MENU

【2024年最新】新型 ハリアー おすすめグレードは?4代目はハイブリッド か ガソリンどちらを選ぶ?

harrier

今回は、現行4代目の新型ハリアーのおすすめグレードについて詳しくご紹介します。カタログを見ても分かりにくい方や、購入を検討していて悩んでいる方にとって参考になる情報をお届けします。筆者自身が実際に4代目ハリアーに乗っているので、他の記事よりも実体験に基づいた有益な情報を提供できると思います。

目次

新型ハリアーについて

トヨタの新型「ハリアー」(4代目)は、2020年4月13日に発表され、6月17日から販売が開始されました。約7年ぶりのフルモデルチェンジを果たし、「TNGA」プラットフォームや「Dynamic Force Engine」、新世代の「Toyota Safety Sense」を全車に標準搭載しています。2022年9月26日に一部改良が行われ、上級グレードは7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ+オプティトロンメーターから12.3インチTFTディスプレイ(フル液晶デジタルメーター)を採用しています。

新型 ハリアーのグレードは?

グレードは、「S」「G」「Z」から選択することになります。

  • S:エントリーグレード
  • G:中間グレード
  • Z:上級グレード
  • Z“Leather Package” 本革シート採用モデル

Sグレードの特徴

harrier
ハリアー Sグレード

Sグレードはエントリーグレードで最も価格が安価です。なんとハリアーなのにガソリン車Sグレードを選択すれば3,128,000円から購入が可能です。エクステリアではLEDヘッドライトや17インチホイールを装備しています。インテリアは、シートはファブリックシート、1色を採用。(革が必ずしもいいとは限りません)ステアリングホイールは本革巻き、ドアトリムも合成皮革巻を採用しており素晴らしいです。

Sグレードのデメリット

個人的にSグレードの最大のデメリットはレンタカーやカーシェアなどの車で多くSグレードが採用されており、町で見かけたときにハリアー所有者であれば、レンタカーとわかるぐらいの違いはあります。ハリアーを所有するのであればSグレード以上を選ぶことをおすすめします。

Gグレードの特徴

harrier
ハリアー Gグレード

Gグレードは中間グレードでお得感がやはりあるグレードです、ガソリン車Gグレードを選択すれば3,529,000円から購入が可能です。エクステリアではフロント・リアバンパーメッキモールやヘッドライトSグレードとは異なりLEDデイタイムランニングランプを採用したハリアーらしいデザインになります。更に、切削光輝+ダークグレーメタル塗装の18インチアルミホイールを採用、インテリアは大幅に変わり、シートがファブリック+合成皮革となりカラーも3色から選べます。

Gグレードのデメリット

個人的にGグレードのデメリットはエクステリアではGグレード専用の18インチアルミホイールを採用しているため、ハリアーを知っている人がみればGグレードだとすぐにわかります。また、インテリアでは改良により導入された、12.3インチフル液晶メーターがオプション設定、更にディスプレイオーディオは8インチディスプレイしか選択できません。安全面ではパノラミックビューモニターが付きません。

Zグレードの特徴

harrier
ハリアー Zグレード

Zグレードは上級グレードで、少し価格が高いと感じる人もいるかもしれません、ガソリン車Zグレードを選択すると4,038,000円から購入が可能です。400万円台突入です。しかし、エクステリアデザインは、Zグレード専用スーパークロームメタリック塗装の19インチアルミホイールを採用、リアスポイラーにLEDハイマウントストップランプがロングタイプになっており、見た目でZグレードだとわかります。インテリアでは12.3インチフル液晶メーターと12.3インチディスプレイオーディオ+JBLプレミアムサウンドシステムが標準装備となり乗っていれば違いがわかります。地味にうれしいのがスマートエントリーですが、後席のノブをタッチするだけで開閉ができるスマートエントリー(後席)も追加されています。筆者はZ“Leather Package”グレードを選択しているのですが、後部座席ノブの解錠は結構頻繁に使うのであれば便利です。

Z“Leather Package”グレードの特徴

Z“Leather Packageグレードは上級グレードZに本革シートを採用したモデルです。更に、快適温熱シート+シートベンチレーション(運転席・助手席)が採用されており、暑い夏や寒い冬でも快適に過ごすことができます。1度使えばもうシートベンチレーションの無い車は嫌だなと思ってしまうほど快適です。

新型 ハリアーのエンジン選択について

エンジンは3つあり「ガソリン車」「ハイブリッド車」「プラグインハイブリッド車」から選ぶ。まず一番頭を悩ますのがエンジンの選択である。

ガソリンエンジンモデル

スクロールできます
モデルエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
Z
 “Leather Package”
直列4気筒
2.0L直噴エンジン
「Dynamic
Force Engine」
Direct
Shift- CVT
2WD(FF)4,338,000円
4WD4,538,000円
Z2WD(FF)4,038,000円
4WD4,238,000円
G2WD(FF)3,529,000円
4WD3,729,000円
S2WD(FF)3,128,000円
4WD3,328,000円

ハイブリッドモデル

先代のハリアーはハイブリッド車が3,580,000円~5,040,000円であったが、新型となり3,718,000円~5,148,000円となり価格差がある。

スクロールできます
モデルエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
Z
 “Leather Package”
直列4気筒
2.5L
直噴エンジン
「Dynamic
Force Engine」
+モーター
電気式
無段階
変速機
2WD(FF)4,928,000円
4WD(E-Four)5,148,000円
Z2WD(FF)4,628,000円
4WD(E-Four)4,848,000円
G2WD(FF)4,119,000円
4WD(E-Four)4,339,000円
S2WD(FF)3,718,000円
4WD(E-Four)3,938,000円

プラグインハイブリッド

スクロールできます
モデルエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
Z直列4気筒
2.5L
直噴エンジン
「Dynamic
Force Engine」
+モーター(PHEV)
電気式
無段階
変速機
4WD(E-Four)6,200,000円

新型ハリアー 燃費データ

ガソリン車(2WD)の燃費はWLCTモード燃費:15.4km/L(13.0km/L)

ハイブリッド車(2WD)の燃費はWLCTモード燃費:22.3km/L(17.0km/L)筆者はこれに乗っていますがほぼ実測値です。

スクロールできます
スペックハリアー 
全長4,740mm
全幅1,855mm
全高1,660mm
ホイール
ベース
2,690mm
エンジン2.5L 直列4気筒
直噴エンジン
「Dynamic
Force Engine」
+モーター
2.0L 直列4気筒
直噴エンジン
「Dynamic
Force Engine」
最高出力131kW(178ps)/
5,700rpm
126kW(171ps)/
6,600rpm
最大トルク221Nm(22.5kgm)/
3,600-5,200rpm
207Nm(21.1kgf・m)/
4,800rpm
フロント
モーター
最高出力
88kw(120ps)
フロント
モーター
最大トルク
202Nm(20.6kgm)
リア
モーター
最高出力
40kW(54ps)
リア
モーター
最大トルク
121Nm(12.3kgfm)
システム
最高出力
160kW
(218ps)
163kW
(222ps)
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
Direct Shift-
CVT
駆動方式2WDE-Four
(4WD)
2WD4WD
車両重量1,710kg1,770kg1,620kg1,680kg
最小
回転半径
5.5m~5.7m
WLCTモード
燃費
22.3km/L21.6km/L15.4km/L14.7km/L
タイヤサイズ225/55R19
235/55R18
225/65R17
乗車定員5名

新型ハリアー ハイブリッドで元が取れるまで

燃費と価格を考えたときに非常に悩ましい問題となりました。両方のグレード「G」で比較した場合、ガソリンモデルは3,529,000円、ハイブリッドモデルは4,119,000円と590,000円の差額となる。更にハイブリッド車はエコカー減税約30,000円が受けられるので約560,000円の差額となります。

ここでガソリンの計算となるが約560,000円のガソリン代を埋める場合にどれほど乗ればお得となるのか検証する。現実的に上記記載の実燃費を元に計算すると。

ガソリン車(2WD)の燃費はWLCTモード燃費:15.0km/L(13.0km/L)ハイブリッド車(2WD)の燃費はWLCTモード燃費:19.0km/L(17.0km/L)で計算。

ガソリン価格 1L 170円の場合に1万キロ走った計算

  • ガソリンモデル 10,000km=130,769円
  • ハイブリッド車 10,000km= 100,000円

10,000km走って30,769円しか差がでないので100,000km走っても307,690円しか差がでず。約200,000km乗らないと差が埋まらないことに・・・

通常5年ほどで新車を手放す可能性が高いかもしくは100,000kmと考えてもハイブリッド車を選ぶと-252,310円となる。ハイブリッド車だからと言って安易に選ぶことができない。更に、「ハリアー」の場合エクステリアデザインにハイブリッドとの差がなくドヤ顔できる訳でもありません。

あわせて読みたい
トヨタ ハリアーの維持費と年間ランニングコスト 自動車税や保険などを算出 トヨタは2020年6月17日「ハリアー」フルモデルチェンジを発表し、同日に発売を開始しました。これまで当サイトではハリアーの情報をお伝えしてきましたが、今回はその維...

快適性について

これまでは価格について話してきましたが、次は快適性について述べたいと思います。「直列4気筒 2.0L直噴エンジン+Direct Shift-CVT」モデルは価格面では優れていますが、快適性では少し劣ります。筆者の経験では、3代目ハリアーや4代目RAV4のガソリン2.0Lモデルは走り出しが遅く感じられました。これは車重に対してトルクが不足しているためで、Direct Shift-CVTで改善されたとしても同じ印象を受けるでしょう。

一方、「直列4気筒 2.5L直噴エンジン+モーター」はトヨタのハイブリッドシステムを採用しており、走り出しはモーターのみで行われるため、トルクに優れたスムーズな走行が期待できます。さらに、海外モデルの「ヴェンザ」はこのハイブリッドエンジン仕様のみを採用しており、海外でも高評価を得ています。また、「レーダークルーズコントロール」を使用する際、電気制御とハイブリッドシステムの相性が良いため、より快適なドライブが可能です。快適性を重視するなら「ハイブリッド車」をおすすめします。

まとめ

新型ハリアーには「S」「G」「G “Leather Package”」「Z」「Z “Leather Package”」の各グレードがあり、さらにハイブリッド車とガソリン車から選択できます。そのため、どれを選ぶか非常に悩むところです。総コストではガソリン車の方が安くなりますが、快適な走行を求めるならハイブリッドも検討すべきです。

エクステリアの比較

  • 「S」と「G」: 「フロントやリアのメッキ加工」や「LEDデイライト」など、見た目や便利機能を含めると「G」が魅力的です。

インテリアの比較

  • 「G」: 「パワーバックドア」や「イルミネーテッドエントリーシステム」「デジタルインナーミラー」など高級感のある装備が標準で装備されています。先進技術や安全装備も充実しており、300万円以上の車で30万円の差であれば、「G」を選ぶ価値があります。

さらに、フルモデルチェンジした装備を実感したいなら、「12.3インチT-Connect SDナビゲーションシステム」や「ハンズフリーパワーバックドア」「カラーヘッドアップディスプレイ」を搭載した「Z」がおすすめです。

結論

新型ハリアーで最もおすすめのグレードは「Z “Leather Package”」です。予算に余裕があるなら、ハイブリッド車も検討してみてください。

納期遅れは?

発売当初から人気で、納期は長いハリアーですが、2024年6月現在は4ヶ月~5ヶ月での納車となっている様子です。しかし、今後はどうなっていくかはわからないので注意も必要かもしれません。

あわせて読みたい
【2024年7月】新型ハリアー 納期情報 納車まではどれぐらいなのか 高級感あふれるデザインと優れたパフォーマンスが魅力の人気SUV新型ハリアー。購入を検討している方にとって、気になるのは納期ですよね。この記事では、2024年7月時点...

筆者は「ハイブリッド車」「Z “Leather Package”」を購入したので納車後に何度もレビューを書いてますので合わせて見て購入時の参考にしていただけたら幸いです。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 ハリアー 燃費 ハイブリッドの実燃費は? 4年での体験をまとめてみた トヨタの4代目、新型「ハリアー」のオーナーである私は、ハイブリッド(2WD)モデルに乗っています。購入からちょうど4年が経ちましたが、多くの人が気になるのは、この...

ハリアー 関連記事

あわせて読みたい
トヨタ 新型 ハリアー 4代目 フルモデルチェンジ TNGA採用 2020年6月17日発売 トヨタは新型「ハリアー」のフルモデルチェンジを行い2020年4月13日発表、6月17日に発売した。見て、乗って、走り出した瞬間に心に響く感性品質を重視。実用性や数値一...
あわせて読みたい
トヨタ 4代目 新型ハリアー VS 3代目 ハリアー 何が変わったのか? スペック 新旧 徹底比較 トヨタは4代目となる新型「ハリアー」を2020年6月17日に発売した。TNGA(Toyota New Global Architecture)を初採用することや国内専用車ではなく、グローバルカーとし...
あわせて読みたい
トヨタ 新型 ハリアー 燃費 ハイブリッドの実燃費は? 4年での体験をまとめてみた トヨタの4代目、新型「ハリアー」のオーナーである私は、ハイブリッド(2WD)モデルに乗っています。購入からちょうど4年が経ちましたが、多くの人が気になるのは、この...
あわせて読みたい
トヨタ ハリアーの維持費と年間ランニングコスト 自動車税や保険などを算出 トヨタは2020年6月17日「ハリアー」フルモデルチェンジを発表し、同日に発売を開始しました。これまで当サイトではハリアーの情報をお伝えしてきましたが、今回はその維...
あわせて読みたい
【2024年7月】新型ハリアー 納期情報 納車まではどれぐらいなのか 高級感あふれるデザインと優れたパフォーマンスが魅力の人気SUV新型ハリアー。購入を検討している方にとって、気になるのは納期ですよね。この記事では、2024年7月時点...
あわせて読みたい
新型 ハリアー マイナーチェンジ 後期 デザイン刷新&機能追加!2025年3月発売 トヨタは、人気のクロスオーバーSUV「ハリアー」のマイナーチェンジを実施し、2025年3月に発売する予定です。今回のマイナーチェンジでは、内外装デザインの大幅な刷新...

ハリアー

https://toyota.jp/harrier/

トヨタ

https://toyota.jp/

harrier

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次