モリゾウの愛車として公開 レクサス「LBX MORIZO RR CONCEPT」東京オートサロン2024 公開 市販化 可能性大!

当ページのリンクには広告が含まれています。
LEXUS LBX MORIZO RR CONCEPT

TOYOTA GAZOO Racing(TGR)とLEXUSは2024年1月12日~1月14日に幕張メッセ開催される「東京オートサロン2024」TGRブース東8ホールにて「LEXUS LBX MORIZO RR CONCEPT」発表した。

目次

レクサス「LBX MORIZO RR CONCEPT」発表について

“普通のクルマ好きのおじさん”モリゾウとして現れたトヨタ自動車 代表取締役会長 豊田章男氏は「モリゾウから新年のご挨拶」を実施。プレゼンテーションでは6台の愛車として展示された中に今回の「LBX MORIZO RR CONCEPT」も展示された。「愛車座談会」が開かれ、そこで発売についての質問に対してかなり歯切れの悪い回答となったが、「そのうち」と回答していた。

動画内でも楽しそうに運転しているモリゾウ氏が印象的だ。

LEXUS LBX MORIZO RR CONCEPT について

モリゾウの愛車として展示した「LEXUS LBX MORIZO RR CONCEPT」、レクサスのコンパクトモデル「LBX」をベースにしたコンセプトモデル。エンジンには「進化版GRヤリス」に採用される「G16E-GTS」をチューニングした1.6L 直列3気筒インタークーラーターボエンジン「G16-GTS」型を搭載。最高出力224kW(304PS)/6,500rpm、最大トルク400Nm(40.8kgm)/3,250-4,600rpm(目標値)を発生する、4WD(スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”)が組み合せ、バンパーやサスペンションなど多くのパーツで専用開発が行なわれている。モリゾウのシグネチャーカラーであるイエローを採用。タイヤはコンチネンタルの235/45R19を装着。ボディサイズは全長4190mm、全幅1845mm、全高1535mm、ホイールベース2,580mmとなる。

トヨタ 進化型GRヤリス 大幅改良を行い 2024年春発売 新開発8速ATの「GR-DAT」を追加設定

LEXUS LBX MORIZO RR CONCEPT 主要装備 変更点 について

エクステリア

  • フロントバンパー&グリル(ブラックメッキモール専用イエロー加飾)
  • カラードフェンダーアーチモール/ロッカーモール
  • ドアフレームモール(ブラックメッキ)
  • ドアベルトモール(ピアノブラック)
  • 19inch鍛造アルミホイール
  • リヤバンパー
  • 専用イエローブレーキキャリパー
  • 専用「MORIZO RR」バッジ

インテリア

  • 専用スポーツシート
  • 専用アルミペダル
  • 専用イエローシートベルト(MORIZO RRロゴ)

LEXUS LBX MORIZO RR CONCEPT スペック について

スペックLBX MORIZO RR
CONCEPT
全長4,190mm
全幅1,845mm
全高1,535mm
ホイールベース2,580mm
エンジン1.6L 直列3気筒
DOHC直噴
ターボチャージャー
最高出力224kW(304PS)/
6,500rpm(目標値)
最大トルク400Nm(40.8kgm)/
3,250-4,600rpm(目標値)
トランス
ミッション
Direct Shift 8AT
駆動方式4WD
(スポーツ4WDシステム
“GR-FOUR”)
乗車定員5名
タイヤ235/45R19

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/40288164.html

LEXUS LBX MORIZO RR CONCEPT

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次