ボルボ 小型SUV 電気自動車 新型「EX30」2023年6月7日 発表へ

当ページのリンクには広告が含まれています。
Volvo EX30
  • URLをコピーしました!

ボルボは、小型SUVのEV(電気自動車)新型「EX30」を2023年6月7日20時30分(日本時間)発表する。また、同日から一部の市場では注文、もしくは予約受付が開始される。

目次

ボルボ 小型SUV 電気自動車 新型「EX30」

あわせて読みたい
ボルボ 2019年から全車種 EV PHV マイルドHV をラインナップし電動化へ ボルボは全車種にEV PHV マイルドHV を2019年からラインナップすると2017年7月5日に発表した。 【ボルボ 全車種 EV PHV マイルドHV をラインナップ】 2019年から2021年...

これまでのボルボのEV(電気自動車)について

XC40 Recharge

ボルボは新型「XC40」のEV(電気自動車)モデル「XC40 Recharge」を2019年10月16日(現地時間)に発表した。コンパクトSUV 新型「XC40」をベースに開発される電気自動車はプラットフォームCMA(compact modular architecture)を基盤にバッテリーをフロア下に配置。78 kWhのリチウムイオンユニットに二つの電気モーターを採用し総出力402 HP(408 PS)WLTPモード燃費400kmを実現した。150 kWの急速充電で40分間で最大80%充電できる。

volvo xc40 ev

EVモデルを開発する上で安全性は最大の課題であったっがボルボが開発した新しい安全構造によって保護されれる。床にバッテリーを配置し、その周囲にビルトインクシャクシャゾーンを作成する安全ケージに囲まれているので、バッテリーは完全な状態を保つ。先進運転支援システム(ADAS)を採用することで危険回避も可能となる。

volvo xc40 ev

エクステリアは通常の内燃機関を使用するエンジンを冷やすラジエーターを必要としないため、空気を取り込んで冷やすフロントグリルを必要としない。そのため通常のXC40とはフロントグリルの形状を変え差別化を測る。更にカバー付きフロントグリルには、ボルボの新しい「Advanced Driver Assistance Systemsプラットフォーム」用のセンサーも収容。

volvo xc40 ev

通常のエンジンルームには内燃機関が存在しないため30Lのフランクが採用されている。リアバンパーの形状も変更されている。19インチと20インチの2つの新しいホイールデザインを採用。

あわせて読みたい
ボルボ 新型 XC40 Recharge EV 電気自動車 2019年10月16日発表 ボルボは新型「XC40」のEV(電気自動車)モデル「XC40 Recharge」を2019年10月16日(現地時間)に発表した。 【新型 XC40 Recharge】 コンパクトSUV 新型「XC40」をベー...
あわせて読みたい
ボルボ 新型 BEV車「C40 Recharge」日本初導入 2021年11月18日発表 ボルボは、BEV車(電気自動車)専用モデル「C40 Recharge」を日本にて2021年11月18日発表した。価格7,190,000円。ボルボの電気自動車C40 Recharge日本市場デビューを記...

ボルボ 新型「EX90」7人乗りEV

ボルボは、7人乗りEVの新型「EX90」2024年モデルを2022年11月9日(現地時間)世界初公開した。最大820フィート(250m)離れた歩行者を検出し、フロントガラスの上に取り付けられたセンサーのおかげでレベル3の自律機能を提供するために、レンジ全体に標準装備されたLidarテクノロジーが付属。

EXは車内にいる人にも気を配り、車内レーダーシステムを備えており、暑い車内に子供や犬が置き去りにされるのを防ぐ。373 マイル (600 km) の航続距離と顧客が電力網にエネルギーを送り返すことができる双方向充電を提供するデュアルモーター、全輪駆動ドライブトレイン。発売時には 2 つのバージョンが提供され、どちらも 107kWh のバッテリーを搭載しており、250kWのDC充電を使用して 30 分で10~80%を充電できる。標準のEX90が最高出力408 hp (414 PS) と、最大トルク568 lb-ft (770 Nm) に対し、Performance モデルは最高出力510 hp (517 PS) 、最大トルク 671 lb-ft (910 Nm) を発揮。 車両重量は6,213 ポンド (2,818 kg) 。0-100加速4.9秒。

視覚的には、ノーズ (まぶたのように点滅する LED ライトが特徴) とテールは、 2021年のボルボ コンセプト リチャージショーカーがレイアウトしたデザインに近く、SPA2 電気プラットフォームを共有する姉妹ブランドのポールスターの新しい3と類似点がありる。比較的滑りやすい0.29 Cdのデザインは、浅いガラスハウス、先細りのルーフライン、垂直のリアウィンドウが特徴ですが、リアヒンジ式リアドアや4つの独立したシートなど、コンセプトの派手なディテールのほとんどは生産のためにトーンダウンされてる。

物理的なボタンがほとんどないため、ほぼすべての機能を操作するために使用されるセンターコンソールの巨大な14.5インチ縦型タッチスクリーンなど、コンセプトの主要なインテリアデザインテーマはそのまま引き継がれている。ボルボは、このクリーンですっきりとしたレイアウトにより、EX90 をより安全に運転できると言っています。その利点として、 Google の Android Automotive OSが搭載。音声コマンドによく反応し、無線アップデートを受け入れることができる。

タッチスクリーンは、ドライバーの前にある小さなデジタル インストルメント クラスターである、新車に欠かせない他の技術と組み合わされてる。エクステリア デザインと同様に、EX90 と Polestar3の間のビジュアル (およびハードウェア) のクロスオーバーがキャビン内に多く見られ。キャビンの一部は、リサイクル ペットボトル、ウール ベンド シート ファブリックなどの 106 ポンド (48 kg) の持続可能な素材で作られている。後ろから投影された光が表面ににじみ出るようにする木材。

ボルボ ニュースリリース

https://www.vcj-press.jp/pressrelease/2023-05-09/#

Volvo EX30

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次