フォルクスワーゲン 新型 ティグアン オールスペース 3列シート7人乗りフルモデルチェンジ 2017年8月から世界各国発売開始

VW Tiguan フォルクスワーゲン
VW Tiguan

フォルクスワーゲンは新型ティグアン オールスペースはフルモデルチェンジし欧州で2017年8月頃に発売する。中国や北米向けや日本向けに発売される可能性もある。

フォルクスワーゲン 新型 ティグアン オールスペース

新型ティグアン オールスペースは新型ティグアンをベースに全長を伸ばし、3列シート7人乗りにしたモデルだ。2017年1月8日に開催されたデトロイトモーターショーで世界初公開した。2017年3月7日から開催されるジュネーブ・モーターショー2017画像とスペックを公開した。

The Volkswagen Tiguan Extended Version | Der Volkswagen Tiguan mit langem Radstand

新型ティグアン について

フォルクスワーゲンはティグアンをフルモデルチェンジを行い2017年1月17日に日本発売開始。日本では8年ぶりにフルモデルチェンジとなる。

新型ティグアン

小型クロスオーバーSUVで、ゴルフをベースに開発された。前型から全長を70mm、全幅を30mm、ホイールベースを70mm拡大した、それでいながら全高は35mm低いリアニースペースを29mm広くとりながら、(TSI R-ラインの全幅は1860mm)ラゲッジスペースも50L大きい520L。全長:4,500mm、全幅:1,840mm、全高:1,675mm、ホイールベース:2,682mm、拡大されていながらも新型プラットフォームを採用し、車重を50kg軽量化。

新型ティグアン オールスペースについて

新型ティグアン オールスペース
全長:4,699mm
全幅:1,839mm
全高:1,632mm
ホイールベース:2,791mm

全長は標準モデルから伸び、3列シートの仕様となる。標準モデル同様の予防安全装備が装備される。

ガソリンエンジン「TSI」
4種類のエンジン
最高出力:150ps、180ps、220ps
ディーゼルエンジン「TDI」
4種類のディーゼルエンジン
最高出力:150ps、190ps、240ps
2WD(FF) もしくは4WD「4MOTION」。

予防安全 衝突安全 二次被害防止 主要装備

予防安全

アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付)

レーンキープアシストシステム“Lane Assist”

渋滞時追従支援システム“Traffic Assist”

レーンチェンジアシストシステム”Side Assist Plus”

スタティックコーナリングライト

ダイナミックコーナリングライト 

ダイナミックライトアシスト

リヤビューカメラ“Rear Assist” /アラウンドビューカメラ“Area View”

駐車支援システム“Park Assist”

ドライバー疲労検知システム“Fatigue Detection System”

パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ、後退時衝突軽減ブレーキ機能付)

オプティカルパーキングシステム

リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)

プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”(
歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)

プロアクティブ・オキュパント・プロテクション

衝突安全

フロントエアバッグ(運転席/助手席)、ニーエアバッグ(運転席)、
サイドエアバッグ(前席/後席)、カーテンエアバッグ

i-Size 基準適合チャイルドシート固定装置(後席左右)

二次被害防止

アクティブボンネット

ポストコリジョンブレーキシステム

ソース
https://www.carscoops.com/2017/03/euro-spec-vw-tiguan-allspace-detailed/

フォルクスワーゲン

https://www.volkswagen.co.jp/ja.html

フォルクスワーゲン
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020