フォルクスワーゲン 新型 ティグアン フルモデルチェンジ 3代目 2024年モデル 2023年発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

フォルクスワーゲンは「ティグアン」のフルモデルチェンジを行い2024年モデルとして2023年発売する。2023年現在、開発を進めテスト走行も始まっており、スパイショットも撮影されている。

目次

フォルクスワーゲン 新型 ティグアン フルモデルチェンジ について

フォルクスワーゲンは2007年に初めて登場し、現在ではブランドで最も成功した車両となった。2023年に全く新しい第3 世代の新型「ティグアン」を発表する。

フォルクスワーゲン 新型 ティグアン フルモデルチェンジ エクステリア について

現在の車の角ばったボディワークと際立った水平線を捨てて、よりソフトで曲線的な外観になることを示している。ゴルフ Mk8 に似たエクステリアとなる。フロントとリアのフェンダーが張り出しているため、SUVがより大きく、より豪華に見える。標準の5人乗りティグアンのホイールベースは、現在の車の2,681mmよりわずかに長くなり、少し余分な室内スペースが広くなる。

フォルクスワーゲン 新型 ティグアン フルモデルチェンジ インテリア について

インテリアは「イノビジョンコックピット(Innovision Cockpit)」が搭載。センター15インチタッチスクリーン、マルチファンクション ステアリングホイール、およびセンターコンソールのボリューム コントロールなどのアナログ要素を介して操作。特に車線の正確なナビゲーションと高解像度のHDマップデータを提供。ボイスコントロールもさらに進化。スマートフォンと「App Connect」(Apple CarPlay、Android Auto)を介したアプリ統合は、ワイヤレスでも実行できるようになる。

インテリアもついに他のフォルクスワーゲン車に追いつき、タブレット タッチスクリーンと独立したデジタルインストルメントクラスターを備えていますが、独立したタブレットは現在 ID.4 と ID.Buzz に取り付けられているものよりも大きくて四角形になる。

ただし、EVモデルが必要な場合は、ID モデルを選択する必要がありる。ティグアンは、おなじみのガソリン、ディーゼル、ハイブリッド エンジンの組み合わせに、前輪駆動と全輪駆動のトランスミッションを選択できる。

あわせて読みたい
フォルクスワーゲン 新型「トゥアレグ」改良 デザイン変更 2023年夏にワールドプレミアへ フォルクスワーゲンは、プレミアムSUV新型「トゥアレグ(Touareg)」を、スウェーデンのラップランドにて、包括的な技術的および視覚的アップデートの最終的な走行テス...
あわせて読みたい
フォルクスワーゲン 新型 T-Cross マイナーチェンジ 2024年モデルをスパイショット デザイン一新 2023年... フォルクスワーゲンは「T-Cross(ティークロス)」のマイナーチェンジを行い2024年モデルを2023年発表する。2023年現在、開発を進めテスト走行も始まっており、スパイシ...

フォルクスワーゲン

https://www.volkswagen.co.jp/ja.html

フォルクスワーゲン ティグアン

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/tiguan.html

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次