MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ソニー・ホンダ 新EVブランド「アフィーラ(AFEELA)」2023年1月4日世界初公開

当ページのリンクには広告が含まれています。
AFEELA

ソニーとホンダの合弁会社である「ソニー・ホンダモビリティ(SHM)」は新ブランド「アフィーラ(AFEELA)」を発表、2022年1月4日(現地時間)世界初公開された。開発中の新型EVを米国ネバダ州ラスベガスで開催される「CES2023」にて公開する。

目次

ソニーとホンダ 新EVブランド「アフィーラ(AFEELA)」

SHMが考えるモビリティ体験の中心に在る”FEEL”を表した新ブランド「AFEELA」を発表した。人とモビリティの新たな関係を創るというSHMのビジョンを表現したプロトタイプを初披露。プロトタイプをベースに開発を進めていく。量産車については2025年前半からの先行受注を開始、同年中に発売を予定。デリバリーは2026年春に北米から開始する。

プロトタイプ エクステリア

モビリティと人がインタラクティブなコミュニケーションをするため、知性を持ったモビリティがその意思を光で語りかける” Media Bar”を搭載。今後、さまざまなパートナー、クリエイターと共に、可能性を幅広く模索していく。

プロトタイプ インテリア

まるで繭に包まれたような、無垢でやさしいラウンド基調のデザインとし、単に心地良いだけでなく、注意を逸らす装飾性を極力無くし、カラーリングもシンプルを徹底。人を中心とし、人が求める機能と体験の実現を目指す。新しい HMIを提案し、クラウドで提供するサービスと連携することで、ユーザーごとにパーソナライズされた車内環境を実現。ユーザーに運転以外の楽しみを提供する。リアルとバーチャルの世界を融合していくことで、移動空間をエンタテインメント空間、感動空間へと拡張。メタバースなどデジタルをフルに活用し、新しいエンタテインメントの可能性も追求。

プロトタイプ 安全装備について

安心安全技術の上に、快適な移動空間を提供。特定条件下での自動運転機能、レベル3搭載を目指すと同時に、市街地等、より広い運転条件下での運転支援機能、レベル2+の開発にも取り組む。最大800TOPSの演算性能を持つハードウェアには、Qualcomm Snapdragon Digital ChassisのSoCを採用予定。今回のプロトタイプには、車内外に計45個のカメラ、センサー等を搭載。室内のインキャビンカメラやToFセンサーにより、ドライバーの運転状況や走行状態をモニタリングし、不慮の交通事故防止へ貢献。

あわせて読みたい
ソニー・ホンダモビリティ株式会社 設立 ティザー映像公開 2023年1月の発表 ソニーグループ株式会社と本田技研工業株式会社は、2022年3月4日、モビリティ分野における戦略的提携に向けて基本合意。2022年6月16日には「ソニー・ホンダモビリティ株...

ソニー・ホンダモビリティニュースリリース

https://www.shm-afeela.com/ja/news/2023-01-04/

アフィーラ(AFEELA)

https://www.shm-afeela.com/ja/

AFEELA

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次