ボルボ 新型 BEV車「C40 Recharge」日本初導入 2021年11月18日発表

ボルボは、BEV車(電気自動車)専用モデル「C40 Recharge」を日本にて2021年11月18日発表した。価格7,190,000円。ボルボの電気自動車C40 Recharge日本市場デビューを記念した特別なサブスクリプションを抽選で限定100台でご用意い。特別サブスクリプション価格:月額 110,000円。

目次

新型「C40 Recharge」について

「C40」は「XC40」と同じCMA(Compact Modular Architecture)プラットフォームに基盤にバッテリーをフロア下に配置、純粋な電気のみとして設計された同社の最初のモデル。

新型 「C40 Recharge」 エクステリア

クーペSUVモデルの通常のスタイリング特性を採用しており、傾斜の低いルーフラインも含まれている。その他の機能には、「最先端のピクセルテクノロジー」を採用した新しいヘッドライトを備えた再設計されたフロントフェイシア、および新しいモデルに固有のさまざまなカラーとデコのオプションが含まれる。

新型 「C40 Recharge」 インテリア

XC40と同様にGoogleと共同開発されたAndroidベースのインフォテインメントシステムを備えており、Googleマップ、Googleアシスタント、GooglePlayストアなどの組み込みのGoogleアプリとサービスを提供。新しいモデルには無制限のデータ接続も付属。

新型 「C40 Recharge」 スペック

動力は電気モーター×2前後1基づつ供給され、最高出力402 HP(408 PS)と最大トルク487lb-ft(660 Nm)を組み合わせて生成。78 kWhのバッテリーパックと組み合わせると、WLTPテストサイクルで約261マイル(420 km)となる。150 kWの急速充電で約40分でバッテリーを80%まで急速充電でき、少なくともVolvoによれば、全体的な走行距離を改善する可能性のある無線ソフトウェアアップデートを受信できる。

新型 「C40 Recharge」 先進の安全・運転支援機能

「対向車対応機能」「歩行者・サイクリスト検知機能」「インターセクション・サポート(右折時対向車検知機能)」などを備える「City Safety(衝突回避・被害軽減ブレーキ・システム)」をはじめ、「全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」「パイロット・アシスト(車線維持支援機能)」「ステアリングアシスト付BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」「衝突回避・被害軽減ブレーキ機能付CTA(クロス・トラフィック・アラート)」「ランオフロード・ミティゲーション(道路逸脱回避機能)」「オンカミング・レーン・ミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能)」などを標準装備。また、「先行車発進告知機能」「リア衝突回避・被害軽減ブレーキ・システム」。

あわせて読みたい
ボルボ 新型 C40 電気自動車 クーペSUV 2021年3月3日発表 ボルボは電気自動車SUV新型「C40」を2021年3月3日発表した。コンパクトSUV「XC40」と基礎共有したクーペ電気自動車SUVである。2021年秋からベルギーのゲントにて生産さ...
VOLVO CAR JAPAN PRESS SITE
ボルボ国内初の電気自動車C40 Rechargeを発表 | VOLVO CAR JAPAN PRESS SITE ボルボ・カー・ジャパン株式会社(代表取締役:マーティン・パーソン、本社:東京都港区)は、ボルボの日本初導入となる電気自動車専用モデル「C40 Recharge」を発表します...
Volvo Cars
ボルボC40 Recharge – ボルボの新しいピュア・エレクトリックCrossover I ボルボ・カーズ 未来の自動車の姿をご覧ください。新しいピュアEV C40 Recharge の詳細をご覧ください。
あわせて読みたい
ボルボの電気自動車(EV)と充電 | ボルボ・カー・ジャパン ゼロエミッションで意のままにパワーを引き出せる、次世代のラグジュアリーの提案。それがボルボの電気自動車です。先進技術とデザイン、そして持続可能なマテリアルによっ...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
トップへ
目次
閉じる