019年8月9日発売 ホンダは新型 N-WGN / N-WGN カスタムのフルモデルチェンジを行い2019年7月18日に発表し2019年8月9日に発売する。2代目「N-WGN」は2017年9月1日発売した新型N-BOXの技術...

N-WGN

https://www.honda.co.jp/N-WGN/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次