MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

日産 新型「スカイライン」一部仕様変更 価格改定 2022年10月末発売

日産は、新型「スカイライン」は一部仕様変更と価格改定し、2022年10月末より発売すると2022年9月22日に発表しました。

目次

日産 新型「スカイライン」一部仕様変更 について

「スカイライン」史上最高の405馬力を誇る「400R」や、V6ツインターボ搭載による力強い走りをもたらす「GT Type SP」の投入など、先進技術の搭載とともに進化を遂げている。今回の一部仕様変更では「400R」のエクステリアカラーに、新たにミッドナイトパープルを追加。またインテリアには、シックな装いとプレミアム感を演出する「ブラウンインテリアパッケージ」を新たなオプションとして設定。

日産 新型「スカイライン」一部仕様変更 価格について

グレード エンジン トランス
ミッション
駆動方式 価格
GT Type SP 3.0L V型6気筒
ターボエンジン
7速AT 2WD 5,149,100
GT Type P 4,868,600
GT 4,569,400
400R 5,899,300

日産 新型「スカイライン」スペックについて

スペックスカイライン
GT
スカイライン
400R
全長4,815mm4,815mm
全幅1,820mm1,820mm
全高1,440mm1,440mm
ホイールベース2,850mm2,850mm
エンジン3.0L V型6気筒
ターボエンジン
3.0L V型6気筒
ターボエンジン
最高出力224kW(304PS)/
6,400rpm
298kW(405PS)/
6,400rpm
最大トルク400Nm(40.8kgfm)/
1,600-5,200rpm
475Nm(48.4kgfm)/
1,600-5,200rpm
乗車定員5人5人
トランスミッション7速AT7速AT
駆動方式2WD(FR)2WD(FR)
WLTCモード燃費10.0km/L10.0km/L

日産「スカイライン」について

2013年9月に、北米で新型「インフィニティQ50」が発表された。日本では2013年11月11日に13代目V37型スカイラインとして発表、2014年2月26日に発売。スカイラインでは初となるハイブリッドモデルが新たに追加。システム最高出力268kW(364ps)の圧倒的な加速性能と18.4km/L(JC08モード)というクラストップレベルの燃費を両立させた。 また、ステアリングの動きを電気信号に置き換えてタイヤを操舵する世界初のステアリングシステム「ダイレクトアダブティブステアリング」は、応答遅れのないシャープなハンドリングによる“意のまま”の走りと高い直進安定性による安心感をドライバーに提供する。車の周囲をレーダーなどで読み取る安全性能も高めた。海外の高級車で採用する「インフィニティ」のエンブレム(紋章)を装着する。70km/h以上での高速走行時に車線(白線)に対する車両の向きをカメラが検知し、タイヤの角度と操舵反力を微調整する世界初の技術「アクティブレーンコントロール」との組み合わせにより、高速走行時の直進性はさらに向上する。

あわせて読みたい
日産 新型 スカイライン 排気量3.5L 364psの加速性能と燃費は18.4km/L 2014年2月26日発売 日産自動車は、高級スポーツセダンの新型「スカイライン」を2014年2月26日に日本で発売する。 【新型スカイラインについて】 1957年の初代以来、13代目となる。ハンドル...

2019年9月、マイナーチェンジではエクステリアはフロントグリル、フロントバンパーのデザイン変更が行われる。インフィニティのエンブレムから日産エンブレムとVモーショングリルを採用、LEDリヤコンビネーションランプ丸目4灯の新デザインを採用する。

車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」を利用可能にする「通信機(TCU)」を採用。車内においてLTEの高速データ通信を使ったWi-Fiを利用可能。「プロパイロット 2.0」を搭載。更に、「踏み間違い衝突防止アシスト」を搭載。「エマージェンシーブレーキ」には歩行者検知が可能となる。インフィニティQ60に搭載された第2世代のステアバイワイヤシステム「ダイレクト アダプティブ ステアリング(DAS)」と新システムとして「ダイナミック デジタル サスペンション(DDS)」を標準装備する。

skyline
3.0L V型6気筒ターボエンジン

2.0L 4気筒ターボエンジンを廃止。「3.0L V型6気筒ターボエンジン(VR30DDTT)」グレード「400R」には(最高出力298kW(405PS)/6,400rpm、475Nm(48.4kgfm)/1,600-5,200rpm)とグレード「GT」「GT Type SP」「GT Type P」には(最高出力224kW(304PS)/6,400rpm、最大トルク400Nm(40.8kgfm)/1,600-5,200rpm)のトランスミッション7速AT、駆動方式:2WD、2つのエンジンモデルを追加ラインナップ。グレード「400R」に日産車で初採用の「IDS(インテリジェントダイナミックサスペンション)」を標準装備。グレード「GT Type SP」にはオプション設定。グレード「400R」はエクステリアには専用デザインの19インチホイールとレッド塗装のブレーキキャリパー、ブラックドアミラーを採用、インテリアにはキルティング加工のシートやレッドステッチを採用した。

あわせて読みたい
日産 13代目「スカイライン」ハイブリッド車 オーダー終了 日産は公式ホームページにて「スカイライン」のハイブリッド車のオーダーを終了したと5月にアナウンスした。 【日産「スカイライン」について】 2013年9月に、北米で新...

日産ニュースリリース

https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/220922-01-j

スカイライン

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline.html

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次