メーカー・車種から調べたい方はこちらへ

マツダ 新型 CX-5 マイナーチェンジ フロントデザインなど変更 2022年 米国モデル 2021年9月14日発表

マツダは「CX-5」マイナーチェンジを行い2022年モデルとして各国で販売される。米国モデルを2021年9月14日発表した。

目次

新型 CX-5 マイナーチェンジ 米国モデル

マツダは新型CX-5の再設計されたフロントバンパーは、クローム仕上げのウィングで下線が引かれた3次元グリルを備えており、新しいLEDヘッドライトを搭載。また、吸気口を広くして低くすることで、サイドインレットを省略。後部では、変更はより薄いLEDテールライトとバンパーの新しいデザインに限定。マツダはまた、新しい範囲のホイールデザインとともに、ジルコンサンドエクステリアペイントオプションをカラーパレットに追加。

トリム構造を刷新し、グランドツーリングリザーブトリムを新しい2.5ターボに置き換え、レンジトッピングトリムは2.5ターボシグネチャーと呼ばれています。新しい2.5ターボモデルには、非ターボモデルとの差別化を図るためにグロスブラックのエクステリアトリムが付属し、キャビンには赤いアクセントとコントラストステッチが施されている。

新しいレンジトッピング2.5ターボシグネチャートリムは、明るいシルバーのホイールと対照的なボディカラーのクラッディングを追加し、キャビンはナッパレザーの装飾と本物の木目調のトリムを備えている。

再設計されたシート、センターコンソールのワイヤレスQi電話充電トレイ、およびドライバーが新しいオフロードモードを含む運転モードから選択できるマツダインテリジェントドライブセレクト(Mi-Drive)が含まれます。10.25インチのインフォテインメントタッチスクリーンは、変更されていません。安全装置は、クルージング&トラフィックサポート(CTS)を含む追加のi-Activsenseシステムで改善された。ラゲッジルーム容量が550L(73Lの増加)した。

視覚的な調整に加えて、ボディシェル、シャーシ、サスペンション、シートを更新し、乗り心地を向上させ、「特に荒れた路面での運転時のロードノイズを大幅に低減」しました。6速オートマチックトランスミッションの応答性も向上。

あわせて読みたい
マツダ 新型 CX-5 大幅改良 (マイナーチェンジ) 2つの特別仕様車を追加 2021年11月8日発表 マツダは「CX-5」マイナーチェンジ 大幅改良(年次改良)を行い日本にて2021年11月8日に発表、12月に発売開始する。商品改良モデルのティーザーサイトを2021年10月1日か...

ソース

Carscoops
2022 Mazda CX-5 Revealed With Standard AWD And Refreshed Styling | Carscoops The mid-life update of the Mazda CX-5 wants to make it more appealing against its rivals

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

トップへ
目次
閉じる