トヨタ 新型 ライズ スペース ボディサイズ大型化 2024年発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
ライズ

トヨタは「ライズ」をベースにした「ライズベース」を2024年頃に発売する。2022年12月12日に日本の特許庁に「RAIZE SPACE(ライズベース)」申請(商願2022-141247)した。

目次

トヨタ 新型 ライズ スペース について

過去に発売した「スペース」と同じく、大型化を意味していると思われる。「ライズ」は販売が好調であり、2022年のSUVの販売台数では断トツ1位となる83,620台を記録している。OEM元のダイハツの「ロッキー」も22,223台で6位を記録している。

あわせて読みたい
【2022年】SUV 年間販売ランキング ベスト15 自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は2023年1月11日、2022年度の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表した...

トヨタでは「ライズ」の上位に位置するモデルは「ヤリスクロス」であるが、全長4,180mm、全幅1,765mm、全高1,590mm、ホイールベース2,550mmの3ナンバーサイズのSUVであるが、「ライズ」は5ナンバーサイズに収めたコンパクトSUVである。 プラットフォームはダイハツの「DNGAプラットフォーム」を採用。新型タントに続く「DNGA」第2弾となる。全長3,995mm、全幅1,695mm、全高1,620mmと5ナンバーサイズに収めている。

新型 ライズ ハイブリッド ライバル車種について

コンパクトSUVはライバルが非常に多く、トヨタ「C-HR ハイブリッド」日産「キックス e-POWER」ホンダ「ヴェゼル e:HEV」と多くのモデルでハイブリッドモデルがある。そして魅力的な車種ばかりである。ライズが他車種と大きく違いう点はボディサイズである。ライズは唯一の5ナンバーサイズのSUVである。小さいSUVで更に燃費を求める人にはおすすめな1台となるだろう。

サイズライズヤリスクロスC-HR
全長3,995mm4,180mm4,385mm
全幅1,695mm1,765mm1,795mm
全高1,620mm1,590mm1,550mm
ホイール
ベース
2,525mm2,550mm2,640mm

以外にもヤリスクロスとライズはある程度差があるのでもう少しだけ大きなサイズとして「ライズ」の派生は「ライズスペース」を発売する意味はありそうだ。

トヨタ 新型 ライズ スペース 予想スペックについて

予想ではライズよりも全長を伸ばした室内空間にゆとりをもたせながらも5ナンバーサイズに収めたモデルとなりそうだ。

スペック新型ライズスペース
全長4,095mm
全幅1,695mm
全高1,620mm
ホイールベース2,525mm
エンジン1.2L 直列3気筒
エンジン
+モーター
最高出力60kW(82ps)/
5,600rpm
最大トルク105Nm(10.7kgfm)/
3,200-5,200rpm
モーター
最高出力
78kW(106ps)
モーター
最大
トルク
170Nm(17.4kgm)
トランス
ミッション
e-SMART
HYBRID
システム
駆動方式2WD
最小回転半径5.0m
タイヤサイズ195/60R17
WLCTモード燃費27.0km/L
あわせて読みたい
トヨタ 新型 ライズ 一部改良(マイナーチェンジ) ハイブリッド モデル 追加 2021年11月1日発売 トヨタは新型「ライズ」の一部改良(マイナーチェンジ)を行い新たにハイブリッドグレード 「e-SMART HYBRID」 を追加し2021年11月1日に発売する。併せてOEM車、 ダイハ...

過去トヨタが発売した「スペース」は?

トヨタ「ピクシススペース」2014年(平成26年) 4月発売モデルトヨタ初の軽乗用車「ピクシススペース(PIXIS SPACE)」。ダイハツのムーヴコンテのOEM供給を受けて誕生。

ピクシススペース の名前の由来は?

  • ピクシス – 「いたずら好きな小妖精」を意味する英語のpixieからの造語。
  • スペース – トールワゴンの形状に由来。
あわせて読みたい
ダイハツ 新型 ロッキー スペース ボディサイズ大型化 2024年発売 トヨタは「ロッキー」をベースにした「ロッキーベース」を2024年頃に発売する。2022年12月7日に日本の特許庁に「Rocky Space(ロッキーベース)」申請(商願2022-139684...

トヨタ

https://toyota.jp/index.html

トヨタ ライズ

https://toyota.jp/raize/

ライズ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次