仕様が判明 日産 新型「ノート e-POWER」マイナーチェンジ 2023年12月11日発表

当ページのリンクには広告が含まれています。
nissan note 2024

日産 新型「ノート e-POWER」マイナーチェンジを行い2023年12月11日発表し、2024年1月17日発売する。現行の「ノート」は2020年12月23日にフルモデルチェンジを果たしており、丸3年でのマイナーチェンジとなる。今回のマイナーチェンジではエクステリアのデザイン変更や特別仕様車日産90周年記念車を設定をラインナップする予定だ。

目次

日産 新型「ノート e-POWER」マイナーチェンジ について

丸3年でのマイナーチェンジとなるが、今回はエクステリアのデザインを変更し、ラジエータグリルを一新し、日産「セレナ」「ルークス」「デイズ」「サクラ」で採用されている「デジタル・Vモーション」を採用。V字型のグリルと積極的なヘッドライトが組み込まれる。更にボディカラーには新色をラインナップする。そして、安全装備ではカメラ性能の向上により安全性を高めている。

新デザインの16インチホイールカバーは、日本の伝統的な幾何学模様をあしらうことで、立体感と和モダンを演出している。新型「ノート」に特別仕様車日産90周年記念車を設定する。

日産 新型「ノート」マイナーチェンジ モデル インテリア について

インテリアは、インストルメントパネルに水引をモチーフにしたデザインを採用、シート地にランダムストライプを施すことで、エクステリアと調和した雰囲気に仕上げている。助手席側にあるグローブボックスは、容量を拡大しました。

収納スペースを上下2段に仕切ることで、取扱説明書やティッシュボックスなど、かさばりやすいものがすっきりと収納でき、利便性を向上。

インテリジェントキーは、クルマに近づくと自動でロックを解除する「接近時アンロック機能」、降車後にクルマから離れると自動でロックをする、「降車時オートロック機能」を備えた。

日産 新型「ノート」マイナーチェンジ モデル 価格 グレードについて

価格はXが49,000円上がり、X FOUR 72,600円上がった。

タイプエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
X直列3気筒
1.2Lエンジン+
モーター×1
EM47
CVT2WD2,299,000円
X FOUR直列3気筒
1.2Lエンジン+
モーター×2
EM47-MM48
CVT4WD2,580,600

日産 新型「ノート」マイナーチェンジ モデル スペック について

スペックノート
X
ノート
X FOUR
全長4,045mm4,045mm
全幅1,695mm1,695mm
全高1,505mm1,505mm
ホイールベース2,580mm2,580mm
エンジン直列3気筒
1.2Lエンジン
「HR12DE」型
+モーター
「EM47」型
直列3気筒
1.2Lエンジン
「HR12DE」型
+モーター
「EM47」型
+モーター
「EM48」型
最高出力60kW(82PS)/
6,000rpm
60kW(82PS)/
6,000rpm
最大トルク103Nm(10.5kgm)/
4,800rpm
103Nm(10.5kgm)/
4,800rpm
モーター
最大出力
85kW(116PS)/
2,900-10,341rpm
85kW(116PS)/
2,900-10,341rpm
モーター
最大トルク
280Nm(28.6kgfm)/
0-2,900rpm
280Nm(28.6kgfm)/
0-2,900rpm
リアモーター
最高出力
50kW(68PS)/
4,775-10,024rpm
リアモーター
最大トルク
100Nm(10.2kgm)/
0-4,775rpm
トランス
ミッション
エクストロニック
CVT
(無段変速機)
エクストロニック
CVT
(無段変速機)
バッテリーリチウムイオン
バッテリー
(1.57 kWh)
リチウムイオン
バッテリー
(1.57 kWh)
最小回転半径4.9m4.9m
乗車定員5名5名
駆動方式2WD(FF)4WD
WLTCモード
燃費
28.4km/L~
29.5km/L
23.8km/L

2022年度の国内販売「ノート」「ノート オーラ」電動車 販売台数No.1

2022年度(2022年4月-2023年3月累計)の国内販売で、「ノート」と「ノート オーラ」合わせて113,390台を販売(自動車登録情報、全国軽自動車協会連合会公表資料に基づく日産調べ)、電動車(含ハイブリッド車)販売台数No.1を獲得したと発表した。2016年に「ノート」e-POWERを発売して以降、国内でのノートe-POWERシリーズ累計販売台数が55万台に到達。

3代目 新型 ノート / ノートe-POWER について

日産は新型「ノート 」「ノートe-POWER」のフルモデルチェンジを行い2020年11月24日発表、2020年12月23日に発売する。大型「Vモーショングリル」を採用。4眼オートレベライザー付きLEDヘッドライト&LEDシグネチャーポジションランプを採用。全方位の「360°セーフティサポート」更に自動運転技術「プロパイロット(オプション)」を採用。第2世代へと進化したe-POWERはモーター出力とトルクを向上させよりパワフルな走りを実現、モーターは「EM47」型を採用、最高出力85kW(116PS)/2900-10341rpm、最大トルク280Nm(28.6kgfm)/0-2900rpmを発生と、出力で約6%、トルクで約10%高めた。更に効率的な発電を行い燃費向上を果たす。「電動パーキングブレーキ&ホールド」を採用。

3代目 新型 ノート / ノートe-POWER エクステリアについて

3代目 新型ノートには最新のVモーションデザイン言語を採用。V字型のグリルと積極的なヘッドライトが組み込まれる。大型Vモーショングリル「Vモーショングリル」を採用しブーメラン型ヘッドライト、ユニークなフローティングルーフ、力強いボディ形状といった、ニッサンデザインの特徴を多く取り入れている。更に、横長のシグネチャーLEDランプを搭載し、ヘッドランプは、特徴的なブーメラン形状をより際立たせる繊細な造りとした。ボディカラーは、2色の2トーンを含む、全13色の幅広いカラーバリエーションを用意

3代目 新型 ノート / ノートe-POWER インテリア

インテリアのデザインは新しいインストルメントパネル、インフォテインメントスクリーン、ステアリングホイール、シートに対応するために作成されました。メーターには7インチの「アドバンスドドライブアシストディスプレイ」を採用。スタイリッシュな総合的なインフォテインメントシステム「NISSAN CONNECT」を内蔵する中央に取り付けられた9インチフルカラーディスプレイ(オプション)が支配。「電動パーキングブレーキ&ホールド」を採用。ドライブモード3種類「SPORT」「ECO」「NORMAL」。インテリアカラー&マテリアルは、3種類のバリエーションをご用意。

3代目 新型 ノート スペックについて

スペック新型ノート
e-POWER
全長4,045mm
全幅1,695mm
全高1,505mm
ホイールベース2,580mm
エンジン直列3気筒
1.2Lエンジン「HR12DE」型
+モーター「EM47」型
最高出力60kW(82PS)/
6,000rpm
最大トルク103Nm(10.5kgm)/
3,600-5,200rpm
モーター
最大出力
85kW(116PS)/
2,900-10,341rpm
モーター
最大トルク
280Nm(28.6kgfm)/
0-2,900rpm
リアモーター
最高出力
50kW(68PS)/
4,775-10,024rpm
リアモーター
最大トルク
100Nm(10.2kgm)/
0-4,775rpm
トランス
ミッション
エクストロニックCVT
(無段変速機)
バッテリーリチウムイオン
バッテリー(1.57 kWh)
最小回転半径4.9m
乗車定員5名
駆動方式2WD(FF)4WD
JC08モード
燃費
38.2km/L~
34.8km/L
28.2km/L
WLTCモード
燃費
28.4km/L~
29.5km/L
23.8km/L

日産 新型 「ノート」2023年 価格改定

タイプエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
X直列3気筒
1.2Lエンジン+
モーター×1
EM47
CVT2WD2,249,500
X FOUR直列3気筒
1.2Lエンジン+
モーター×2
EM47-MM48
CVT4WD2,508,000

日産 新型 「ノート オーラ」2023年 価格改定

タイプエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
AURA G直列3気筒
1.2Lエンジン+
モーター×1
EM47
CVT2WD2,699,400
AURA G
FOUR
直列3気筒
1.2Lエンジン+
モーター×2
EM47-MM48
CVT4WD2,957,900
AURA
G leather edition
直列3気筒
1.2Lエンジン+
モーター×1
EM47
CVT2WD2,783,000
AURA
G FOUR
leather edition
直列3気筒
1.2Lエンジン+
モーター×2
EM47-MM48
CVT4WD3,041,500

日産

https://www.nissan.co.jp/

nissan note 2024

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次