トヨタ 新型「ハイラックス チャンプ」 ピックアップトラック タイにて2023年11月27日発表

当ページのリンクには広告が含まれています。
Toyota Hilux Champ

タイにてトヨタは新型ピックアップトラック「ハイラックス チャンプ」 を2023年11月27日(現地時間)に発表した。「ハイラックス チャンプ」 はジャパンモビリティショー2023に出展されたピックアップタイプのコンセプトモデル「IMV 0(アイエムブイ ゼロ)」の市販モデルである。タイでの価格は459,000バーツ(約195万円)から 577,000バーツ(約245万円)と、通常のハイラックスよりも手頃な価格となっている。タイのトヨタサムロン工場で生産される。

目次

トヨタ 新型「ハイラックス チャンプ」 について

トヨタ IMV 0 コンセプトの待望の量産バージョンがタイに導入され、「ハイラックス チャンプ」のネームプレートが採用された。必要最小限のピックアップは、コンセプトのスタイルとキャラクターを維持。

トヨタ 新型「IMV 0」ピックアップタイプ 「ハイラックス」廉価モデル 2024年頃 市販化されるか

トヨタ 新型「ハイラックス チャンプ」 エクステリア について

エクステリアは「ランド クルーザー」にインスパイアされたフェイス、フラットなフロントガラス、ブラック スティーリー、ハロゲン ヘッドライト (LED はオプション) に多用されたプラスチック クラッディングは価格面を重視している関係だ。ドロップサイド ベッドまたはフラット デッキを備えたショート ホイールベースとロング ホイールベースの形式が用意。最も短いモデルの全長は4,970mmですが、長いバージョンでは全長5,300mmまで伸びる。

トヨタ 新型「ハイラックス チャンプ」 インテリア について

タイのトヨタ ハイラックス チャンプ バージョンはすべて、シングル キャブ設計、2 つのドア、2 人乗りキャビンを備えています。インテリアも外装と同様にベーシックで、オレンジのアクセントが黒いプラスチックをより見やすくしています。インフォテインメント ディスプレイやあらゆる種類のマルチメディア システムがないため、ドライバーにとっての情報源はメーター クラスターだけになります。写真の例で目に見える機能は、ファン (豪華なエアコンや温度調節機能はありません)、2 つのカップホルダー、電源コンセント、電動窓、およびいくつかの収納コンパートメントだけです。

トヨタ 新型「ハイラックス チャンプ」 パワートレイン について

エンジンは3タイプ(2.0Lガソリンエンジン、2.7Lガソリンエンジン、2.4Lディーゼルエンジン)、フラットなデッキは未装備タイプも選択可能です。

エントリーレベルの 2.0 L ガソリン エンジンは、最高出力137hp(102kW/139PS) と最大トルク183Nmを発生。強力な 2.7 L ガソリンは、164hp(122kW/166PS) と最大トルク245Nm を発生。よりトルクのある 2.4L ターボディーゼルは、148hp(110kW/150PS) と343Nmを発揮し、ハイラックスに匹敵する1トンの積載量を実現。

ベース エンジンは 5速マニュアル ギアボックスと独占的に組み合わせられますが、他の2つのオプションは 6 速トルク コンバーター オートマチックと組み合わせて利用でる。ハイラックス チャンプには駆動方式は2WDモデルのみで、4WDモデルはない。

トヨタ 新型「ハイラックス チャンプ」 タイ量販仕様(2.4Lディーゼルエンジン ロングホイールベース デッキあり)スペック

スペックハイラックス チャンプ
全長5,300mm
全幅1,785mm
全高1,735mm
ホイールベース3,085mm
エンジン2.4Lディーゼルエンジン
最高出力148hp(110kW/150PS)
最大トルク343Nm
駆動方式2WD
車両総重量2,790kg
最小回転半径5.4m
最大積載量1,000kg
乗員2名
トランスミッション5MT、6AT

トヨタ 新型「ハイラックス チャンプ」 価格 グレードについて

「ハイラックス チャンプ」の発表会では11の架装モデルを紹介。様々なビジネス形態や使用用途をカバーすることに重点を置き、8グレードをご用意。価格は459,000バーツ(約195万円)から 577,000バーツ(約245万円)で、お求めやすい価格を実現。

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/40145597.html

Toyota Hilux Champ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次