MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

「SPACIA PAPA BOKU KITCHEN」スズキ 新型「スペーシアギア」か!?新旧比較してみた

当ページのリンクには広告が含まれています。
SPACIA PAPA BOKU KITCHEN

スズキは2024年1月12日~1月14日に幕張メッセ開催される「東京オートサロン2024」にて「SPACIA PAPA BOKU KITCHEN(スペーシアパパボクキッチン)」を出展した。筆者は実際に会場で見てきたので感想と、会場のスズキの人に聞いてきた内容も合わせててお伝えします。更に、今回の「SPACIA PAPA BOKU KITCHEN(スペーシアパパボクキッチン)」と先代の「スペーシアギア」がどれぐらい近いのかも比較してお伝えします。

目次

「SPACIA PAPA BOKU KITCHEN」スズキ 新型「スペーシアギア」か担当者に尋ねてみた

まずは「東京オートサロン2024」のスズキブースにある「SPACIA PAPA BOKU KITCHEN(スペーシアパパボクキッチン)」の前にいたスズキスタッフに単刀直入に「これは未来のスペーシアギアですか?」と尋ねると「いいえ!スペーシアパパボクキッチンだと聞いています。」という当然の回答が返ってきてしまいました。当然現時点で「スペーシアギア」として発表されていなので当然の回答です。

親子でアウトドアや料理を一緒に楽しむことのできる「スペーシア」のコンセプトモデル。料理で親子のコミュニケーションが弾むファミリーキャンプの世界観を表現。リヤシートから荷室にかけてキッチンスペースがある。

旧型「スペーシアギア」と「SPACIA PAPA BOKU KITCHEN」がエクステリア比較

そもそも「SPACIA PAPA BOKU KITCHEN」が「スペーシアギア」だと考えられる一番の理由は何かというと、特徴的な丸目のヘッドライトを採用していることです。

スペーシアギア

spacia gear
旧型 スズキ スペーシアギア

SPACIA PAPA BOKU KITCHEN

どちらも特徴的なヘッドライトを採用しフォグランプの位置もほぼ同様であることがわかります。

新型スペーシア

spacia
新型スペーシア

新型スペーシアカスタム

現在発売されているのは新型「スペーシア」「スペーシアカスタム」のみでデザインもそれぞれ違ったデザインとなっている。そして、先代の「スペーシアギア」も先代の「スペーシア」が発売後に派生モデルとして発売しており、遅れて発売される可能性としては高いと考えられます。スズキは「スペーシアギア」のフルモデルチェンジを行い2024年10月発売すると予想されます。

スズキ 新型「スペーシアギア」フルモデルチェンジ について

もちろんベースは2023年11月22日に発売した3代目となる軽ハイトワゴンとなる新型「スペーシア」だ。デザインや快適で居心地のよい室内空間、安全機能などの進化を果たす。

エクステリアデザインを変更。

大型9インチHDディスプレイ搭載のメモリーナビゲーションを採用。

スズキ初採用となる「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」を採用。

「後部座席センターアームレスト」「オットマン」「パーソナルテーブル」を採用。

最新の「R06D型 エンジン」を採用。

「スペーシアギア」のデジタルスピードメーター&マルチインフォメーションディスプレイ(カラー)ステアリングヒーターをスズキ軽自動車として初採用。

プラットフォームには「HEARTECT(ハーテクト)」を採用し、環状骨格構造や構造用接着剤などの採用により、ボディ剛性や操縦安定性を高めたほか、アンダーボディ接合面に減衰接着剤を採用、遮音バッフルを左右計8か所に採用することで室内の高い静粛性を実現。

乗り降りのしやすいリアステップ地上高(345mm)やスライドドア開口幅(600mm)、開口高(1250mm)に加え、持ち手部分を拡大した乗降グリップにより、後席の乗降性を高めた。

スズキ スペーシア

https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/special/

https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

SPACIA PAPA BOKU KITCHEN

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次