MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

トヨタ 新型 ハイラックス FCEV 水素燃料電池車 航続距離600km MIRAIの技術を搭載

当ページのリンクには広告が含まれています。
2024-toyota-hilux-fcev-prototype

欧州トヨタは、ピックアップトラック「ハイラックス」がベースの水素燃料電池車、「ハイラックスFCEV」の最新プロトタイプを発表した。プロジェクトは2022年12月に発表、初のプロトタイプは2023年9月に公開されました。トヨタ工場では10台の燃料電池ハイラックスのプロトタイプが製造されており、そのうち5台は実地テスト、残りの5台は顧客やメディア向けのデモンストレーションに活用されています。

トヨタとそのパートナーは、英国政府の支援を受け、集中的な評価とデモンストレーションの段階に入りました。

目次

トヨタ 新型 ハイラックス 水素燃料電池車(FCEV)について

トヨタは30年にわたる水素燃料電池の研究開発の経験を活かし、航続距離の延長、コスト削減を実現する次世代技術の開発に貢献しています。ハイラックス 水素燃料電池車(FCEV)は、トヨタ ミライの技術を使用し、最大600kmの航続距離を実現します。水素は軽量であるため、他のゼロエミッション車と比較して、より高い積載量と牽引能力を達成できます。

欧州は2030年までに最大の水素燃料電池市場の一つになると予想されており、トヨタは昨年12月に「ハイドロジェンファクトリーヨーロッパ」を発表し、この技術の商業化に向けた包括的な取り組みを表明しました。

燃料電池ハイラックスのプロトタイププロジェクトは、水素技術のさらなる発展と、欧州全域での水素エコシステムの構築を促進する重要な一歩となるでしょう。

トヨタ 新型 ハイラックス 水素燃料電池車(FCEV)スペックについて

トヨタはハイラックス 水素燃料電池車の仕様を発表してはいないが、MIRAIのパワートレインは最高出力134kW(182ps)/6,940rpmと最大トルク300Nm/(30.6kgm)/0〜3,267rpm を発生し、テールパイプから水のみがでる。通常のハイラックスの 2.8 L 4 気筒ターボディーゼル エンジンは、最高出力150kW(204ps) と 最大トルク368 lb-ft (500 Nm) 。「ハイラックス H2 」は 3つの水素タンクによる航続距離は、エアロダイナミクスがはるかに悪く、ピックアップの重量が増加しているため、MIRAIの約750km〜850kmよりも低くなる可能性が高い。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 「ハイラックス H2」プロトタイプ MIRAIの第2世代 FCEV パワートレインを搭載 英国にて発表 英国トヨタは新型「ハイラックス」をベースにしたプロトタイプ「ハイラックス H2」を2022年12月2日(現地時間)に発表した。 【新型「ハイラックス H2」について】 トヨ...

編集部から一言

MIRAIの素晴らしい技術を別の車種に採用、しかも、ピックアップトラックのハイラックスに採用することは世界で大きなアピールとなるでしょう。今後も新しい情報が入り次第お知らせ致します。

トヨタニュースリリース

https://newsroom.toyota.eu/hydrogen-fuel-cell-hilux-project-reaches-demonstration-phase/

2024-toyota-hilux-fcev-prototype

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次