フォルクスワーゲン 新型 ティグアン マイナーチェンジ 日本モデル2021年5月12日発売

当ページのリンクには広告が含まれています。

フォルクスワーゲンは「ティグアン」のマイナーチェンジを行い日本では2020年5月12日に発売した。

目次

新型 ティグアン マイナーチェンジについて

マイナーチェンジによりエクステリアデザインを変更、新しいLEDヘッドライトを採用しデイライトを採用、グリルとフロントバンパーを一新。ハイパフォーマンスモデル「ティグアンR」を設定。インテリアではワイヤレスAndroid AutoとApple CarPlayのサポートする最新のモジュラーインフォテインメントマトリックス(MIB3)システムを採用。フォルクスワーゲンの新しいエンブレムも採用。3つのグレード構成とし「Active」「Elegance」「R-Line」をラインナップする。日本導入を記念して、特別仕様車「TSI First Edition」を導入。さらにSUV 初のハイパフォーマンスモデル「Tiguan R」を追加設定。全長は先代と比べて 15mm 伸び、4,515mm。全幅 1,840mm、全高 1,675mm、ホイールベース 2,675mm と先代と変わらず、SUV らしいスクエアなボディスタイルから想像されるとおりの広い室内空間を実現。同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”を全車標準装備。

新型 ティグアン マイナーチェンジ 日本仕様エンジンについて

従来の1.4 TSIエンジンから、新たに1.5 TSIエンジンを採用。アクティブシリンダーマネージメント(気筒休止機能)が搭載されており、走行シーンに応じて瞬時に4気筒から2気筒へ切り替え、燃料消費量を抑制します。高性能モデルの「Tiguan R」には、2.0TSIエンジンを採用。235kW(320PS)のパワーを発生するこのエンジンは、わずか2,100rpmの低回転域から420N mの強大なトルクを発生し、0 – 100 k m加速は4.9秒を記録。(欧州参考値)。全車7速DSGを採用、「Tiguan R」のトランスミッションにはより高トルクに対応できるように設計された7速DSGが設定。

フォルクスワーゲンの SUV 初のハイパフォーマンスモデル

新型「ティグアン」には、高性能スポーツモデルとして「R」が初設定。フロントおよびリヤバンパー、大径アルミホイールなど数々の専用アイテムを装備、エンジンもスポーツ仕様の 2.0TSI エンジンを採用。さらにモータースポーツの世界からフィードバックされて新たに開発された、“R パフォーマンストルクベクタリング”というトルクスプリッター付き四輪駆動システムをフォルクスワーゲンのモデルで初採用。この駆動システムは、前輪と後輪の間だけでなく、後輪の左右のホイール間の駆動力も配分することができ、特にコーナリング時において、高い敏捷性を得ることができる。またハンドリングもプログレッシブステアリングを採用したことで、取り回しや駐車時に必要な力が大幅に軽減。その他、ドライブモード内にある、「Tiguan R」用に特別に開発された「RACE」モードでは、エンジンサウンドが高まり、トランスミッションやダンパー調整などをよりスポーティな設定に変更することが可能。

導入記念特別仕様車「TSI First Edition」

日本導入を記念して、特別仕様車「TSI First Edition」を導入。TSI First Edition は TSI Elegance をベースとし、ノワゼット/チタンブラックの 2 トーンカラーの専用レザーシートとウッドパネルを採用。TSI R-Line 同様のブラックルーフライニングを採用し、落ち着いたシックな内装とした他、19 インチのアルミホイールとアダプティブコントロール“DCC”を標準装備した他、TSI Elegance と共通の 5 色に加え専用色となるジンジャーブラウンメタリックも設定。

新型 ティグアン マイナーチェンジ  グレード日本仕様について

モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格(10%)
TSI Active 1.5L  直列4気筒
ターボ
7DSG 2WD 4,079,000円
TSI Elegance 4,839,000円
TSI First Edition
(特別仕様車)
5,249,000円
TSI R-Line 5,039,000円
R 2.0L  直列4気筒
ターボ
4WD 6,849,000円

フォルクスワーゲン 新型 ティグアン マイナーチェンジ 2020年後半発売

あわせて読みたい
フォルクスワーゲン 新型 ティグアン マイナーチェンジ 2020年後半発売 フォルクスワーゲンは「ティグアン」のマイナーチェンジを行い2020年後半に発売する。ヨーロッパ向けプラグインハイブリッドモデルや パフォーマンスモデル「ティグアン...

フォルクスワーゲン 新型 ティグアンR マイナーチェンジ モデルに追加 2020年6月30日発表

あわせて読みたい
フォルクスワーゲン 新型 ティグアンR マイナーチェンジ モデルに追加 2020年6月30日発表 フォルクスワーゲンはティグアンのマイナーチェンジを行いハイパフォーマンスモデル「ティグアンR」 追加し2020年6月30日(現地時間)発表した。 【新型 ティグアン Rに...
あわせて読みたい
フォルクスワーゲン 新型 ティグアン マイナーチェンジ 英国で 2020年10月販売開始 フォルクスワーゲンは「ティグアン」のマイナーチェンジを行い英国で 2020年10月販売開始した。日本でも2020年後半に発売する。 【新型 ティグアン マイナーチェンジに...

ディグアンについて

2015年9月15日から始まるフランクフルトモーターショー2015で初披露した。ディグアンはフォルクスワーゲンのSUVで新型で2代目となる。フォルクスワーゲンはティグアンをフルモデルチェンジを行い2017年1月17日に日本発売開始。日本では8年ぶりにフルモデルチェンジとなる。”Volkswagen Car-Net”全車標準装備。価格:360万円~463万2000円

小型クロスオーバーSUVで、ゴルフをベースに開発された。前型から全長を70mm、全幅を30mm、ホイールベースを70mm拡大した、それでいながら全高は35mm低いリアニースペースを29mm広くとりながら、(TSI R-ラインの全幅は1860mm)ラゲッジスペースも145L大きい615Lに拡大。さらに6:4の分割可倒式のリヤシートを全て倒すことで、最大1,655Lまで拡大。全長:4,500mm、全幅:1,840mm、全高:1,675mm、ホイールベース:2,682mm。拡大されていながらも新型プラットフォームを採用し、車重を50kg軽量化。

海外モデルのグレード

ガソリンエンジン「TSI」4種類のエンジン最高出力:125ps、150ps、180ps、220ps。ディーゼルエンジン「TDI」4種類のディーゼルエンジン最高出力:115ps、150ps、190ps、240ps 2WD(FF) もしくは4WD「4MOTION」。追加を予定する直列4気筒DOHC 1.4Lターボエンジン TSI 6速DCT(DSG) 2WD(FF) 3,600,000円 TSIハイライン 4,332,000円 TSIR-Line 4,632,000円。計3グレードのみ。

全グレード共通エンジン

スペック新型ティグアン
エンジン直列4気筒DOHC 1.4L
ターボエンジン TSI
最高出力110kW(150PS)/
5,000~6,000rpm
最大トルク250Nm(25.5kgm)/
1,500~3,500rpm
トランス
ミッション
6速DCT(DSG)
駆動方式2WD(FF)
JC08モード燃費16.3km/L
価格3,600,000円〜
4,632,000円

アプローチアングルを18.6°から25.6°にアップするオフロードフロントエンドを選択可能になっている。ホイールは19インチ か 20インチ アルミホイールを選択可能。「R-line」も用意(シルバーの車体)専用装備はバンパー、ツートーンルーフスポイラー、スポーツシート、ステアリングホイール、インテリアアクセント。

新型ディグアンのボディカラー 計6色ついて

ナッツシェルブラウンメタリック 新色

カリビアンブルーメタリック

ピュアホワイト

ディープブラックパールエフェクト

タングステンシルバーメタリック

オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト(有償オプション)

Volkswagen Car-Net

純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”(Highline 以上:標準装備)や“Composition Media”(Comfortline:標準装備)を通じて、Volkswagen のモバイルオンラインサービス、“Volkswagen Car-Net”をご利用いただけます。Highline 以上では、インターネット接続によりナビゲーション検索性能、案内精度、快適性を大幅に高めるテレマティクス機能“Guide & Inform”を標準装備しています。また、全車に標準する 3 つの通信プロトコルに対応した“App-Connect”を利用すれば、お客様の端末機種(iOS でも Android でも)に関わらず、USB 接続するだけで、スマートフォン内のアプリをお楽しみ頂けます。

予防安全 衝突安全 二次被害防止 主要装備

予防安全

アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付)

レーンキープアシストシステム“Lane Assist” 

渋滞時追従支援システム“Traffic Assist”

レーンチェンジアシストシステム”Side Assist Plus”スタティックコーナリングライト

ダイナミックコーナリングライト 

ダイナミックライトアシスト 

リヤビューカメラ“Rear Assist” /アラウンドビューカメラ“Area View”

駐車支援システム“Park Assist”

ドライバー疲労検知システム“Fatigue Detection System”

パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ、後退時衝突軽減ブレーキ機能付)

オプティカルパーキングシステム

リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)

プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)

プロアクティブ・オキュパント・プロテクション

衝突安全

フロントエアバッグ(運転席/助手席)

ニーエアバッグ(運転席)

サイドエアバッグ(前席/後席)

カーテンエアバッグ

 i-Size 基準適合チャイルドシート固定装置(後席左右)

二次被害防止

アクティブボンネット

ポストコリジョンブレーキシステム

あわせて読みたい
フォルクスワーゲン 新型 ティグアン フルモデルチェンジ 2017年1月17日に日本発売開始 フォルクスワーゲンはティグアンをフルモデルチェンジを行い2017年1月17日に日本発売開始。日本では8年ぶりにフルモデルチェンジとなる。”Volkswagen Car-Net”全車標準...

フォルクスワーゲンニュースリリース

https://www.volkswagen.co.jp/ja/volkswagen/news.html

フォルクスワーゲン

https://www.volkswagen.co.jp/ja.html

フォルクスワーゲン ティグアン

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/tiguan.html

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次