MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

マイナーチェンジ「フィット」 大幅に魅力的なモデルとなり進化を遂げる 「RS」グレード追加

fit

ホンダの「フィット」は2022年10月にマイナーチェンジを行い日本にて発売する。発売から丸2年となる「フィット」は一体どんな進化を遂げているのか、今までとは違いが数多くあるのでまとめてみた。

目次

新型 フィット マイナーチェンジモデル「RS」グレード追加

エクステリアデザインを変更。

スポーツグレード「RS」を設定。

ボディカラーに新色を追加。

1.5L 直噴 DOHC i-VTECエンジンに変更

予防安全性能にトラフィックジャムアシストを採用

現在は「BASIC(ベーシック)」「HOME(ホーム)」「NESS(ネス)」「LUXE(リュクス)」「CROSSTAR(クロスター)」と異なる5タイプを採用。今回の一部改良により先代モデルでラインナップされていた新グレード「RS」を追加ラインナップ。「RS」はスポーツグレードとなるがバンパーデザインは通常モデルよりもスタイリッシュなデザインを採用し印象を変える。「NESS(ネス)」を廃止。更にボディカラーに新色を追加ラインナップする。

エンジンライナップを変更。1.3L DOHC i-VTEC エンジンを1.5L 直噴 DOHC i-VTECエンジンに変更し快適性と燃費を兼ね備える。

あわせて読みたい
ホンダ 新型 フィット マイナーチェンジ エクステリアデザイン変更 2022年10月7日発売 ホンダは「フィット」のマイナーチェンジを行い2022年10月7日に発売する。RSのガソリンモデルは11月10日発表予定。 【新型 フィット マイナーチェンジ について】 現在...

新型フィット スペックについて

新型「ヴェゼル」と同様のエンジンラインナップとなる。

スペック 新型フィット
全長 3,990mm(4,090mm)
全幅 1,695mm(1,725mm)
全高 1,515〜1,565mm(1,545mm)
ホイールベース 2,530mm
エンジン 1.5L i-VTECエンジン 1.5L i-VTECエンジン
+新型i-MMD (e:HEV)
最高出力 96kW (131PS)/
6,600rpm
72kW(98PS)/
5,600-6,400rpm
最大トルク 155Nm (15.8kgfm)/
4,600rpm
127Nm(13.0kgfm)/
4,500-5,000rpm
モーター
最高出力
80kW(109PS)/
3,500-8,000rpm
モーター
最大トルク
253Nm(25.8kgfm)/
0-3,000rpm
トランス
ミッション
CVT 電気式
無段階変速機
駆動方式 2WD(FF)/
4WD
2WD(FF)/
4WD
乗車定員 5名
JC08モード燃費 38.6km/L(2WD)
30.8km/L(4WD)
WLTCモード燃費 20.2km/L(2WD)
18.2km/L(4WD)
29.4km/L(2WD)
24.0km/L(4WD)
あわせて読みたい
ホンダ 新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ e:HEV搭載 2021年4月23日発売 ホンダはヴェゼルのフルモデルチェンジを行い2021年4月22日発表に4月23日発売する。2021年2月18日にデザインを公開すると2021年1月18日に発表した。合わせてティーザー...

フィットについて

エクステリアデザイン

4代目となる新型フィットは旧型同様にキープコンセプトとし、全長を伸ばし、室内空間を更に広げ使い勝手を向上させる。新型フリードまではいかないが全長3,995mmとなる。「BASIC(ベーシック)」「HOME(ホーム)」「NESS(ネス)」「LUXE(リュクス)」「CROSSTAR(クロスター)」と異なる5タイプを採用。NESSはスポーツタイプ。フィットネスからきている。HOMEは居心地のいい家をイメージしてある。

新型「フリード」と同様に唯一、他グレードより最低地上高を5mm~25mmアップ、全長4,090mm、全幅1,725mmした3ナンバーサイズのクロスオーバースタイルのエクステリアデザインが特長とした「CROSSTAR(クロスター)」を新設定。「クロスター」は専用デザインのフロントグリルと前後バンパー、アルミホイールを採用。ドアアウターハンドル、ドアミラーにシルバー塗装、サイドシルガーニッシュはブラックに変更。専用装備のルーフレールも追加。

インテリアデザイン

インテリアパネルは水平・直線基調のデザインとし、車内からはワイパーを見えにくくすることで視界を良くした。実車に乗るとわかるがワイパーなどが視界に入らない位置に設置されており視界がより良くなった印象を受けた。

フロントピラーを従来とは異なる断面構造とし、万が一の衝突時にはボディーへ荷重を流す構造を採用。フロントAピラーが本当に細く少し違和感まで感じてしまうほどだが確かに右折、左折時の視界においては妨げが少ないだろう。インテリアのフロントシートには上級セダンへの搭載も見据えて新しく開発した、新世代の「ボディースタビライジングシート」を採用し長時間ドライブでも疲れにくく、やわらかな座り心地を実現したシート構造とした、「オートブレーキホールド」機能を搭載し停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保って、アクセルを踏むと解除されるので渋滞時などで活躍してくれるテレスコピック&チルトステアリング機構」を採用したことで大きい方から小さい方までベストなポジションで運転が可能となる。「パーキングブレーキシステム」を採用しリアバンパーに4つのセンサーを配置し後方の障害物を感知して音と表示でお知らせする。後部座席は初代からセンタータンクレイアウトを採用しており広い印象がある。

安全装備

進化したHonda SENSING(ホンダ センシング)全車標準搭載。広い水平画角のフロントワイドビューカメラと前後の8つのソナーセンサーをHonda車初搭載。衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)は昼・夜間歩行者と自転車に対しても衝突回避を支援。更に渋滞追従機能付ACCとなり「後方誤発進抑制機能」「オートハイビーム」も搭載。

新型フィット 安全装備比較について

システム 装備現行フィット新型フィット
CMBS
(昼・夜間歩行者
自転車)

(昼・夜間歩行者
自転車)
誤発進抑制機能
歩行者事故低減
ステアリング
路外逸脱抑制機能
ACC
(渋滞追従機能付)

(渋滞追従機能付)
LKAS
先行車発進
お知らせ機能
標識認識機能
後方誤発進抑制機能
オートマチック
ハイビーム
ブラインドスポット
インフォメーション
トラフィックジャムアシスト
<渋滞運転支援機能>

新型フィットについて思うこと

ホンダにとって「フィット」は日本市場においてコンパクトカーという存在であり販売力の高い車種である。今回はホンダとして新たなモデル「RS」を追加することで新たな客層を獲得できるモデルとなる。色々話してきたが、今回の新型「フィット」は10月に発売した瞬間に話題となることは間違なく、見慣れないデザインに驚く人も多いのは間違ないだろう。あと4ヶ月余りの発売が楽しみである。

ホンダ

https://www.honda.co.jp/

フィット

https://www.honda.co.jp/Fit/

fit

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次