マツダ 新型 CX-5 マイナーチェンジ(商品改良) 特別仕様車 追加 2021年10月発表

マツダは「CX-5」マイナーチェンジ 商品改良(年次改良)を行い日本にて2021年10月に発表、12月に発売開始する。

目次

新型 CX-5 マイナーチェンジ(商品改良)2021年モデル

今回の「CX-5」は 上位モデル「CX-8」に採用されている 装備を多数装備。エクステリアに新フロントグリルを採用し印象と高級感を付与。 より細分化した「ALHアダプティブLEDヘッドライト」を採用する。 「CX-8」に採用されているハンズフリー機能付きパワーリフトゲートを搭載。ワイヤレス充電(Qi)を設定。ボディカラー「チタニウムフラッシュマイカ」を廃止 。新色「ジルコンサンドメタリック」を追加する。特別仕様車を追加、オフロードモデル「フィールドジャーニー」にはオールシーズンタイヤを標準装備。スポーツモデルとなる「スポーツアピアランス」を設定する。

あわせて読みたい
マツダ 新型 CX-8 商品改良 最新マツダコネクト 10.25インチ 採用 2020年12月3日発表 マツダ新型「CX-8」商品改良(年次改良)を行い2020年12月3日発表、2020年12月17日 に発売する。 【新型 CX-8 商品改良について】 今回の2020年の商品改良では「MAZDA3...

新型 CX-5 2020年モデルについて

マツダは「CX-5」マイナーチェンジ 商品改良(年次改良)を行い日本にて2020年12月3日に発表、発売開始した。新型「MAZDA3」同様の最新世代のマツダコネクトインフォテインメントシステム「NEW MAZDA CONNECT(ニューマツダコネクト)」を備えた新しい「8.8インチor10.25インチインチセンターディスプレイ」の大型センターディスプレイには、「Apple CarPlay」「Android Auto」機能を搭載。

CX-5
あわせて読みたい
マツダ 新型 CX-5 マイナーチェンジ 最新マツダコネクト 10.25インチ搭載 2020年8月25日発表 マツダは「CX-5」マイナーチェンジ を行い2021年モデルとして米国にて2020年8月25日発表(現地時間)発表した。特別仕様車「Carbon Edition」は、大胆な配色で、米国で...
あわせて読みたい
マツダ 新型 CX-5 マイナーチェンジ (商品改良) 最新マツダコネクト 10.25インチ搭載 2020年12月3日発表 マツダは「CX-5」マイナーチェンジ 商品改良(年次改良)を行い日本にて2020年12月3日に発表、発売開始した。 【新型 CX-5 マイナーチェンジ 2020年 モデルについて】 ...
あわせて読みたい
マツダ 新型 MAZDA3 アクセラ フルモデルチェンジ 2019年5月24日発売 マツダは「アクセラ」 セダン/ハッチバックのフルモデルチェンジを行い、2019年5月24日に発売する。今回から新世代商品第一弾とし全世界共通で車名を「MAZDA3」改名した...

「SKYACTIV-D 2.2」搭載車では、出力の向上。最高出力を140kW(190ps)/4,500rpmから147kW(200ps)/4,000rpmに向上した。SKYACTIV-DRIVE(6AT)応答性の向上した。

グレード「PROACTIVE」ベース特別仕様車「BLACK TONE EDITION」を採用。新色「プラチナクォーツメタリック」(Exclusive Mode, L Package)が追加。一部グレード(Exclusive Mode, L Package)で新フロントグリルを採用し印象と高級感を付与。

マツダ 新型 CX-8 商品改良 最新マツダコネクト 10.25インチ 採用 2020年12月3日発表

あわせて読みたい
マツダ 新型 CX-8 商品改良 最新マツダコネクト 10.25インチ 採用 2020年12月3日発表 マツダ新型「CX-8」商品改良(年次改良)を行い2020年12月3日発表、2020年12月17日 に発売する。 【新型 CX-8 商品改良について】 今回の2020年の商品改良では「MAZDA3...

新型 CX-5 2020年モデル 価格について

グレード エンジン トランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
20S 直列4気筒DOHC
2.5L 直噴 エンジン
6AT 2WD 2,678,500円
20S SMART
EDITION
(特別仕様車)
2,706,000円
20S
PROACTIVE
4WD 2,909,500円
2WD 3,041,500円
20S
Black Tone Edition
(特別仕様車)
3,041,500円
25S 直列4気筒DOHC
2.5L 直噴 エンジン
6AT 4WD 2,909,500円
25S
SMART
EDITION
(特別仕様車)
2,937,000円
25S
PROACTIVE
3,140,500円
25S
Black Tone Edition
(特別仕様車)
3,272,500円
25S
L Package
2WD 3,201,000円
4WD 3,432,000円
25S
100周年特別車
2WD 3,591,500円
4WD 3,822,500円
25T
L Package
直列4気筒DOHC 2.5L
直噴ターボ エンジン
6AT 2WD 3,514,500円
4WD 3,745,500円
25T
Exclusive Mode
2WD 3,795,000円
4WD 4,026,000円
25T
100周年特別記念車
2WD 3,905,000円
4WD 4,136,000円
XD 直列4気筒DOHC 2.2L
直噴ディーゼル
ターボエンジン
6AT 2WD 2,997,500円
4WD 3,228,500円
XD SMART
EDITION
(特別仕様車)
2WD 3,025,000円
4WD 3,256,000円
6MT 2WD 3,025,000円
4WD 3,256,000円
XD
PROACTIVE
6AT 2WD 3,228,500円
4WD 3,459,500円
6MT 2WD 3,228,500円
4WD 3,459,500円
XD
Black Tone Edition
(特別仕様車)
6AT 2WD 3,360,500円
4WD 3,591,500円
XD
Silk Beige Selection
(特別仕様車)
2WD 3,360,500円
XD
L Package 
6AT 2WD 3,520,000円
4WD 3,751,000円
6MT 2WD 3,520,000円
4WD 3,751,000円
XD
Exclusive Mode
6AT 2WD 3,800,500円
4WD 4,031,500円
6MT 2WD 3,800,500円
4WD 4,031,500円
XD
100周年特別車
6AT 2WD 3,910,500円
4WD 4,141,500円
6MT 2WD 3,910,500円
4WD 4,141,500円

CX-5 2019年モデルについて

マツダ 新型 CX-5 商品改良を行い日本では2019年12月12日から受注開始。2020年1月17日に発売する。年次改良となる今回は利便性や快適性を向上。すべてのエンジンモデルにおいて2WDとAWDのどちらの駆動方式も選択可能。特別仕様車「Silk Beige Selection(シルク ベージュ セレクション)」を新たに設定した。塗布型制振材の採用により雨粒がルーフを叩くことで発生する騒音を低減させ、上質感を高める。インテリアは「WVGAセンターディスプレイのサイズを大型化(7インチ→8インチ)」。電動スライド&リクライニング機構やベンチレーション機能を装備、運転席や助手席だけでなく、2列目シートの同乗者にもくつろいでいただける空間とする。パワートレインでは、すべてのエンジンモデルにおいて2WDとAWDのどちらの駆動方式も選択可能。AWD車には、「オフロード・トラクション・アシスト」を採用。「ステアリング シフトスイッチ」を標準装備。ボディカラーに「ポリメタルグレーメタリック」を追加。新世代デザインの「アドバンストキー」を採用。特別仕様車「Silk Beige Selection」を設定。

あわせて読みたい
マツダ 新型 CX-5 商品改良 特別仕様車「Silk Beige Selection」追加 2020年1月17日発売 マツダ 新型 CX-5 商品改良を行い日本では2019年12月12日から受注開始。2020年1月17日に発売する。年次改良となる今回は利便性や快適性を向上。すべてのエンジンモデル...

CX-5 2018年 モデルについて

マツダは新型CX-5のマイナーチェンジ (商品改良)年次改良を行い2018年10月11日発表、11月22日に発売。CX-5 2.5T ベースの特別仕様車「Exclusive Mode」も追加される。価格:257万400円~388万2600円。マツダは新型CX-5のフルモデルチェンジを行い2017年2月2日に発売。マツダは新型CX-5のマイナーチェンジ (一部改良) を行い2018年3月8日発売。今回の改良により噂では新型CX-9に搭載されている直列4気筒2.5L直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」を搭載。

SKYACTIV-G 2.5T
SKYACTIV-G 2.5T

SKYACTIV-G 2.5T 直列4気筒2.5L直噴ガソリンターボエンジン、最高出力:169kW(230ps)227HP/4,350rpm、最大トルク:420Nm(43.8kgm)/2,000rpm、トランスミッション:6速AT、WLTCモード燃費:12.2km/L〜12.6km/L「SKYACTIV-G 2.5T」を国内で初採用となった。クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」に6MTモデルをラインナップ。マツダの新世代車両運動制御技術「スカイアクティブ ビークル ダイナミク(SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS)」第2弾となる「G-ベクタリング コントロール プラス(G-Vectoring Control Plus)」を初採用した。インテリアは「マツダ コネクト」を「Android Auto」と「Apple CarPlay」に対応となる。(マツダ車国内初採用)新型アクセラに搭載されたフロントシートに快適な風が流れる「シートベンチレーション」を初搭載。更に全車に標準搭載されている先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の性能向上が行われる。アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)に夜間歩行者検知機能を追加。

あわせて読みたい
マツダ 新型 CX-5 マイナーチェンジ (商品改良) 2.5L直噴ガソリンターボエンジ追加 2018年10月11日発... マツダは新型CX-5のマイナーチェンジ (商品改良) 年次改良を行い2018年10月11日発表、11月22日に発売する。CX-5 2.5T ベースの特別仕様車「Exclusive Mode」も追加され...

G-ベクタリング コントロール プラス(G-Vectoring Control Plus)を搭載

日立オートモティブシステムズが有する車両運動制御アルゴリズムを基にマツダが応用開発し、2016年に発表した「G-ベクタリング コントロール(以下GVC)」の進化技術。GVCによる車両の横方向と前後方向の連係運動に加えて、ブレーキによる直接ヨーモーメント制御によって更なる車両挙動の安定化を実現します。GVC Plusは、マツダCX-5の商品改良モデルから順次、マツダの各モデルへ搭載される。

新型 CX-5 スペックについて

スペック

新型CX-5

全長 4,545mm
全幅 1,840mm
全高 1,690mm
ホイールベース 2,700mm
エンジン SKYACTIV-G 2.0
2.0L 直列4気筒DOHC
SKYACTIV- D 2.2
2.2L 4気筒DOHC
直噴ターボ
SKYACTIV-G 2.5
直列4気筒2.5L直噴
ガソリンエンジン
最高出力 114kW(155PS)/
6,000rpm
140kW(190PS)/
4,500rpm
140kW(190PS)/
6,000rpm
最大トルク 196Nm(20.0kgm)/
4,000rpm
450Nm(45.9kgm)/
2,000rpm
251Nm(25.6kgm)/
3,250rpm
トランスミッション 6速AT
駆動方式 2WD 2WD(FF)/4WD
乗車定員 5名
JC08モード燃費 16.0km/L 2WD車19.0km/L /
4WD車18.0km/L
2WD車14.8km /
4WD車14.2km/L

マツダニュースリリース

あわせて読みたい
Access Denied

マツダ CX-5

あわせて読みたい
Access Denied

マツダ

あわせて読みたい
Access Denied

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる