MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

メルセデス・ベンツ 新型 Vクラス 2024年モデル ついにインフォテインメントシステム「MBUX」採用 正式発表

当ページのリンクには広告が含まれています。
Mercedes Benz V-Class

メルセデス・ベンツは、新型「Vクラス」をはじめとした乗用車と商用バージョンを含む中型バンファミリー全体を、ICE搭載モデルと完全電動モデルの両方で2024年モデルとしてアップデートし、以前よりもプレミアムなものにした。

目次

メルセデス・ベンツ 新型 Vクラス 2024年モデル エクステリア について

「Vクラス」は2014 年にデビュー、2019年に最初のフェイスリフトを受けた第3世代「Vクラス」をベースとしています。新しいアップデートでは、大幅に大型化されたグリルとより現代的なインテークを特徴とする再設計されたフロント バンパーが導入されました。各バリエーションは、異なるトリムと組み合わせて、グリルに独自のデザインを採用した。

 VクラスとEQVのより上品なリアバンパーを除いて、大部分が引き継がれている。オプションで、「Vクラス」用の AMG ラインおよびナイト パッケージ、および電気対応品用の EQV パッケージを使用すると、外観にさらにスパイスを加えることができます。トリムに応じて、乗用車にはグリルの周囲にLEDストリップとマルチビームLEDヘッドライトが装備。

メルセデス・ベンツ 新型 Vクラス 2024年モデル インテリア について

インテリアも、乗用車と商用車のもう 1 つの差別化ポイント。V クラスと EQV は、デュアル12.3インチ ディスプレイを収容する単一パネルを備えたデジタル コックピットを採用、ダッシュボードは、新しい空調通気口と周囲照明のおかげで、メルセデスの主流の自動車および SUV 製品とほぼ同じくらい高級に見えます一方、VitoとeVitoは、実用性を重視したダッシュボードセットアップと並んで、10.25インチのタッチスクリーンとインストルメントクラスター上の5.5インチディスプレイを備えたよりシンプルなレイアウトを採用。

すべてのモデルに新しいMBUXインフォテインメントが搭載さ。商用バンはメンテナンス、事故、故障管理サービスを提供しますが、乗用車は音楽ストリーミング、元気を与える快適プログラム、拡張現実によるナビゲーションなどの機能を利用できます。電気モデル (EQV および eVito) は、ルート計画と充電オプションを備えたプレエアコンとインテリジェント ナビゲーションをサポート。

メルセデス・ベンツ 新型 Vクラス 2024年モデル 安全装備 について

このセーフティ キットは、アクティブ レーン キーピング アシスト、インテリジェント スピード アシスト、ブラインド スポット アシストなど、新しく改良されたドライバー支援機能を備えてアップグレード。アクティブ ディスタンス アシスト ディストロニックは、EQV および V-Class に標準装備されており、Vito および eVitoではオプション。

あわせて読みたい
メルセデス・ベンツ 新型 Vクラス 一部改良 2022年2月18日発表 メルセデス・ベンツは、「Vクラス」の一部改良を行い、日本モデルを2022年2月18日発表した。価格は原材料費の高騰等に対応して見直され、8,400,000円〜12,050,000円とな...

Vクラス

https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/models/van/v-class/overview.html

Mercedes Benz V-Class

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次