オペル

オペル 新型 GRANDLAND 2022年モデル 日本 2021年発売

2021年7月4日

オペルはフラッグシップSUV新型「GRANDLAND」を日本にて2021年に発売する。

新型 GRANDLAND 2022年モデル

新型 GRANDLAND 2022年モデル エクステリア

力強く存在感のあるSUVでありながら、取り回しのしやすい、程よいコンパクトなサイズ感を実現。LEDマトリクスヘッドライト“Intellilux”®(インテリルクス)に新しいVizorグリルを採用。モッカで使用されているものを反映した、よりスポーティなフロントバンパーが加わっている。“Opel Visor”(オペルバイザー)を採用。全長4,060mm、全幅1,765mm、全高1,433mm。

新型 GRANDLAND 2022年モデル インテリア

インテリアは最大12インチのデジタル計測器クラスターと10インチのインフォテインメントシステムを備えた新しい「“Opel Pure Panel”(オペルピュアパネル)」。このモデルには、新しいダッシュボード、改訂されたセンターコンソール、ミニマリストシフターも装備。クロスオーバーには暖房と換気を備えた人間工学に基づいたアクティブシートを装備できると述べた。顧客はまた、ワイヤレススマートフォン充電器と、リアルタイムの交通情報、オンライン地図の更新、および予測ナビゲーションを備えたマルチメディアナビプロシステム。

新型 GRANDLAND 2022年モデル エンジン

ガソリンとディーゼルエンジン、そしてプラグインハイブリッドパワートレインで提供される。日本モデルに1.5Lクリーンディーゼルエンジン 最高出力130psを搭載。

新型 GRANDLAND 2022年モデル 安全装備

360°カメラシステム、自動駐車アシスタント、死角警告などがあります。ドライバーはまた、自動緊急ブレーキ、歩行者検出、車線逸脱警告、交通標識認識、眠気検出を備えた正面衝突警告、赤外線カメラを使用して最大100メートル離れた場所にいる人や動物を検出するナイトビジョンシステムなど、いくつかの新機能がある。新しいHighway IntegrationAssistの半自動運転システムを装備。カメラとレーダーセンサーを使用して、クロスオーバーを車線の中央に保ち、前方の車両から一定の距離を保ちます。システムはクロスオーバーを停止させ、トラフィックが再び流れ始めると自動的に移動を再開。

2021年 後半 オペル ブランド 日本市場での販売を再開

GRANDLAND

https://www.opel.at/fahrzeuge/zukuenftige-modelle/grandland.html

https://www.opel.jp/cars/upcoming-models/grandland.html

クラウドタグ

  • この記事を書いた人

最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

-オペル