MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

16代目 新型「クラウン」クロスオーバーのライバルは欧州車たちだ!

トヨタは「クラウン」のフルモデルチェンジを行い16代目を2022年9月1日に発売する。新たな挑戦としてSUVクーペスタイルとなる。グローバルモデルとして新たに「新世代クラウンシリーズ」「クロスオーバー」「スポーツ」「セダン」「エステート」として展開。この「クラウン(クロスオーバー)」のライバルは日本車ではなく欧州車であるという内容をお伝えします。

目次

新型「クラウン」クロスオーバー のライバルは欧州車だ!

16代目となる今回は15代目を引き継ぐ形でエクステリアは今までの王道セダンではなく、クロスオーバーSUVスタイルでリアをクーペ化したの様な新しいデザインを採用。

16代目 新型「クラウン(クロスオーバー)」

この様なデザインは今までの日本車では類似する車種がない。外車に目を向けてみると欧州車に多く同様のデザイン、ライバル車種がいくつか考えられたので比較をしながらまとめてみました。

新たなフラグシップとなるモデル シトロエン 新型「C5 X」

シトロエンは、新たなフラグシップとなる新型モデル「C5 X」を2021年4月12日(現地時間)発表した。サルーン、エステート、SUVのブレンドし組み合わせた、SUVの魅力的な要素を加えてサルーンとステーションワゴンを融合させたファストバック型のボディスタイルを採用。シトロエンの最新のV字型LEDライトが採用されています。「C5 X」のボディサイズはDセグメントの全長4,805mm、全幅1,865mm、高さ1,485mm、ホイールベースは2,785mm。19インチトール&ナロータイヤを装着した720mmの大径ホイール(ほとんどのバージョンに適用)。

新型「C5 X」

新型クラウンと新型C5 X ボディサイズ比較

新型「クラウン」と新型「C5 X」のボディサイズを比較すると「C5 X」が全長が-125mm短く、全高が-25mm低くなっている。しかし全体の差をみれば2台のサイズはほぼ同様と言っていいだろう。

スペック16代目
新型クラウン
新型C5 X
全長4,930mm4,805mm-125mm
全幅1,840mm1,865mm+25mm
全高1,540mm1,485mm-55mm
ホイールベース2,850mm2,785mm-65mm
あわせて読みたい
シトロエン 新型「C5 X」新たなフラグシップとなるモデル 2021年4月12日発表 シトロエンは、新たなフラグシップとなる新型モデル「C5 X」を2021年4月12日(現地時間)発表した。2021年後半にヨーロッパで発売。 【新型「C5 X」について】 サルーン...

新たな4ドアファストバックモデル プジョー 新型「408」

新たな4ドアファストバックモデル「408」は、その名前が示すように、サイズが「308(ハッチバック)」と「508(セダン)」の間にあたる。EMPプラットフォームを採用している。ボディサイズは全長4,687mm、全幅1,848mm、全高1,478mm、ホイールベース2,787mmとなる。4ドアと同じ基本レイアウト、スポーティなリフトバックリア、従来のセダンと比べて地上高が高くなっている。大胆な顔、後部ドアの異なる窓のデザイン、四角い後部のスタイリングとより断定的なラインによって特徴づけられるボディパネルを持っている。バンパー、ホイールアーチ、ドアの下の黒いクラッディングは、少し姿勢を作り出そうとします。超スリムなLEDヘッドライトは、その不機嫌そうな外観をフロントエンドのデザイン。

新型「408」

新型クラウンと新型408 ボディサイズ比較

新型「クラウン」と新型「408」のボディサイズを比較すると「408」が全長が-243mm短く、全高が-62mm低くなっている。しかし全体の差をみれば2台のサイズはあまり差がないと言っていいだろう。

スペック16代目
新型クラウン
新型408
全長4,930mm4,687mm-243mm
全幅1,840mm1,848mm+8mm
全高1,540mm1,478mm-62mm
ホイールベース2,850mm2,787mm-63mm
あわせて読みたい
プジョー 新型 408 クーペクロスオーバー SUV 2022年6月21日発表 プジョーは新型クーペクロスオーバーSUV「408」を2022年6月21日(現地時間)発表した。クーペクロスオーバーSUVということで日本でも新型「クラウン」とライバルとなる...

プレミアム・ミドル・クラスSAC BMW 新型「X4」

より精悍なフロント・デザイン、リア・デザインに進化。フロントにおいては、BMW 特有のキドニー・グリルを新型とし左右一体構造にし、よりパワフルな印象とし、空力特性に優れたフロント・バンパーの採用、最新のヘッドライト・デザインを取り入れ、リアにおいては、新規にデザインしたリア・バンパーを採用。BMW X4 は、一般的に武骨なイメージであるSUV に、エレガントなクーペ・スタイルを取り入れた都会派モデル。

新型「X4」

新型クラウンと新型X4 ボディサイズ比較

新型「クラウン」と新型「X4」のボディサイズを比較すると「X4」が全長が-166mm短く、全高が+81mm高くなっている。しかし全体の差をみれば2台のサイズはあまり差がないと言っていいだろう。

スペック16代目
新型クラウン
新型X4
全長4,930mm4,764mm-166mm
全幅1,840mm1,922mm+82mm
全高1,540mm1,621mm+81mm
ホイールベース2,850mm2,864mm+14mm
あわせて読みたい
BMW 新型 X4 日本初認可のハンズ・オフ機能 最新安全機能・運転支援システムを搭載 2021年10月28日発売 BMWはプレミアム・ミドル・クラスSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)「X4」の新型モデルを2021年10月28日に発表し発売を開始した。納車は2022年春以降を予定して...

新型「クラウン」クロスオーバー について まとめ

色々な車種とサイズを比べてみたが一番驚いたのが欧州車たちよりも「クラウン」の方が全長が長い点である。やはりセダン的な要素を意識しているので全長が長くなると考えられる。日本ではまだなじみのないクーペSUVは欧州では数多く販売されており、プレミアムな位置付けが強いが、他社と比べると435万円~640万円は安い、「SUVクーペスタイル」とすることで高級な印象とデザインの印象を変えることで40代、30代の人に乗ってもらいたいという意欲を感じる。グローバル展開する「クラウン」をトヨタブランドとして残して行く意思と挑戦する気持ちを感じた。

あわせて読みたい
発表したばかりの新型「クラウン」実車を見てきた 早速レビュー 内外装は素晴らしい トヨタは「クラウン」のフルモデルチェンジを行い16代目を2022年7月15日に発表、2022年9月1日に発売するが、2022年7月16日~18日までの間「六本木ヒルズ ノースタワー前...
あわせて読みたい
え?驚かされた 4車種すべて 新型「クラウン」 型破りな16代目 「クロスオーバー」「スポーツ」「セダン... トヨタは「クラウン」のフルモデルチェンジを行い、新たに「新世代クラウンシリーズ」「クロスオーバー」「スポーツ」「セダン」「エステート」として展開する。型破り...
あわせて読みたい
トヨタ 16代目 新型 クラウン フルモデルチェンジ クロスオーバーSUV クーペ スタイル 2022年9月1日発売 トヨタは「クラウン」のフルモデルチェンジを行い16代目を2022年7月15日に発表、2022年9月1日発売する。旧型モデルは2018年6月26日発売を開始しており丸4年でのフルモデ...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次