オペル

オペル 新型 MOKKA コンパクトSUV 日本 2021年発売

2021年7月4日

Vauxhall Mokka

オペルは、新型コンパクトSUV「MOKKA」日本にて2021年に発売する。

新型 MOKKAについて

2代目新型「MOKKA」は、デザインコンセプト、“BOLD&PURE”を採用。オペルとボクスホールの新しいプログレッシブブランドの顔を、将来のすべてのモデルに採用されるVizorフロントフェイシアの形でデビュー。さらに、クロスオーバーは、次世代のピュアパネルフルデジタルコックピットを搭載したブランド初のモデル。PSAのCMP(Common Modular Platform)の新しいバージョンに基づいている。軽量で効率的なモジュラーシステムは、前世代に比べて最大120 kgの軽量化。Mokka-eエレクトリックバリアントは最大30%高いねじり剛性を提供し、ボディ剛性も向上。重量の減少と剛性の向上。ボディサイズは全長4,151mm、全幅1,790mm、全高1,53mmとなる。2代目新型「MOKKA」は前モデルより125 mm短く、バンパー間のバンパーは4,150 mmです。ホイールベースは2 mm長くなっている。短いオーバーハングと広いスタンス(幅が10 mm / 0.4)のおかげで、新しいモッカのプロポーションがよりスポーティとした。

新型 MOKKA インテリアについて

インテリアには7〜12インチの2つのワイドスクリーンデジタルディスプレイを採用。AppleCarPlayとAndroidAutoが標準装備されています。互換性のあるスマートフォンのワイヤレス充電が利用可能です。

新型 MOKKA エンジンについて

共通モジュラープラットフォーム(CMP)を「Mokka-e」と共有する、2021 Mokkaは、1.2L 3気筒 ターボチャージャー付きガソリンに標準の8速オートマチックトランスミッションと組み合わせて、最高出力130 PS(128 HP)最大トルク230 Nm(169 lb-ft)。

新型 MOKKA グレード 装備について

エントリーレベルのSEモデルは、16インチアルミホイール、AppleCarPlayとAndroidAutoを備えた7インチのタッチスクリーン、LEDライトに加えて、自動緊急ブレーキと前方衝突アラートを標準装備。

SRiモデルは、18インチのホイール、ブラックルーフ、リアスモークガラス、Vizorパネルブラックグリフィンロゴ、アダプティブクルーズコントロール、ヒーター付きフロントシート。

SRi Nav Premiumモデルでは衛星測位システムと10インチのタッチスクリーンを12インチのドライバーインストルメントクラスターに追加する。

Elite Navモデルには、17インチアルミホイール、リアパーキングセンサー、180度カメラが付属しています。アダプティブクルーズコントロール、衛星ナビゲーション、ヒーター付きフロントシートとステアリングホイール

Elite Nav Premiumモデルは、SRi Nav Premiumと同じ大型ディスプレイに加えて、フロントパーキングセンサーを備えている。

フラッグシップのUltimateNavモデルは、キーレスエントリー&スタート、ワイヤレス携帯電話充電、18インチアルミホイール、大型ディスプレイを標準装備しており、LEDマトリックスヘッドライトに対応。

Launch Edition(限定仕様)モデルについては、高度なパークアシストを備えたPark&Goパックと、フルレザーのインテリアが付属。

2021年 後半 オペル ブランド 日本市場での販売を再開

オペル

https://newsroom.groupepsajapan.jp/

https://www.opel.at/fahrzeuge/mokka-modelle/mokka/uebersicht.html

https://www.opel.jp/cars/upcoming-models/mokka.html

クラウドタグ

  • この記事を書いた人

最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

-オペル
-,