MENU

【2024年最新】ディーゼル車はやめとけって本当?購入前に知っておくべき 後悔しないためのデメリットと注意点

toyota landcruiser 70

ディーゼル車はその燃費効率とトルクの強さから、多くの人々に支持されています。しかし、「ディーゼル車はやめとけ」と言われることも少なくありません。この記事では、ディーゼル車を購入する前に知っておくべきデメリットと注意点を詳しく解説します。

ディーゼル車って、燃費が良くて力強いイメージがあるけど、「やめとけ」なんて声も聞く…一体何が本当なの?

「ディーゼル車って、燃費が良くて力強いって聞くけど、実際どうなの?」

「ディーゼル車はやめとけって言う人もいるけど、何かデメリットがあるの?」

こんな疑問をお持ちのあなたへ。

この記事では、 ディーゼル車のメリットだけでなく、デメリットや購入前に知っておくべき注意点 を詳しく解説します。ディーゼル車購入を検討している方は、ぜひこの記事を参考に、後悔のない選択をしてください。

目次

ディーゼル車はやめとけと言われる理由とは?

ディーゼル車には、以下のようなデメリットや注意点があります。

  1. 車両価格が高い: ディーゼル車は、ガソリン車に比べて車両価格が高く、初期費用が大きくなります。
  2. 燃料価格が高い: ガソリンと軽油の価格差は変動しますが、一般的に軽油の方が高価です。
  3. 維持費が高い: エンジンオイルやフィルターなど、ディーゼル車特有の部品交換が必要なため、維持費が高くなる傾向があります。
  4. 騒音や振動が大きい: ガソリン車に比べて、エンジン音が大きく、振動も感じやすいです。
  5. 排ガス規制が厳しい: 環境規制により、排ガス浄化装置の搭載が義務付けられており、故障すると高額な修理費用がかかる場合があります。
  6. 低温時の始動性が悪い: 特に寒冷地では、エンジンがかかりにくいことがあります。
  7. 燃料の品質に注意が必要: 軽油の品質が悪いと、エンジンに悪影響を及ぼす可能性があります。
  8. 中古車価格が下落しやすい: 将来売却する際、ガソリン車に比べて中古車価格が下落しやすい傾向があります。

ディーゼル車「やめとけ」と言われる理由

高額な購入費用

ディーゼルエンジンはガソリンエンジンよりも複雑で、製造コストが高いため、ディーゼル車の価格は一般的にガソリン車よりも高く設定されています。初期投資が大きいため、燃費の良さで差額を取り戻すには長期間の利用が必要です。

メンテナンスコスト

ディーゼル車はエンジン構造が複雑なため、定期的なメンテナンスが重要です。特に、ディーゼルパティキュレートフィルター(DPF)の清掃や交換、エンジンオイルの交換が必要であり、これらのメンテナンスコストはガソリン車に比べて高くなることが多いです。

アドブルー(AdBlue)が必要

ディーゼルエンジンの排気をきれいにするために、アドブルーを活用するエンジンがあります。AdBlue(アドブルー)は、ディーゼルエンジンによる大気汚染を低減させるために使用される尿素SCRシステムにおいて還元剤として用いられる高品位尿素水。車種や走行状況によって異なりますが、1,000km走ると約1L減ります。

価格は10L 約2,000円ぐらいです。

振動と騒音

ディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンに比べて振動と騒音が大きめ。特にアイドリング時や加速時にガラガラ音が気になるという声も。静粛性を重視する方には、ディーゼル車は不向きかもしれません。

エンジン寿命と耐久性

ディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンに比べて頑丈で長持ちすると言われています。しかし、メンテナンスを怠ると、故障のリスクが高まるので注意が必要です。

中古車市場でのディーゼル車

一昔前と比べ、ディーゼル車の人気は低下傾向にあります。そのため、中古車市場でのリセールバリューはガソリン車に劣る可能性があります。

環境規制の強化

世界的に環境規制が厳しくなっているため、ディーゼル車の排出ガス基準も厳格化されています。これにより、ディーゼル車の開発・製造コストがさらに上昇し、新車価格や維持費に影響を及ぼす可能性があります。また、将来的には都市部でのディーゼル車の規制が強化される可能性もあり、利用範囲が制限されることが考えられます。

ディーゼル車の注意点

ディーゼル車を購入する際には、以下の点にも注意が必要です。

走行距離の重要性

ディーゼル車は長距離走行に適しており、短距離走行や都市部での使用が主な場合には、エンジンの劣化やDPFの詰まりが発生しやすくなります。週末ドライバーや通勤距離が短い場合には、ガソリン車やハイブリッド車の方が適しているかもしれません。

ディーゼル 煤(すす)問題

一部の車種ではディーゼルの煤問題がある様子です。

燃料の質

ディーゼルエンジンは高品質な燃料を必要とします。低品質なディーゼル燃料を使用すると、エンジン内部にカーボンが溜まり、性能が低下するだけでなく、修理費用がかさむことになります。信頼できるガソリンスタンドで燃料を購入することが重要です。

冬季の使用

寒冷地では、ディーゼル燃料が凍結するリスクがあります。特に真冬にはエンジンの始動性が低下することがあり、事前の対策が必要です。寒冷地仕様のディーゼル燃料やエンジンブロックヒーターを使用することで、この問題を軽減できます。

ディーゼル車のメンテナンスと修理費用

メンテナンスの注意点

ディーゼル車は、エンジンオイルやフィルターの交換など、ガソリン車に比べてメンテナンスの手間がかかります。また、排気ガス浄化装置の故障は、高額な修理費用につながることも。

修理費用

ディーゼル車は、部品自体が高価なため、修理費用もガソリン車より高額になる傾向があります。

メーカーサポート

ディーゼル車のメンテナンスサポートは、メーカーによって異なります。購入前に、ディーラーのサポート体制をしっかり確認しておきましょう。

ディーゼル車の燃費と燃料費

燃費

ディーゼル車は、ガソリン車よりも燃費が良いのが大きなメリット。特に長距離走行では、その差が顕著に表れます。

軽油の価格

軽油は、ガソリンよりも価格が高い傾向にあります。また、ガソリンスタンドによっては、軽油を取り扱っていない場合もあるので注意が必要です。

燃費を最大限に引き出すには?

エコ運転を心がけることで、ディーゼル車の燃費性能を最大限に引き出すことができます。急加速・急ブレーキを避け、適切なギア選択を心がけましょう。

ディーゼル車を買わない方がいい理由

都市部での環境規制

一部の都市では、ディーゼル車に対する規制が厳しくなっており、将来的に走行が制限される可能性もあります。

税金と自動車保険

ディーゼル車は、ガソリン車に比べて、自動車税や自動車重量税が高くなる可能性があります。

昔は、ディーゼル車の自動車税は通常の自動車よりも15%程度の重課税されていました。しかし、2019年10月からは制度が大きく変わり、2009年3月31日以降に新車新規登録を受けたディーゼル車であれば重課もなく通常の自動車税と同等の税額となっています。

初回新規登録を受けた自家用の乗用車の自動車税の税率表

排気量別の自家用乗用車である普通自動車・ディーゼル車どちらにも適応される自動車税です。

排気量自動車税
660cc10,800円
1,000cc以下25,000円
1,000cc超1,500cc以下30,500円
1,500cc超2,000cc以下36,000円
2,000cc超2,500cc以下43,500円
2,500cc超3,000cc以下50,000円
3,000cc超3,500cc以下57,000円
3,500cc超4,000cc以下65,500円
4,000cc超4,500cc以下75,500円
4,500cc超6,000cc以下87,000円
6,000cc超110,000円
2019年10月以降の自動車税

参考:総務省

クリーンディーゼル車の税制優遇措置

2024年1月以降は、税制優遇措置を受けられる燃費性能の基準が引き上げられ対象車がかなり少ない様子です。

2030年度燃費基準税率
120%達成免税
90%達成免税
80%達成50%軽減
70%達成25%軽減
グリーンディーゼル車の自動車重量税の税率(2024年1月1日~2025年4月30日に取得した場合)
  • ※軽減対象は、2020年度燃費基準達成車に限る
  • ※2018年排出ガス規制適合の自家用乗用車の場合
  • ※ハイブリッド車を含む

参考:経済産業省

あわせて読みたい
【2024年】車の税金種類 「自動車税」や「重量税」「環境性能割」の税額一覧表まとめ 2024年現在、自動車購入したり所有した場合に発生する税金をまとめてみました。購入時にかかる「自動車税」「環境性能割」「自動車重量税」更に「自動車税」は毎年支払...

クリーンディーゼル車

クリーンディーゼル車は、排ガス浄化技術により、環境負荷を低減したディーゼル車です。しかし、それでもガソリン車に比べれば、環境負荷は高いと言えます。

ディーゼル車の耐久性と走行性能

耐久性

ディーゼルエンジンは、高圧縮による負荷に耐えられるよう、頑丈に設計されています。そのため、適切なメンテナンスを行えば、長期間にわたって高い耐久性を発揮します。

長距離ドライブ

ディーゼル車は、トルクが強く、燃費が良いことから、長距離ドライブに最適です。高速道路での安定した走行や、力強い加速を楽しむことができます。

トルクと加速感

ディーゼルエンジンは、低回転域から大きなトルクを発生するため、力強い加速感が特徴です。発進時や追い越し時など、スムーズな加速を体感できます。

人気のディーゼル車

日本市場では、トヨタ ランドクルーザープラドや・70/250/ハイエース・マツダ CX-5、三菱デリカD:5など、SUVを中心にディーゼル車が人気を集めています。

ディーゼル車を選ぶメリットとは?

デメリットだけでなく、ディーゼル車には以下のようなメリットもあります。

  1. 燃費が良い: ガソリン車に比べて燃費が良く、燃料コストを抑えることができます。
  2. トルクが強い: 低回転から力強いトルクを発揮するため、加速性能や牽引力に優れています。
  3. 長距離走行に向いている: 高速道路などでの長距離走行では、ディーゼル車の燃費の良さが活かされます。
  4. 燃料の安定供給: 災害時など、ガソリンよりも軽油の方が安定的に供給される可能性があります。

ディーゼル車を購入する前に確認すべきこと

ディーゼル車の購入を検討する際は、以下の点を確認しましょう。

  1. 年間走行距離: 年間走行距離が短い場合は、燃料コストのメリットが少なく、車両価格や維持費の高さから、ガソリン車の方がお得な場合があります。
  2. 使用環境: 寒冷地で使用する場合、低温時の始動性の悪さに注意が必要です。また、排ガス規制が厳しい地域では、規制に対応した車種を選ぶ必要があります。
  3. 予算: 車両価格だけでなく、維持費や燃料費も考慮して、予算内で無理なく購入できる車種を選びましょう。
  4. 試乗: 実際にディーゼル車に試乗し、騒音や振動、運転の感覚などを確認しましょう。

まとめ

ディーゼル車には、メリットとデメリットの両方があります。

ディーゼル車には多くのメリットがありますが、「ディーゼル車はやめとけ」と言われる理由も理解することが重要です。購入前に高額な初期費用、メンテナンスコスト、環境規制の強化などのデメリットをしっかりと把握し、自分のライフスタイルや走行環境に適しているかどうかを慎重に判断する必要があります。

購入を検討する際は、この記事で解説した注意点や確認事項を参考に、自分のライフスタイルや使用環境に合った車種を選びましょう。ディーゼル車のメリットを最大限に活かせる方にとっては、魅力的な選択肢となるはずです。

この記事が、あなたの車選びの一助となれば幸いです。

toyota landcruiser 70

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次