BMW 新型「X2」フルモデルチェンジ クーペSUV「ジャパンモビリティショー2023」で世界初公開へ

当ページのリンクには広告が含まれています。
2024 BMW X2

BMWは、東京ビッグサイトを中心に開催する「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー)」の出展モデルとして、プレミアムコンパクトクロスオーバー新型「X2」 を公開すると2023年10月9日発表した。米国のショールームへの納車は 2024年3月に開始される。 「X2」はBMWグループのレーゲンスブルク工場で生産されている。

目次

BMW 新型「X2」フルモデルチェンジ について

先代と同様に、BMW X2はX1と同じプラットフォームを共有している。

BMW 新型「X2」フルモデルチェンジ エクステリア について

エクステリアは、「X2」はクーペのような屋根ラインが特徴で、ボディサイズは全長4554mm、全幅1845mm、全高1590mmで、先代モデルよりも全長で194mm長く、全幅で21mm広く、全高で64mm高くなった。ホイールベースが延長され、トレッド幅が広がったことで、室内スペースが確保されており、「X2」のラゲッジスペース容量はバリエーションに応じて560~1470L実現。兄弟車のクロスオーバーSUVよりもわずかに重く、xDrive28iモデルでは3,803ポンド(1725kg)、X2 M35iモデルでは3,840ポンド(1742kg)です。X1 xDrive28iよりも90ポンド(約40.8kg)重い。ホイールアーチがより強調され、ホイールの直径も従来モデルよりも大きくなりました。さらに、自己主張したい人は、BMWのコンパクトモデルで初めて21インチアルミホイールを選ぶこともできる。リアバンパーのエアインテークは見た目のためのものであり、フロントバンパーには「翼状」のインレイが施されています。しかし、下部のエアインテークとフロントのエアカーテンにはエアロダイナミクス上の利点があると言われてる。

フロントエンドにはX5のフェイスリフトモデル以上の特徴を持つキドニーグリルがあり、リアエンドにはダイナミックなテールライトが備えられている。キドニーグリルを照らすオプションも利用可能で、バッジも照らすことがでる。「X2」はネオンカラーのランニングトラックのような外観と合わせて、多くのカラーオプションが提供されている。発売時には、新しいベガスレッドメタリックを含む11の外装仕上げオプションが用意。さらに、BMW Individualでは2つの「フローズン」シェードも提供され、特別なペイント仕上げも約束されている。

BMW 新型「X2」フルモデルチェンジ インテリア について

「X2」のインテリアはX1から大きく影響を受けており、どちらもほぼ同じで、角度のついた曲面ディスプレイと、インフォテインメントシステムのコントロールを選択できるフローティングコンソールを備えている。「X2」はBMWのオペレーティングシステム9を実行しており、使いやすいメニュー構造とショートカットを提供している。また、「X2」は「Apple CarPlay」と「Android Auto」との互換性も備えている。新しい「X2」にはQuickSelect機能が備わり、性能向上したBMW iDriveコントロールとオペレーションシステムが搭載され、情報やエンターテインメント向けのデジタルコンテンツをさらに広範に提供できる。新しいBMW Connected Drive Upgradeでは、車内のゲームや動画ストリーミングなど、革新的なサービスを楽しむことができる。「X2」は長距離での快適性に焦点を当てた独自のシートを提供しています。標準では横方向のサポートが向上しており、オプションのスポーツシートにはより強化された調整機能があります。動物非使用のシート素材も標準装備。

BMW 新型「X2」フルモデルチェンジ スペック について

2024年モデルのBMW「X2」には2つのバージョンが用意されている。標準の「X2 xDrive28i」にはX1と同じ2.0L 4気筒エンジンが搭載。このエンジンは最高出力241hp(245PS/183kW)/4,500~6,500rpmを発揮し、最大トルク295lb-ft(400Nm)1,500~4,000rpmの範囲でのトルクを生成。動力は7速DCTトランスミッションを介して全輪に供給されますが、少なくとも米国では前輪駆動モデルは提供。

一方、「X2 M35i xDrive」では、さらに高出力となります。このバージョンはX1 M35iと同じエンジンを共有しており、BMWのモジュラー・ポートフォリオ内で最もパワフルな4気筒エンジンとされています。エンジンそのものには多くの機械的な改良が施されており、より強力なクランクシャフト、最適化されたピストンオイル供給システムを備えた冷却チャネル、最新世代の6気筒エンジンからの機能を受け継いだメインベアリングシェルとキャップなど、Mモデル固有の強化要素が取り入れられている。

「X2 M35i」の最高出力312hp(316PS/233kW)/5,750~6,500rpmで、最大トルク295lb-ft(400Nm)/2,000~4,500rpm。X2 M35iは0から60マイル(約96km/h)までの加速においてわずか5.2秒で到達する、これはM2 xDrive28iよりも1秒速い加速。

X2の両バージョン、xDrive28iとM35iは、前輪に機械式リミテッドスリップディファレンシャルを備えています。この特徴は、X1のM35iバージョンにのみ備えられており、そのため、ベースモデルを選んだ場合でも、理論的には従来型のSUVを上回るスポーツ性能を提供する。

BMWによれば、2024年のX2は機動性を向上させ、先代モデルよりも優れた運転ダイナミクスと長距離運転の快適性を組み合わせている。実際に、X1とX2のプレスリリースにおいて、シャーシとサスペンションに関してはほぼ同じとされています。

BMW X2シリーズ

https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/x2/bmw-x2-overview.html

2024 BMW X2

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次