フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲン 新型 ティグアン オールスペース マイナーチェンジ 2021年5月12日発表

フォルクスワーゲンは新型「ティグアン オールスペース」のマイナーチェンジを行い2021年5月12日(現地時間) 発表した。

新型 ティグアン オールスペース マイナーチェンジ

新しいエクステリアデザイン、新しいインテリアデザイン、新しいテクノロジー、新しい色などを採用。マトリックスLED技術を備えたIQ.Lightsを選択可能。このユニットには、ヘッドライトモジュールごとに24個のLEDが含まれており、道路のさまざまな部分に光を投射でき、信号を送るときに、ライトの署名が左右に移動する。独自のモダンなデザインの新しいテールライト。新しい4Motionバッジもあり、「Tiguan」バッジはフォルクスワーゲンのエンブレムの下に移動。フォルクスワーゲンはまた、R-Lineトリムを改良して、よりアグレッシブに見えるようにし、ピアノブラックのインサートとクロームのアクセントを備えた改良されたバンパーデザインを提供する。ドイツでは、Life、Elegance、R-Lineの新しい仕様パッケージで利用。

Volkswagen Tiguan allspace

全長は現行モデルより4,723mmと22mm長くなり旧モデルと同じように5人乗りの構成で、760〜1,920リットルのラゲッジスペースと最大3列を用意、7人乗りは700〜1,755リットルとなる。ヨーロッパでは3行目がオプションになりますが、アメリカではその逆になる。新しいインフォテインメントシステム(新世代MIB3)8インチのインストルメントスクリーンは、従来のダイヤルで使用できた発信モデルとは異なり、すべてのトリムレベルで標準になりました。もう少し構成可能性とスペースが必要な場合は、10.25インチのインストルメントスクリーンで最高のトリムモデルを使用できます。AppleCarPlay™およびAndroidAuto™用のApp-ConnectWirelessを介してアプリをワイヤレスで統合できる。フォルクスワーゲンがハーマンカードンと共同で開発したオプションのプレミアムサウンドシステムは、魅力的な音響体験を保証します。サブウーファー、デジタル16チャンネルアンプ、8プラス1の高性能スピーカー、および合計480ワットの出力を備えたアンプは、非常にクリアな高音と深みのある豊かな低音を提供します。サラウンドモードと非常にシャープな音声再生の4つのサウンドシナリオにより、すべての座席でハイエンドサウンドが保証。

2.0L 直列4気筒ターボチャージャー付きエンジンで、184hpと221lb-ftのトルクを発生します。それは8速オートマチックトランスミッションに接続されています。選択したものに応じて、前輪のみまたは4輪すべてに動力を送ることができます。全輪駆動はすべてのトリムで利用可能です。ヨーロッパモデルでは2.0リッターディーゼルエンジンも利用可能です。お支払い金額に応じて、110 kW(147 hp)または147 kW(197 hp)のいずれかになる。

フォルクスワーゲン 新型 ティグアン オールスペース 3列シート7人乗りフルモデルチェンジ 2017年8月から世界各国発売開始

フォルクスワーゲン 新型 ティグアン オールスペース 3列シート7人乗りフルモデルチェンジ 2017年8月から世界各国発売開始

フォルクスワーゲン ニュースリリース

https://www.volkswagen-newsroom.com/en/press-releases/the-new-tiguan-allspace-new-control-and-assist-systems-for-the-bestseller-7146

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-フォルクスワーゲン

© 2021 最新自動車情報