MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

メルセデス・ベンツ 初のラグジュアリーEV 新型「EQS」日本モデル 2022年9月29日発表

メルセデス・ベンツ日本は、同社として初のラグジュアリーEV、新型「EQS」を2022年9月29日発表。「EQS 450+」を発売すると同時に、「メルセデスAMG EQS 53 4MATIC+」の予約を開始した。

目次

初のラグジュアリーEV 新型「EQS」について

メルセデス・ベンツEQSは、メルセデス・ベンツが長年培ってきたラグジュアリーと快適性の理想を実現した電気自動車。専用のプラットフォームを新たに設計・開発するだけなく、電気自動車ならではのパッケージの有用性を活かしたエクステリアデザインでは、空力という機能性も兼ね備えた先進の美しさを表現。

室内で圧倒的な存在感を放つタッチ式のMBUXハイパースクリーンもまた、機能性と美しさの両面を持ち合わせています。NVH対策も徹底的に行い、静粛性はこれまでにないレベルに達しました。HEPAフィルターを採用した空気清浄システムにより、室内の空気はクリーンに保たれます。こうしてメルセデス・ベンツEQSは、人間の視覚、聴覚、触覚、嗅覚を通して、次世代のラグジュアリーを感じていただける電気自動車として誕生しました。EQSをベースにしたメルセデスAMG初となる電気自動車モデル、EQS 534MATIC+も発表。

メルセデス・ベンツ 新型 EQS エクステリア

EQSは、新しい専用EVプラットフォームに搭載。ボディサイズは全長5,216mm、全幅1926mm、全高1512mm。ボディの信じられないほどの0.20Cdを実現。容量107.8kWhのリチウムイオンバッテリを搭載。「EQS450 +」のモーターには最高出力245kW(333PS)と最大トルク419lb ft、0-100km/h加速6.2秒、最高速210km/h、WLTP航続距離は最大770km。WLTCモード一充電走行距離700km。

「メルセデスAMG EQS 53 4MATIC+」のモーターには最高出力は484kW(658PS)(RACE START使用時は最大560kW[761PS])。107.8kWhのリチウムイオンバッテリを搭載し、WLTCモード一充電走行距離601km。

メルセデス・ベンツ 新型 EQS インテリア

インテリアには8個のCPU、24GBのRAM、最新のMBUXソフトウェアを備えたハイパースクリーンを採用。MBUXハイパースクリーンは、左右Aピラーの間にあるダッシュボードをほぼ埋め尽くす、大型の曲線的なスクリーンユニット。1枚のカバーガラスの奥にディスプレイが3枚あり、単一のスクリーンに融合したように見えます。ゼロレイヤーデザインに加え、触覚フィードバックや力覚フィードバックなどの直感的タッチ操作を採用。ガラスはキズが付きにくいものを採用している上、清掃も簡単にできるようコーティングが施されている。MBUXハイパースクリーンは、コックピットディスプレイ(画面対角サイズ:12.3インチ)、有機 EL メディアディスプレイ(17.7インチ)、有機ELフロントディスプレイ[助手席](12.3インチ)の3つのディスプレイを 1枚のガラスで覆うことで、幅141cmにわたって広がる大きなスクリーンとした。

6.0kWまでの交流普通充電(200V・30A充電の場合)、150kWまでの直流急速充電(CHAdeMO規格)に対応。直流急速充電(CHAdeMO規格)で電池残量10%から80%までにかかる充電時間は、50kWタイプで約110分、90kWタイプで約55分、150kWタイプで約48分。

あわせて読みたい
メルセデス・ベンツ 新型 AMG EQS 53 4MATIC + 電気自動車 2021年9月5日世界初公開 メルセデスベンツはハイパフォーマンスEV新型「AMG EQS 53 4MATIC +」を2021年9月5日(現地時間)発表した。ミュンヘンモーターショー2021(IAA MOBILITY 2021)で発表...

メルセデスベンツニュースリリース

https://media.mercedes-benz.jp/download/1246459/20220929-eqs-fnl.pdf

メルセデスベンツ

https://www.mercedes-benz.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次