日産「ノート」はマイナーチェンジしたけど「ノートオーラ」はいつ?新デザインを採用して 2024年6月発売へ

当ページのリンクには広告が含まれています。
2024 Nissan New Note Aura

日産は新型「ノート オーラ」のマイナーチェンジを行い2024年6月発売する。現行の「ノートオーラ(NOTE AURA)」は2021年8月17日にフルモデルチェンジを果たしており、丸3年でのマイナーチェンジとなる。ベースとなる「ノート」がマイナーチェンジを2023年12月11日発表したこともあり仕様が明らかになってきた。すでに販売店でもマイナーチェンジの概要がおり始めてきている。

目次

日産 新型「ノート オーラ」マイナーチェンジ 2024年モデル について

ベースとなる「ノート」とほぼ同様の変更点がある。

  • 最新のエクステリアデザインを採用し、イメージを一新する。
  • 収納スペースを上下2段に仕切ることで容量を拡大し使い勝手が向上。
  • 自動で施錠、解錠が行われるインテリジェントキーを採用。

日産 新型「ノート オーラ」マイナーチェンジ 2024年モデル エクステリア について

  • 最新のエクステリアデザインを採用し、イメージを一新する。

今回の「オーラ」マイナーチェンジでは、エクステリアのデザインを変更しラジエータグリルを一新し、日産「セレナ」「ルークス」「デイズ」「サクラ」そしてマイナーチェンジした「ノート」で採用されている「デジタル・Vモーション」を採用。V字型のグリルと積極的なヘッドライトが組み込まれる。更にボディカラーには新色をラインナップする。安全装備ではカメラ性能の向上により安全性を高めている。

日産 新型「ノート オーラ」マイナーチェンジ 2024年モデル インテリア について

  • 収納スペースを上下2段に仕切ることで容量を拡大し使い勝手が向上。
  • 自動で施錠、解錠が行われるインテリジェントキーを採用。

インテリアは、インストルメントパネルに水引をモチーフにしたデザインを採用、シート地にランダムストライプを施すことで、エクステリアと調和した雰囲気に仕上げている。助手席側にあるグローブボックスは、容量を拡大。

収納スペースを上下2段に仕切ることで、取扱説明書やティッシュボックスなど、かさばりやすいものがすっきりと収納でき、利便性を向上。

現行同様に「12.3インチフル液晶デジタルメーター」を設定。9インチの「NissanConnectナビゲーションシステム」と一枚に繋がり、美しさと機能性を両立した。プレミアムオーディオの開発も行い、BOSEと共同開発した国内初採用となる「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」を採用、運転席、助手席のヘッドレストにスピーカーを配し、BOSE独自のアドバンスド シグナル プロセッシング テクノロジーがもたらす、広がりのあるプレミアムな音響をご体感できるとした。

インテリジェントキーは、クルマに近づくと自動でロックを解除する「接近時アンロック機能」、降車後にクルマから離れると自動でロックをする、「降車時オートロック機能」を備えた。

日産 新型「ノートオーラ」マイナーチェンジ 360°セーフティアシスト(全方位運転支援システム)安全装備

5個のカメラ、3個のミリ波レーダー、8個のソナーにより周囲を検知する最先端の全方位運転支援技術を標準装備。「 360° セーフティアシスト」は、7種類の先進運転支援システムで構成される。「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」「踏み間違い衝突防止アシスト」「アダプティブハイビームアシスト/ハイビームア」「後退時車両検知警報 RCTA」「インテリジェントLI /LDW(車線逸脱警報)」「RCTA 後退時車両検知警報」「標識検知機能」を採用。運転支援技術「プロパイロット(ナビリンク機能付)」は「NissanConnectナビゲーションシステム」との連動機能で地図情報を取り込むことで、前方のコーナーの大きさなどを事前に把握することが出来るため、スムーズに曲がれるように車速をコントロールし、自然な感覚の運転支援を行う。

システムノートオーラ
e-POWER
方式単眼カメラ+
ミリ波レーダー
インテリジェント
エマージェンシー
ブレーキ
踏み間違い
衝突防止アシスト
インテリジェントLI /
LDW(車線逸脱警報)
アダプティブ
ハイビームアシスト/
ハイビームアシスト
RCTA
後退時車両検知警報
インテリジェント BSI
(後側方衝突防止
支援システム)
BSW
(後側方車両検知警報)
標識検知機能
進入禁止標識検知
最高速度標識検知
一時停止標識検知
インテリジェント
ルームミラー
インテリジェント
クルーズコントロール
インテリジェント
アラウンドビューモニター
SOSコール
プロパイロット
プロパイロット
パーキングアシスト

日産 新型「ノート オーラ」マイナーチェンジ 2024年モデル 予想 価格グレード について

価格は多少の値上げとなる。

タイプエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
AURA G直列3気筒
1.2Lエンジン+
モーター
CVT2WD270万円
4WD約300万円
AURA
G leather edition
2WD約280万円
4WD約310万円
AURA
NISMO
2WD約300万円

日産 新型「ノート オーラ」マイナーチェンジ 2024年モデル スペックについて

スペック新型ノートオーラ
e-POWER
新型ノートオーラ
e-POWER
全長4,045mm4,045mm
全幅1,735mm1,735mm
全高1,525mm1,525mm
ホイールベース2,580mm2,580mm
エンジン直列3気筒
1.2Lエンジン「HR12DE」型
+モーター「EM47」型
直列3気筒
1.2Lエンジン「HR12DE」型
+モーター「EM47」型
最高出力60kW(82PS)/
6,000rpm
60kW(82PS)/
6,000rpm
最大トルク103Nm(10.5kgm)/
3,600-5,200rpm
103Nm(10.5kgm)/
3,600-5,200rpm
モーター
最大出力
100kW(136PS)/
3,183-8,500pm
100kW(136PS)/
3,183-8,500pm
モーター
最大トルク
300Nm(30.6kgfm)/
0-2,900rpm
300Nm(30.6kgfm)/
0-2,900rpm
リアモーター
最高出力
50kW(68PS)/
4,775-10,024rpm
リアモーター
最大トルク
100Nm(10.2kgm)/
0-4,775rpm
トランス
ミッション
エクストロニックCVT
(無段変速機)
エクストロニックCVT
(無段変速機)
バッテリーリチウムイオン
バッテリー(1.57 kWh)
リチウムイオン
バッテリー(1.57 kWh)
最小回転半径5.2m5.2m
乗車定員5名5名
駆動方式2WD(FF)4WD
JC08モード
燃費
33.0km/L27.0km/L
WLTCモード
燃費
27.2km/L22.7km/L

日産 新型「ノート オーラ」マイナーチェンジ 2024年モデル について思うこと

今回の「ノートオーラ」のマイナーチェンジはエクステリアデザインが変更となりより高級感と洗練さが増すことになる。収納スペースの改善や最新のインテリジェントキーを採用することで使い勝手もさらによくなる。筆者としては「ノートオーラ」は日本車では珍しい、高級志向のコンパクトカーを目指しており、一定のニーズがあると考えている。また、とても魅力的な車種である。「ノート」よりも今回のマイナーチェンジで「ノートオーラ」が人気となる可能性もあるだろう。

ノートオーラ 関連記事を調べる

記事内で登場した車種の関連記事です。色々なニュースを出しているので良かったら見てください。

ノートオーラについては次へ

1 2
2024 Nissan New Note Aura

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次