MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

フォルクスワーゲン 新型 ティグアン マイナーチェンジ 「TSI 4MOTION」追加  2022年9月21日発売

VW Tiguan

フォルクスワーゲンは、新型「ティグアン」のマイナーチェンジを行い、新たなパワートレインとして「TSI 4MOTION」を追加設定し2022年9月21日発売した。2022年11月より順次出荷を開始する、 半導体供給不足などの影響により納期に時間がかかる場合がある。

目次

フォルクスワーゲン 新型 ティグアン マイナーチェンジ 「TSI 4MOTION」追加

今般導入する「TSI 4MOTION」は、最高出力140kW/190PS と最大トルク320Nm/1,500~4,100rpm を発生させる2.0TSI エンジンを採用。この高性能エンジンをフォルクスワーゲンの四輪駆動として定評のある 4MOTION システムと組み合わせることで、高いロードホールディング性能と高出力ながら扱いやすいエンジン性能を備えた四輪駆動モデル。

4MOTIONアクティブコントロールやヒルディセントアシストに加え、ドライビングプロファイル機能などを装備。LEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”やフォルクスワーゲン純正
インフォテイメントシステム“Discover Pro”やデジタルメータークラスター“Digital Cockpit Pro”などの先進装備設定。さらに上級グレードのR-Lineには、専用の内外装に加え、アダプティブシャシーコントロール“DCC”やレザーシートなどのオプションを選択することが可能。エクステリアカラーはナイトシェードブルーメタリックやドルフィングレーメタリックなど全5色展開。

今回の追加設定により、新型「Tiguan」は、1.5L TSI エンジンを採用したモデルと 2.0TSI エンジンに4MOTION システムを組み合わせたモデル、そしてハイパフォーマンスの「R」モデルの 3 種類のパワートレインを採用し、降雪地域などでは根強い人気を誇る四輪駆動モデルがラインアップに加わったことで ベーシックモデルからスポーティなモデルまで幅広く充実したラインアップを展開する。

新型 ティグアン マイナーチェンジ  グレード 日本仕様について

モデル エンジン 変速機 駆動
方式
価格(10%)
TSI Active 1.5L  直列4気筒
ターボ
7DSG 2WD 4,382,000円
TSI Elegance 5,194,000円
TSI R-Line 5,406,000円
TSI 4MOTION Active 2.0L  直列4気筒
ターボ
4WD 4,792,000円
TSI 4MOTION Active Advance 5,188,000円
TSI 4MOTION R-Line 5,816,000円
R 7,337,000円

新型 ティグアン マイナーチェンジ  スペックについて

スペックティグアン
エンジン直列4気筒DOHC 1.4L
ターボエンジン TSI
最高出力110kW(150PS)/
5,000~6,000rpm
最大トルク250Nm(25.5kgm)/
1,500~3,500rpm
トランス
ミッション
6速DCT(DSG)
駆動方式2WD(FF)
WLTCモード燃費14.3km/L
スペックティグアン
エンジン直列4気筒DOHC 2.0L
ターボエンジン TSI
最高出力140kW(190PS)/
4,200~6,000rpm
最大トルク320Nm(32.6kgm)/
1,500~4,100rpm
トランス
ミッション
6速DCT(DSG)
駆動方式4WD(FF)
WLTCモード燃費12.8km/L

新型 ティグアン マイナーチェンジについて

マイナーチェンジによりエクステリアデザインを変更、新しいLEDヘッドライトを採用しデイライトを採用、グリルとフロントバンパーを一新。ハイパフォーマンスモデル「ティグアンR」を設定。インテリアではワイヤレスAndroid AutoとApple CarPlayのサポートする最新のモジュラーインフォテインメントマトリックス(MIB3)システムを採用。フォルクスワーゲンの新しいエンブレムも採用。3つのグレード構成とし「Active」「Elegance」「R-Line」をラインナップする。日本導入を記念して、特別仕様車「TSI First Edition」を導入。さらにSUV 初のハイパフォーマンスモデル「Tiguan R」を追加設定。全長は先代と比べて 15mm 伸び、4,515mm。全幅 1,840mm、全高 1,675mm、ホイールベース 2,675mm と先代と変わらず、SUV らしいスクエアなボディスタイルから想像されるとおりの広い室内空間を実現。同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”を全車標準装備。

新型 ティグアン マイナーチェンジ 日本仕様エンジンについて

従来の1.4 TSIエンジンから、新たに1.5 TSIエンジンを採用。アクティブシリンダーマネージメント(気筒休止機能)が搭載されており、走行シーンに応じて瞬時に4気筒から2気筒へ切り替え、燃料消費量を抑制します。高性能モデルの「Tiguan R」には、2.0TSIエンジンを採用。235kW(320PS)のパワーを発生するこのエンジンは、わずか2,100rpmの低回転域から420N mの強大なトルクを発生し、0 – 100 k m加速は4.9秒を記録。(欧州参考値)。全車7速DSGを採用、「Tiguan R」のトランスミッションにはより高トルクに対応できるように設計された7速DSGが設定。

フォルクスワーゲンの SUV 初のハイパフォーマンスモデル

新型「ティグアン」には、高性能スポーツモデルとして「R」が初設定。フロントおよびリヤバンパー、大径アルミホイールなど数々の専用アイテムを装備、エンジンもスポーツ仕様の 2.0TSI エンジンを採用。さらにモータースポーツの世界からフィードバックされて新たに開発された、“R パフォーマンストルクベクタリング”というトルクスプリッター付き四輪駆動システムをフォルクスワーゲンのモデルで初採用。この駆動システムは、前輪と後輪の間だけでなく、後輪の左右のホイール間の駆動力も配分することができ、特にコーナリング時において、高い敏捷性を得ることができる。またハンドリングもプログレッシブステアリングを採用したことで、取り回しや駐車時に必要な力が大幅に軽減。その他、ドライブモード内にある、「Tiguan R」用に特別に開発された「RACE」モードでは、エンジンサウンドが高まり、トランスミッションやダンパー調整などをよりスポーティな設定に変更することが可能。

フォルクスワーゲン

https://www.volkswagen.co.jp/ja.html

フォルクスワーゲン ティグアン

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/tiguan.html

VW Tiguan

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次