トヨタ「ランドクルーザー70」9年ぶりの国内再導入 再販で何が変わったのか? 新旧比較 ポイントまとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
toyota landcrusiser70

トヨタは「ランドクルーザー70」の国内再導入を行い2023年11月29日に発売した。旧型モデル(旧型)と新型とはどの様な進化を遂げたのか順番に比較してみた。購入時の参考にしていただければ幸いです。

目次

新型と旧「ランドクルーザー70」  エクステリア 比較

エクステリアは再販モデルと同様にヘッドライトは丸目を採用し力強いデザインとした。オーストラリアで発売された「ランドクルーザー70」シリーズ70周年記念特別版と同様にフロントグリルを「TOYOTA」することで以前の再販モデルと異なるエクステリアとなる。ライト類は新たにLED化「Bi-BeamLEDヘッドランプ(マニュアルレベリング機能付)」+LEDクリアランスランプ(デイタイムランニングランプ)」「バンパー埋込式LEDフロントフォグランプ」を採用し、2014年の先代モデルと印象を変える。ボディサイズは、全長4,890mm、全幅1,870mm、全高1,920mm、ホイールベース2,730mmとした。先代モデルよりも全長が80mm程拡大した。エンジンフードは立体感のあるデザインになっていますが、路面の見やすさを考慮し中央部が低く設計した。万が一の修理・交換を容易にするため完全独立型のバンパーを採用。

旧型 ランドクルーザー70

新型 ランドクルーザー70

スペックランドクルーザー70
バン 2014年モデル
ランドクルーザー70
2023年モデル
全長4,810mm4,890mm+80mm
全幅1,870mm1,870mm+0mm
全高1,920mm1,920mm+0mm
ホイールベース2,730mm2,730mm+0mm

ランクル70はフェンダー下部を削ぎ落とすことで岩などの干渉回避に寄与。ブラックのステップです。ボディ下部をフロントからサイド、リヤまでブラックで統一することで、足回りが引き締まった印象に。

新型と旧型「ランドクルーザー70」 インテリア比較

インテリアは再販モデルからステアリングホイール(本革巻き+木目調)、シフトノブ、スピードメーターを変更(スピードメーターと4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイを組み合わせ)し現代モデルに近いデザインに変更されている。

旧型 ランドクルーザー70

新型 ランドクルーザー70

シート表皮は、ソフトでしなやかな合成皮革と弾力性があり心地良い肌触りの「ブランノーブ」というファブリック素材の2種類の表皮を組み合わせを全席に採用。フロント・リヤ・クォーター・バックのドアトリムにはブラックの合成皮革を採用。

新型と旧型 「ランドクルーザー70」 安全技術 比較

新型のランクル70からトヨタの予防安全機能パッケージであるTSS(Toyota Safety Sense)が全車標準搭載。走行支援で新規採用されたのは「VSC&アクティブトラクションコントロール」「ダウンヒルアシストコントロール」「ドライブスタートコントロール」「ヒルスタートアシストコントロール」の4つの機能。2014年年モデルと比較すると大幅に変更されている。

システム装備ランドクルーザー70
バン 2014年モデル
ランドクルーザー70
2023年モデル
Toyota
Safety
Sense
衝突回避支援型
プリクラッシュ
セーフティ

昼・夜間歩行者
自転車
レーンディパーチャー
アラート
(ステアリング
制御機能付)

ステアリング制御
白線/黄線 検出
オートマチック
ハイビーム
クルーズ
コントロール
(定速制御のみ)
ロードサインアシスト
先行車発進告知
走行支援EBD付ABS&
ブレーキアシスト
VSC&
アクティブトラクションコントロール
ダウンヒルアシスト
コントロール
ドライブスタート
コントロール
ヒルスタート
アシストコントロール

新型と旧型 「ランドクルーザー70」エンジン 比較

前回の復刻モデルはプラドと同じV6DOHC 4L エンジンが搭載、最高出力:170kW(231PS)/5,200rpm、最大トルク:360Nm(36.7kgm)/3,800rpmであったが、今回はこのエンジンではなく、同じくプラドに採用している日本で厳しい排ガス規制をクリアしている待望のクリーンディーゼル「2.8L 直4 DOHCクリーンディーゼルエンジン」最高出力150kW(204ps)/3,400rpm、最大トルク500Nm(51.0kgm)/1,600-2,800rpmを採用する。MTからATへと変更となる。

スペックランドクルーザー70
バン 2014年モデル
ランドクルーザー70
2023年モデル
エンジン型式4.0L V6DOHC
エンジン
2.8L 直4 DOHC
クリーン
ディーゼルエンジン
1GD-FTV
最高出力170kW(231ps)/
5,200rpm
150kW(204PS)/
3,000rpm-3,400rpm
最大トルク360N(36.7kgm)/
3,800rpm
500Nm(51kgm)/
1,600rpm-2,800rpm
トランス
ミッション
5速MTフレックスロックアップ式
スーパーインテリジェント
6速オートマチック
(6 Super ECT)
駆動方式4WD
4WD
(パートタイム
4WDシステム)
乗車定員5名5名
WLTCモード燃費10.1km/L
JC08モード燃費6.6km/L

新型と旧型 「ランドクルーザー70」価格 グレード 比較

今回は1グレードのみで、前回の復刻モデルよりも価格はアップしている。もちろん、安全装備、エンジン、など大きな違いがあるためこの価格アップは当然かもしれません。

トヨタ 新型「ランドクルーザー70」2014年 再販モデル

グレードエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格(8%)
バン4.0L V6DOHC
エンジン
5MT4WD3,600,000円

トヨタ 新型「ランドクルーザー70」2023年 再販モデル

グレードエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格(10%)
AX2.8L 直4 DOHC
クリーン
ディーゼルエンジン
1GD-FTV
6AT
(6 Super ECT)
4WD4,800,000円

新型「ランドクルーザー70」について思うこと

再販モデルの「ランドクルーザー70」は先代モデルと見た目は同様に見えても、先進の安全装備や走行支援の装備が全くことなる。更に、エンジンの変更やエクステリア、インテリアデザインも現代風に変更されており、決して価格上昇は単なる物価高騰によるものだけではないので妥当な金額設定だと筆者は考えます。また、これだけ長きにわかって愛され続け、変わらないモデルが現代でも発売され続けることはとても素晴らしいと感じました。更に、事前に販売店にてランドクルーザー70について質問をしたが、事前予約は不可で、既存顧客がメインの販売になるということでした。かなりの競争率となるため購入はかなり厳しいことが予想されます。全世界でファンのいる「ランドクルーザー70」はそう簡単には手にはいらないかもしれない。

関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
正式発表 トヨタ「ランドクルーザー70」9年ぶりの国内再導入 2023年11月29日発売

トヨタ

https://global.toyota/jp/

toyota landcrusiser70

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次