スズキ

スズキ 新型 スイフト フルモデルチェンジ 2022年1月発売

suzuki swift

スズキは「スイフト」のフルモデルチェンジを行い2022年1月頃発売する。「スイフト スポーツ」には新しいハイブリッド(48Vハイブリッドシステム)を搭載する。

新型 スイフト フルモデルチェンジ について

エクステリアはキープコンセプトであるが、さらに洗練されたデザインを採用する。インテリアは現在多くの車種で採用されているようなオーディオディスプレイやナビメインのインパネを採用する。プラットフォームは4代目の現行同様に軽量化と高剛性を両立させる新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用。エンジンは「スイフト」には4代目の現行同様に「直列4気筒 1.2L デュアルジェット自然吸気直噴エンジン+モーター」マイルドハイブリッドを搭載。

安全装備には新型「デュアルセンサーブレーキサポート」が採用される。「後方誤発進抑制機能」「リヤパーキングセンサー」「車線逸脱抑制機能」「標識認識機能 ロードサインアシスト(RSA)」更に「ブラインドスポットモニター(BSM)」を搭載する。全車速での追従機能を備えた「アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付)」を標準装備。フロントガラスに設置した単眼カメラとレーザーレーダーの2種類のセンサーで前方を検知するシステムを採用。 経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーS ワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当に該当する。

新型スイフト デュアルセンサーブレーキサポートについて

単眼カメラ+レーザーレーダーの強みを活かして危険を回避する。

機能システム 現在デュアルセンサー
ブレーキサポート
新型デュアルセンサー
ブレーキサポート
方式 レーザーレーダー
+カメラ
前方衝突軽減
ブレーキアシスト 

(80km/h以下・
対歩行者 60km/h以下)

(80km/h以下・
対歩行者 60km/h以下)
衝突回避前方
衝突警報機能 


(100km/h以下・
対歩行者 60km/h以下)


(100km/h以下・
対歩行者 60km/h以下)
自動ブレーキ 
被害軽減

(100km/h以下・
対歩行者 60km/h以下)

(100km/h以下・
対歩行者 60km/h以下)
誤発進抑制機能
前方
誤発進抑制機能
後方
車線逸脱警報
車線逸脱抑制機能
先行者発進お知らせ
アクティブ
クルーズコントロール
ブラインド
スポットモニター
後退時
ブレーキサポート
ハイビームアシスト
ふらつき警報機能
標識認識機能
全方位モニター
用カメラ

前方衝突警報機能約5km/hから約100km/hで走行中、ステレオカメラが前方の車両や歩行者を検知。衝突の可能性があると判断した場合、ブザー音とメーター内の表示によって警報を発する機能。

前方衝突警報ブレーキ機能 衝突の可能性が高まると、警報に加え自動的に弱いブレーキを作動させ、運転者に衝突回避を促す機能。

前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能 衝突の可能性が高いと判断したあと、運転者が強くブレーキを踏むと、 ブレーキアシストが作動しブレーキ制動力を高める機能。

自動ブレーキ機能 衝突が避けられないと判断した場合に、自動で強いブレーキが作動し、衝突の回避、または衝突被害を軽減する機能。

誤発進抑制機能 ペダルやシフトの操作ミスによる衝突の回避に貢献、前方約4m以内の障害物をステレオカメラで検知。停車、または約10km/h以下の徐行中、障害物があるにもかかわらずアクセルを大きく踏み込んだ場合に、エンジン出力を自動で抑えて急発進、急加速を抑制する機能。

車線逸脱警報機能 車線を外れそうになるとブザー音とメーター内の表示灯で警報約60km/hから約100km/hで走行中、ステレオカメラが車線の左右区画線を認識。車線を逸脱すると判断した場合、ブザー音とメーター内の表示灯によって運転者に注意を促す機能。

ふらつき警報機能 車両が蛇行するとブザー音とメーター内の表示灯で警報、約60km/hから約100km/hで走行中、ステレオカメラが車線内での車両の蛇行パターンから、ふらつきと判断した場合、ブザー音とメーター内の表示灯によって運転者に注意を促す機能。

先行車発進お知らせ機能 先行車の発進をブザー音とメーター内の表示でお知らせ停車時、先行車が発進して約4m以上離れても、自車が停止し続けた場合、ブザー音とメーター内の表示で運転者に先行車が発進したことをお知らせする機能。

ブラインドスポットモニター (BSM) 隣の車線を走る車両をレーダーで検知。車両が死角エリアに入ると、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターを点灯させます。その際、サイドターンランプを点滅させるとLEDインジケーターも点滅し、ドライバーに注意を喚起。

ロードサインアシスト(RSA) 前方のカメラで認識した道路標識を、マルチインフォメーションディスプレイに表示するシステム。

アダプティブクルーズコントロール(ACC) ステアリングのACCスイッチを押せば先行車との距離をミリ波レーダーで測定し、車間距離を保ちながら自動的に加速・減速します。車間距離は3段階(短・中・長)で設定が可能。先行車がいない場合はあらかじめ設定した速度(約0km/h~約100km/h)をキープ。

スズキ SUZUKI Safety Support 搭載車まとめ

suzuki-safety-support
スズキ SUZUKI Safety Support 搭載車まとめスズキの予防安全技術「SUZUKI Safety Support」を搭載した車を現在は数多く販売しているが、スズキはステレオカメラ方式の...

新型スイフト 予想 スペックについて

4代目同様に「直列4気筒 1.2L デュアルジェット自然吸気直噴エンジン+モーター」マイルドハイブリッドを搭載。

スペック スイフト
全長 3,860mm
全幅 1,695mm
全高 1,510〜1,525mm
ホイールベース 2,460mm
エンジン 直列4気筒 1.2L デュアルジェット
自然吸気直噴エンジン+モーター
S-エネチャージ
(マイルドハイブリッド「SHVS」)
最高出力 91ps/6,000rpm
最大トルク 12.0kgm/4,400rpm
モーター最高出力 3.1ps/1,000rpm
モーター最大トルク 5.1kgm/100rpm
トランスミッション 6AT

ハイブリッド(48Vハイブリッドシステム)

「エクスード」「S-Cross」「スイフトスポーツ」のヨーロッパモデルでは2020年3月に発売。搭載した新型ハイブリッドシステムを日本モデルの「スイフトスポーツ」に採用。このハイブリッド(マイルドハイブリッド)は、WLTPコンバインドサイクルで最大20%のCO2排出削減、トルクの増加、15%の燃費向上を実現。改良版、新K14D Boosterjetエンジン 1.4L 直列4気筒直噴ターボを搭載。新しく開発されたパワートレインは、設計上非常に軽量で、15kg未満の重量アップ。48ボルトのリチウムイオンバッテリー、スタータージェネレーター(ISG)、および48V-12Vコンバーターで構成されている。

ISGはベルト駆動、ローダウンからの追加トルクでガソリンエンジンを支援し、2,000 rpmから173 lb-ft(235 Nm)を提供。バッテリーとコンバーターユニットは、重量配分を改善するためにフロントシートの下に配置。48V自己充電ハイブリッドシステムは、10 mph(16 km / h)未満の都市速度でEVのみで走行、燃料消費をさらに改善する。

スズキ 新型 エスクード ハイブリッドモデル追加 ヨーロッパ2020年3月発売

エスクード
スズキ 新型 エスクード ハイブリッドモデル追加 ヨーロッパ2020年3月発売スズキは新型「エスクード」の一部改良を行い新たにハイブリッド(マイルドハイブリッド)を搭載したモデルをヨーロッパでは2020年3月に発売...

スズキ スイフト

https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

ABOUT ME
最新自動車情報
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。