MENU
サイト内検索
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

トヨタ 新型 「ハイラックス H2」プロトタイプ MIRAIの第2世代 FCEV パワートレインを搭載 英国にて発表

ハイラックス H2

英国トヨタは新型「ハイラックス」をベースにしたプロトタイプ「ハイラックス H2」を2022年12月2日(現地時間)に発表した。

目次

新型「ハイラックス H2」について

トヨタは、第2世代のMIRAIから供給された水素燃料電池パワートレインを特徴とする新しいハイラックス プロトタイプの開発を発表した。トヨタの最初のFCEV ピックアップは、英国政府からの資金を使用して、技術エンジニアリング パートナーのコンソーシアムによって2023年に英国で製造される予定。このプロジェクトは、英国におけるゼロエミッション車の開発のための政府主導のイニシアチブである Advanced Propulsion Center (APC) の一部です。1,130万ポンド (13.86ドル) の資金は、製品を「概念実証」段階から「プロトタイプ」段階に進める後期のR&Dの費用に充てられる。

ハイラックスをベースとして、チームはディーゼルエンジンとドライブトレインを取り除き、よりクリーンなセットアップに置き換える。燃料電池、電気モーター、水素タンクを含むトヨタの第2世代FCEVシステムは、MIRAIから供給され、ハイラックスをゼロエミッションのピックアップに変換する。

新型 MIRAI 第2世代FCEVシステム について

トヨタはハイラックス H2 の仕様を発表してはいないが、MIRAIのパワートレインは最高出力134kW(182ps)/6,940rpmと最大トルク300Nm/(30.6kgm)/0〜3,267rpm を発生し、テールパイプから水のみがでる。、通常のハイラックスの 2.8 L 4 気筒ターボディーゼル エンジンは、最高出力150kW(204ps) と 最大トルク368 lb-ft (500 Nm) 。「ハイラックス H2 」は 3つの水素タンクによる航続距離は、エアロダイナミクスがはるかに悪く、ピックアップの重量が増加しているため、MIRAIの約750km〜850kmよりも低くなる可能性が高い。

新型「ハイラックス H2」の可能性について

人気のあるピックアップの次世代は、FCEVモデルではあるものの、ある種の電化をミックスにもたらす可能性があります。水素燃料補給ネットワークの制限により、大量生産にはなりそうにありません。それでも、「ハイラックス H2」の実用的なプロトタイプは非常にクールに聞こえ、将来に役立つ可能性がある。最も重要なことは、このプロジェクトにより、関係者が FCEV 技術と車両改造に関する専門知識を開発できるようになることである。今後FCEVが他の車種のベース車両に搭載される可能性もあるだろう。

トヨタ ニュースリリース

https://newsroom.toyota.eu/development-starts-on-prototype-hydrogen-fuel-cell-toyota-hilux/

ハイラックス H2

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー

目次