MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

BMW 新型「4シリーズ グラン クーペ」 電気自動車「BMW i4 eDrive35」を日本モデルに追加

当ページのリンクには広告が含まれています。
BMW i4 eDrive35

BMWは新型「4シリーズ グラン クーペ」の電気自動車モデル「BMW i4」のエントリー・モデル 「BMW i4 eDrive35」を追加し2023年2月15日に日本発売した。納車は、2023年3月以降を予定している。電気自動車モデル「BMW i4」は500km以上の走行可能距離を実現。 ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能を標準装備する電気自動車である。

目次

電気自動車「BMW i4」のエントリー・モデル 「BMW i4 eDrive35」について

ラインアップに加わるBMW i4 eDrive35は、1回の充電で長距離走行を可能とした電気自動車であり、フル充電にて532kmの走行が可能。ミドル・クラス以上のBMWモデル同様に、高性能3眼カメラ&レーダー、および高性能プロセッサーによる高い解析能力の最先端運転支援システムが標準装備、高速道路での渋滞時において、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する運転支援システム「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」が装備、一定の条件下において、ステアリングから手を離しての走行が可能

コネクティビティにおいては、「OK, BMW」と話し掛けることで、車両の操作、目的地の設定等が可能。「Apple CarPlay」への対応、BMWコネクテッド・ドライブ標準装備、スマートフォンで事前に検索した目的地を車両に送信する等、大きな利便性がある。BMWデジタル・キー・プラスの標準装備、車両のキーを持たずとも、対応のスマートフォン、スマートウォッチを携行していれば、車両に近づくだけでロック解除が可能であり、さらに車室内にロック解除に使用したデバイスがあるだけで、エンジンの始動も可能。

BMW i4 eDrive35は、最高出力210kW(286PS)、最大トルク400Nmを発揮する電気モーターをリアに搭載、後輪を駆動する。ボディ床下に収納されているリチウム・イオン電池容量は199Ah、総エネルギー量は70.3kWh、一充電での走行可能距離は532km、交流電力量消費率は143Wh/km。

BMW 新型 i4 4ドアグランクーペ 電気自動車 について

「BMW i4」は、スポーティでエレガントなデザインとダイナミックな運動性能を持つ「BMW 4 シリーズ グラン クーペ」をベースに、プレミアム・ミドル・クラスの4ドア・クーペ・モデルである。

BMW i4 eDrive35

「BMW i4 eDrive35」は、全長4,785mm、全幅1,850mm、全高1,455mm、ホイールベース2,855mm、車両重量2,030kg、車両総重量2,305kg、最高出力286PS(210kW)、最大トルク400Nm、を発揮する電気モーターをリアに搭載、後輪を駆動する。リチウム・イオン電池容量は199Ah、総エネルギー量70.3kWhであり、一充電での走行可能距離はWLTCモード一充電走行距離532km走行可能なモデル。「BMW i4 M50」価格6,980,000円。

BMW i4 eDrive40

「BMW i4 eDrive40」は、全長4,785mm、全幅1,850mm、全高1,455mm、ホイールベース2,855mm、車両重量 2,080kg、最高出力250kW(340PS)、最大トルク430Nm を発揮する電気モーターをリアに搭載、後輪を駆動する。ボディ床下に収納されているリチウム・イオン電池容量は210.6Ah、総エネルギー量は83.9kWhであり、一充電でのWLTCモード走行可能距離は590km走行可能なモデル。「BMW i4 eDrive40」価格7,500,000円。「BMW i4 eDrive40 M Sport」価格7,900,000円。

BMW i4 M50

「BMW i4 M50」は、全長4,785mm、全幅1,850mm、全高1,455mm、ホイールベース2,855mm、車両重量2,240kg、前輪を駆動する 1つの電気モーターと後輪を駆動する 1つの電気モーターを持つ、 4輪駆動モデルである。前輪を最高出力190kW(258PS)、最大トルク430Nm を発揮する電気モーターと、後輪を最高出力230kW(313PS)、最大トルク365Nm を発揮する電気モーターを持ち、システム・トータルでの最高出力は400kW(544PS)、最大トルクは795Nmである。リチウム・イオン電池容量は210.6Ah、総エネルギー量は83.9kWh であり、一充電でのWLTCモード走行可能距離は510km走行可能なモデル。「BMW i4 M50」価格10,800,000円。

電池容量について

最新の充電テクノロジーが採用、普通充電と急速充電 (CHAdeMO) に対応。普通充電においては、自宅で6.4kW の BMW ウォール・ボックス (200V/32A)の利用により、一晩(約15時間)で、充電開始時0%の状態から100%まで充電することが可能である。急速充電(CHAdeMO)においては、現在主流となっている 90kW 充電器の利用により、約40分で、充電開始時0%の状態から約80%までの充電が完了する。また、僅か10 分の急速充電で、最大約90 km(BMW i4 eDrive40)、約75km(BMW i4 M50)程度の航続可能距離を伸ばすことが可能である。150kW の急速充電器を利用の場合は、約30分で、充電開始時0%の状態から約80%までの充電が完了する。
また、僅か10分の急速充電で、最大約150km(BMW i4 eDrive40)、約130km(BMW i4 M50)程度の航続可能距離を延ばすことが可能である。

安全機能・運転支援システム「ドライビング・アシスト・プロフェッショナル」を標準装備

安全機能・運転支援システムにおいても、BMW i4 は、最新世代となっている。他のミドル・クラス以上の BMW モデル同様に、高性能 3 眼カメラ&レーダー、および高性能プロセッサーによる高い解析能力の最先端運転支援システムが標準装備。

ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能を搭載

高速道路での渋滞時において、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与するBMW 社が国内認可取得モデルとして初めて導入した運転支援システム「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」が装備、一定の条件下において、ステアリングから手を離しての走行が可能。

BMW コネクテッド・ドライブ

「OK, BMW」と話し掛けることで、車両の操作、目的地の設定等が可能。Apple CarPlay への対応、BMW コネクテッド・ドライブ標準装備、スマートフォンで事前に検索した目的地を車両に送信する等、大きな利便性。車両のキーを持たずとも、スマートフォンをドア・ハンドルにかざすことで、車両のロック解除/施錠、エンジンの始動も可能。

最新自動車情報
【2024年】デジタルキー対応車種一覧 スマホがクルマの鍵として使える車はどれかまとめてみた| 最新自動車... 皆さんは持ってるスマホ「iPhone」や「Android」端末が今は車の鍵にできることをご存知でしょうか?最近では「自動運転」や一定速度を追従してくれる「レーダークルーズコ...
あわせて読みたい
BMW 新型 i4 電気自動車 4ドアグランクーペ 日本モデル 2022年2月16日発売 BMWは「4シリーズ グラン クーペ」のラインアップに、電気自動車「i4」を追加して日本モデルを2022年2月16日発売した。納車は、2022年3月以降を予定。 【BMW 新型 i4 4...
あわせて読みたい
BMW 新型 4シリーズ グランクーペ 日本モデル ディーゼル追加「420d xDrive グラン クーペ」2022年4月26... BMWは新型「4シリーズ グランクーペ」の日本モデルを2022年4月26日発売。納車は、2022年5月以降を予定。 【BMW 新型 「420d xDrive グラン クーペ」追加】 「BMW 420d x...
あわせて読みたい
BMW 新型 i4 EV 4ドアグランクーペ 2021年発売 BMWは、新型EV「i4」を2021年3月17日(現地時間)世界初公開した。「i4」は、4ドアグランクーペモデルで2021年内に発売される。 【新型 i4 について】 新型EV「i4」はEV...
あわせて読みたい
BMW 新型 Concept i4 電気自動車 EV 2020年3月3日初公開 BMWは新型「Concept i4」をを2020年3月3日に発表する。2020年3月5日〜2020年3月15日(現地時間)に行われるジュネーブモーターショー2020にて世界初公開される予定であ...

BMWニュースリリース

https://www.bmw.co.jp/ja/press/2022/20220216_1.html

BMW i4

https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/bmw-i/i4/202

BMW i4 eDrive35

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次