MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

マツダ 新型 MAZDA2 フルモデルチェンジ ロータリーエンジン採用か 2025年10月発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
MAZDA2

マツダは、「MAZDA2」のフルモデルチェンジを行い、2025年10月に新型を発売する予定です。現行モデルである「デミオ(4代目)/ MAZDA2」は2014年7月17日に発表され、同年9月26日に発売されました。既に約10年が経ち、11年目に入るということで、待望のフルモデルチェンジとなります。予想CGも届いていますが、一体どんなモデルになるのは徹底解説します。

目次

新型 MAZDA2 フルモデルチェンジについて

新型では、エクステリアはキープコンセプトを踏襲しつつ、フロントとリアのデザインを変更します。デザインテーマとしては、「魂動(こどう)」を全面的に採用し、シャープで力強い印象を与える顔つきになります。特に、ヘッドライトの形状が以前のモデルと比べて切れ長なデザインに変更されます。さらに、マツダ独自のGVC(Gベクタリングコントロール)や、新しい世代の車両構造技術である「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を採用することで、全方位で洗練されたダイナミックな性能を実現します。ボディの環状構造を強化して剛性を飛躍的に向上することになります。

mazda-3
mazda 3 SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE


新型のインテリアでは、メーターパネルを液晶化し、最新の「NEW MAZDA CONNECT(ニューマツダコネクト)」を採用します。このシステムには、TFT 8.8インチのインフォテインメントシステムが搭載され、さらに「Android Auto」と「Apple CarPlay」にも対応します。これにより、より使いやすく、快適な車内空間が提供されます。

mazda3

新型では、エンジンには「SKYACTIV-G 1.5+M-Hybrid」「SKYACTIV-D 1.5」、そして「EVモデル(RE レンジエクステンダー)」をラインナップすると予想されています。

また、先進安全技術である次世代の「i-ACTIVSENSE」は全車に標準搭載されます。これにより、高い安全性と燃費効率を兼ね備えたモデルが提供されます。

新型 MAZDA2 予想スペック について

ボディサイズは5ナンバーサイズを維持し、全長とホイールベースを30mm伸ばすことで現行よりも室内空間を確保します。

スペックMAZDA2MAZDA2
モデル15XD
全長4,095mm4,095mm
全幅1,695mm1,695mm
全高1,525mm1,525mm
ホイール
ベース
2,600mm2,570mm
エンジンSKYACTIV-G 1.5
1.5L 直4気筒DOHC
エンジン
SKYACTIV-D
1.5L 直4気筒DOHC 
ディーゼルエンジン
最高出力81kW(110ps)/
6,000rpm
77kW(105ps)/
4,000rpm
最大トルク141Nm(14.4kgm)/
4,000rpm
250Nm(25.5kgm)/
1,500~2,500rpm
モーター
最高出力
4.8kW(6.5PS)/
1,000rpm
モーター
最大トルク
61Nm(6.2kgfm)/
100rpm
乗車定員5名
トランス
ミッション
6AT/6MT6AT/6MT
駆動方式2WD
4WD
2WD
4WD
WLTCモード
燃費
19.0km/L
17.2km/L
21.6km/L
19.2km/L

EVモデルは「e-SKYACTIV R-EV」マツダ ロータリー(RE) レンジエクステンダー

MX-30 Rotary-EVに搭載されるe-SKYACTIV R-EVを採用する可能性があります。「マツダ RE レンジエクステンダー」(Range Extender:航続距離延長装置)レンジエクステンダーとは、電気自動車(EV)に発電専用のエンジンを搭載することにより、航続距離を延ばすための装置。ハイブリッドカーがエンジンとモーターを使い分けながら走行するのに対して、レンジエクステンダーEVで車両の駆動に用いるのはモーターのみ。エンジンはあくまでもバッテリーを充電するためのみに使われる。EVでは航続距離が最大のネックといわれていますが、これを補完する技術として注目を集めている。搭載するバッテリーの容量をある程度まで抑えられるため車内スペースが確保できたり、バッテリーにかかるコストを抑えられるというメリットもある。

フロントにモーターを置き、前輪駆動する。中央にリチウムイオンバッテリー置き。後ろには排気量330ccのシングルロータリーエンジンを発電機として搭載したものになる。

スペックMAZDA2
モデルRotary-EV
全長4,065mm
全幅1,795mm
全高1,570mm
ホイールベース2,655mm
エンジン水冷1ローター
エンジン最高出力72ps(53kW)/4,500rpm
エンジン最大トルク112Nm/4,500rpm
モーター最高出力170ps(125kW)
モーター最大トルク260Nm
バッテリーリチウムイオン17.5 kWh
駆動方式2WD
WLTCモード
燃費
約15.4km/L以上
WLTC EV
航続距離
約107km以上
あわせて読みたい
ハイブリッドシステム 種類 各社採用 まとめ 仕組みは色々ある 採用車種まとめ 現代では各社ハイブリットモデルを数多くラインナップしているが、一言で「ハイブリッド」と言っても実は色々な仕組みが存在している。そこでどの様な違いがあるのか詳...

新型 MAZDA2 次世代の先進安全技術「i-ACTIVSENSE」

新型では、「i-ACTIVSENSE」技術が標準装備されます。さらに、アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)に夜間歩行者検知機能が追加されます。また、TJA(交通渋滞アシスト)、FCTA(フロント・クロス・トラフィック・アラート)、DM(ドライバーモニタリング)、TSR(交通標識認識システム)など、最新の機能が採用されます。これにより、より安全で快適なドライブが実現されます。

  • ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)
  • 交通標識認識システム(TSR)
  • フロント・クロス・トラフィック・アラート(FCTA)
  • リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)
  • スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)(AT車のみ)
  • リアパーキングセンサー(センター/コーナー)
  • アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)夜間歩行者検知機能あり
  • AT誤発進抑制制御[前進時](AT車のみ)
  • 先進ライト
  • ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)
  • アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)車線逸脱警報システム(LDWS)
  • 交通渋滞アシスト(TJA)
  • レーンキープアシスト(LAS)
  • ドライバーモニタリング(DM)

マツダ i-ACTIVSENSE 搭載車まとめ

あわせて読みたい
マツダ i-ACTIVSENSE 搭載車まとめ マツダは2017年度中に国内で販売するロードスターを除いた主要5車種に「i-ACTIVSENSE」技術を標準装備することを公表。SCBS、SBS等の先進安全技術をまとめて「i-ACTIVSE...

デミオ(4代目)/ MAZDA2について

旧型モデルである「デミオ(4代目)/ MAZDA2」は2014年7月17日に発表され、同年9月26日に発売されました。このモデルでは、エクステリアにはデザインテーマ「魂動 - Soul of Motion」が採用され、全長が160mm延長されて4,060mm、ホイールベースが80mm延長されて2,570mmとそれぞれ拡大されました。一方で、全幅は1,695mmで5ナンバーサイズを維持しています。

型式発売日内容
初代 DW系1996年8月27日初代モデルを発売
1998年9月8日一部改良
内外装をリフレッシュ、装備を充実。サスペンションの改良により、乗り心地も向上。
2000年9月12日一部改良
2002年7月生産終了
2代目 DY系2002年8月7日フルモデルチェンジ
17年ぶりにフォードと共同開発した新世代小型車用プラットフォームである、マツダ・DYプラットフォームを使用。
2003年3月27日  一部改良
2004年4月23日 一部改良
2005年4月13日マイナーチェンジ
2007年6月生産終了
3代目 DE系2007年7月5日フルモデルチェンジ
2008年7月14日 一部改良
2011年6月9日 マイナーチェンジ
マツダの次世代技術SKYACTIV TECHNOLOGYが初めて市場に投入。
2012年4月3日 一部改良
2013年7月11日 一部改良
2013年12月12日 一部改良
2014年8月生産終了
4代目 DJ系2014年9月11日フルモデルチェンジ
2015年4月23日特別仕様車「Mid Century(ミッド・センチュリー)」・「Urban Stylish Mode(アーバン・スタイリッシュ・モード)」を発売。
2015年12月24日商品改良。同時に特別仕様車「BLACK LEATHER LIMITED」を設定。
2016年10月14日商品改良
同時に特別仕様車「Tailored Brown」を設定、2016年11月17日発売。
2017年4月20日商品改良。同日発売。
2017年11月9日商品改良。同時に特別仕様車「Noble Crimson(ノーブル クリムゾン)」を設定。2018年8月30日商品改良。同時に特別仕様車「Mist Maroon(ミスト・マルーン)」を発売。
2019年7月18日マイナーチェンジすると共に、日本国内向け名称の「デミオ」から日本国外向けと同じ「MAZDA2」に変更する。
2020年4月23日特別仕様車 White Comfort
2020年5月28日特別仕様車 SMART EDITION追加
2021年6月24日一部商品改良
特別仕様車「Sunlit Citrus(サンリット シトラス)」
2023年1月27日大幅商品改良
エクステリアデザインを変更しイメージを変更

編集部から一言

現行モデルは既に約10年の長いサイクルを経ています。マツダのコンパクトカーラインナップで唯一の存在であるMAZDA2は、今回のフルモデルチェンジにおいて、多くの新進的な仕様を採用することで、先代モデルから大幅な仕様向上が期待されます。さらに、電動化の進展も予想されており、今後のMAZDA2にはますます期待が高まります。

今後、新しい情報が入り次第お伝え致します。

マツダニュースリリース

https://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2018/201810/181002a.html

マツダ

https://www.mazda.co.jp/

MAZDA2

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

下のバナーをクリックしていただくと、当サイトにポイントが入り、ランキングがアップします。
(1日1クリックまで)

1位を目指しています!応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
自動車ランキング
自動車ランキング
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
ゲームバナー
ゲームバナー
目次