MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

新型 カローラクロス マイナーチェンジ 2025年4月発売 エクステリア デザイン変更!

当ページのリンクには広告が含まれています。
2025-toyota-new-corolla-cross

トヨタの新型「カローラクロス」が初のマイナーチェンジを実施し、2025年4月頃に発売する予定です。2023年10月13日の一部改良から何が変わったのか、一体どんなモデルになるのかを詳しく説明いたします。

目次

カローラクロス 初のマイナーチェンジはいつ?

「カローラクロス」は、最初にタイで2020年7月に発売され、早くも約3年半後の2024年2月8日にマイナーチェンジが行われました。

一足早いタイのサイクルから考えると、「カローラクロス」の日本モデルは2021年9月14日に発売されましたが、3年半後の2025年ごろに日本モデルもマイナーチェンジされる可能性が高いでしょう。

ちなみに、最近、カローラクロスがマイナーチェンジしたかという質問をよくいただきますが、実際には2023年10月18日に行われたのは一部改良であり、マイナーチェンジではありません。

トヨタ 新型 カローラクロス マイナーチェンジ 2025年モデル について

「カローラクロス」のマイナーチェンジでは、エクステリアデザインの変更、フロントバンパーのデザインを変更、新しいデザインとなることで高級感がアップします。アルミホイールデザイン変更、ヘッドライトのデザインを変更、更にアダプティブハイビームアシストを採用します。

さらに、GRスポーツグレードを追加すると言われています。海外では台湾などで発売されています。

インテリアでは内装色に新色を追加、更にシートベンチレーションがついに採用されると予想されています。

  • エクステリアのデザイン変更
  • ヘッドライト変更、アダプティブハイビームアシストを採用
  • インテリアは新しいインテリア色を追加
  • GRスポーツ グレードを追加
  • 最新の安全装備にアップデート。

タイ トヨタ 新型「カローラクロス」マイナーチェンジモデル

以前のタイの「カローラクロス」と日本モデルでは、ベースは同じでもフロントフェイスが全く異なっていました。しかし、2024年のマイナーチェンジでは、日本モデルのフロントフェイスに近づけつつも、進化させたデザインが採用されました。

このようなレクサス風のデザインが取り入れられているなら、日本モデルと共通のデザインを採用する可能性も考えられますね。共通のデザインを採用することで、ブランド全体の一貫性を持たせることができるでしょう。

レクサスの「RX」に採用されたスピンドルボディのハニカムメッシュのグリル形状は、メッシュの違いはあれど、似た要素を感じるかもしれませんね。さらに、トヨタのクラウンエステートも似ています。同様のマイナーチェンジがあるなら、日本モデルには以下のような変更点がありそうですね。

トヨタ タイ向け 新型「カローラクロス」デザイン変更 エクステリア

今回、タイで発表された「カローラクロス」は、日本や他の国のモデルとは異なるデザインが採用されました。

日本モデルのカローラクロス

タイモデルのカローラクロス

トヨタ タイ向け 新型「カローラクロス」インテリア

インテリアでは、日本モデルにはない「DARK ROSE(ダークローズ)」という内装色が採用されていますね。これは興味深い選択ですね。

トヨタ カローラクロス 2025年モデル スペック について

基本的なスペックに変更はないと予想しています。2023年にエンジンを変更したばかりなので、変更は今回は入れてこないと予想されます。

スクロールできます
スペックカローラクロス
ハイブリッド
カローラクロス
全長4,490mm4,490mm
全幅1,825mm1,825mm
全高1,620mm1,620mm
ホイールベース2,640mm2,640mm
エンジン直4 DOHC 1.8L+
モーター
(リダクション機構付き
シリーズパラレル
ハイブリッド)
2.0L直噴
直列4気筒エンジン
「Dynamic
Force Engine」
最高出力72kW(98ps)/
5,200rpm
125kW(170ps)/
6,600rpm
最大トルク142Nm(14.5kgm)/
3,600rpm
202Nm(20.6kgm)/
4,900rpm
フロントモーター
最大出力
70kW(95ps)
フロントモーター
最大トルク
185Nm(18.9kgfm)
リアモーター
最大出力
30kW(41ps)
リアモーター
最大トルク
84Nm(8.6kgfm)
システム出力103kW(140ps)
トランス
ミッション
無段階変速機Direct Shift-CVT
最小回転半径5.2m5.2m
乗車定員5名5名
WLTCモード
燃費
26.4km/L(2WD)
24.5km/L(4WD)
16.6km/L

トヨタ カローラクロス 2025年モデル 価格 グレード の変更点

GRスポーツが、新たに追加されます。さらに価格改定が行われ、現行価格よりもアップすることが予想されます。

トヨタ カローラクロス 2024年 現時点の価格

スクロールできます
グレードエンジントランス
ミッション
駆動
方式
定員新価格
(10%)
G“X”1.8L 直列4気筒
DOHCエンジン
Super CVT-i2WD5名2,184,000円
G2WD2,410,000円
Z2WD2,900,000円
HYBRID
G
直列4気筒DOHC 1.8L
+モーター(THSⅡ)
電気式
無段変速機
2WD2,760,000円
4WD
(E-Four)
2,969,000円
HYBRID
S
2WD2,980,000円
4WD
(E-Four)
3,189,000円
HYBRID
Z
2WD3,250,000円
4WD
(E-Four)
3,459,000円
あわせて読みたい
【2024年最新】トヨタ 新型 カローラクロス おすすめグレードは? ハイブリッド か ガソリンどちらを選ぶ? 今回は、新型カローラクロスのおすすめグレードについて詳しくご紹介します。カタログを見ても分かりにくい方や、購入を検討していて悩んでいる方にとって参考になる情...

トヨタ カローラクロス とは

Toyota Corolla Cross
カローラクロス

世界的なSUV人気に応え、カローラシリーズ初のSUVとして誕生したカローラクロスは、C-HRとRAV4の中間に位置し、実用性を重視したモデルです。多人数乗車や多量の荷物積載に対応できるよう開発され、広々としたラゲージスペースを備えています。「TNGAプラットフォーム(GA-C)」を採用、上質な走りと快適な乗り心地、静粛性を実現しています。

Toyota Corolla Cross
カローラクロス TNGAプラットフォーム(GA-C)

ボディサイズは全長4,490mm、全幅1,825mm、全高1,620mm、ホイールベース2,640mmとし、都会にも映える洗練されたデザインは、SUVらしい力強さと都会的な上質感を融合させ、様々なシーンでその魅力を引き立てます。シンプルながらも上質なインテリアは、大きな窓ガラスによる開放感と良好な視界が特徴です。オプションのパノラマルーフを選べば、さらに開放的な空間を満喫できます。カローラクロスは、街乗りからアウトドアまで、幅広いシーンで活躍する多機能SUVであり、アクティブなライフスタイルを送る方に最適です。

2021年9月の日本発売以来、その人気は衰えることなく、カローラシリーズの新たな歴史を刻んでいます。「あなたの個性で完成する。PEOPLE DRIVEN SUV」というキャッチコピーの通り、ドライバーそれぞれのライフスタイルに合わせて、様々な楽しみ方ができる一台です。

トヨタ カローラクロス 2023年モデル 大幅改良について

トヨタはクロスオーバーSUVモデルの「カローラクロス」に一部改良を行い、2023年10月18日に発売しました。今回の改良では、2022年10月3日に行われた「カローラ / カローラツーリング」の一部改良と同様の変更を行い、大幅な改良となりました。

  1. エクステリアはブラックルーフ2トーンカラーを設定。新色に「マッシブグレー」を設定。
  2. メーターディスプレイを上級グレードは7インチから12.3インチTFTディスプレイを採用する。
  3. ディスプレイオーディオは大型化。「7インチディスプレイオーディオ」を廃止。「8インチディスプレイオーディオ」と「10.5インチディスプレイオーディオプラス(オプション)」。車内Wi-Fiを設定。
  4. ナビゲーションシステムを変更。新型「ノア・ヴォクシー」などに採用されている「コネクティッドナビ」に変更される。
  5. 先進機能を付与し機能を向上させた最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を搭載。
  6. エンジンラインナップを変更。低燃費・高出力を実現する2.0Lダイナミックフォースエンジンに変更。
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。

トヨタ カローラクロス の変更点

エンジンのラインナップが変更され、従来の「直列4気筒DOHC 1.2L 直噴ターボ」と「1.8L 直列4気筒 DOHCエンジン」が廃止されました。代わりに新たに「直列4気筒 2.0L 直噴 ダイナミックフォースエンジン M20A型」が導入され、これに発進用ギヤ付きの「Direct Shift-CVT」が組み合わされます。この新型エンジンは、高速燃焼技術や可変制御システムの採用に加えて、排気や冷却、機械作動時などのエネルギーロスを少なくすることで熱効率を向上させ、高出力を実現します。

ガソリンエンジン 変更

スペック旧型カローラクロス新型カローラクロス
エンジン1.8L 直列4気筒
DOHCエンジン
2.0L直噴 直列4気筒エンジン
「Dynamic Force Engine」
最高出力103kW (140PS)/
6,200rpm
125kW(170ps)/
6,600rpm
最大トルク172Nm (17.5kgm)/
4,000rpm
202Nm(20.6kgf・m)/
4,900rpm
トランスミッションSuper CVT-iDirect Shift-CVT
駆動方式2WD2WD
WLTCモード
燃費
14.4km/L16.6km/L

ハイブリッドエンジン 変更

第5世代ハイブリッドシステムでは、改良型直列4気筒DOHC 1.8L エンジン「2ZR-FXE」とモーターを組み合わせたリダクション機構付きのシリーズパラレルハイブリッドが採用されています。新型では、フロントモーターとリアモーターが大幅に強化され、フロントのモーターは最高出力が53kW(72ps)から70kW(95PS)に、最大トルクが163Nm(16.6kgm)から185Nm(18.9kgfm)に向上しました。同様に、リアモーターも最高出力が5.3kW(7.2ps)から30kW(41PS)、最大トルクが55Nm(5.6kgm)から84Nm(8.6kgfm)に強化されました。これにより、システム出力は90kW(122ps)から103kW(140ps)に向上します。さらに、E-Four(4WD)も採用され、より高性能な駆動システムが実現されました。

スペック旧型カローラクロス
ハイブリッド
新型 カローラクロス
ハイブリッド
エンジン直4 DOHC 1.8L+
モーター(THSⅡ)
直4 DOHC 1.8L+
モーター
(リダクション機構付き
シリーズパラレル
ハイブリッド)
最高出力72kW(98ps)/
5,200rpm
72kW(98ps)/
5,200rpm
最大トルク142Nm(14.5kgm)/
3,600rpm
142Nm(14.5kgm)/
3,600rpm
フロントモーター
最大出力
53kW(72ps)70kW(95PS)
フロントモーター
最大トルク
163Nm(16.6kgm)185Nm(18.9kgfm)
リアモーター
最大出力
5.3kW(7.2ps)30kW(41PS)
リアモーター
最大トルク
55Nm(5.6kgm)84Nm(8.6kgfm)
システム出力90kW(122ps)103kW(140ps)
駆動方式2WD
E-Four(4WD)
2WD
E-Four(4WD)
WLTCモード
燃費
26.2km/L(2WD)
24.2km/L(4WD)
26.4km/L(2WD)
24.5km/L(4WD)
価格2,590,000円~
3,199,000円
2,760,000円~
3,459,000円
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
トヨタ 新型カローラクロス ハイブリッド か ガソリンどちらを選ぶ?

トヨタ カローラクロス 2023年モデル 大幅改良の インテリア 変更点

メーターパネルは、7インチから12.3インチのTFTディスプレイを採用し、「フル液晶デジタルメーター」となります。これに伴い、「7インチディスプレイオーディオ」が廃止され、「8インチディスプレイオーディオ」と「10.5インチディスプレイオーディオプラス(オプション)」が導入されます。さらに、ナビゲーションシステムも変更され、新型「ノア・ヴォクシー」などで採用されている「コネクティッドナビ」やApple CarPlay、Android Autoが利用可能になります。USB-C充電ポートが追加され、メーターデザインも変更されます。「CD/DVD」デッキは廃止されます。

スマートフォンを意識したUIが採用されていますが、使いやすさには少し難があるようですね。また、ナビゲーションの最終案内も満足のいくものではなかったようです。しかし、今後のバージョンアップによる改善を期待できると思います。ユーザーのフィードバックを受けて、より使いやすく、使い勝手の良いシステムに進化していくことを期待しましょう。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
トヨタのクルマは全てフル液晶デジタルメーター搭載車になるかもしれない

トヨタ カローラクロス 2023年モデル 大幅改良の 安全装備 変更点

次世代の「Toyota Safety Sense」が全車標準搭載され、システムセンサーによる機能が強化されました。「低速時加速抑制機能」や「交差点右折時の対向直進車、歩行者検知」、さらに「緊急時操舵回避支援機能」が追加されました。「ドライバー異常時対応システム」も採用され、安全性が一段と向上します。「レーダークルーズコントロール」にはカーブ速度抑制機能も追加され、より快適なドライブが期待できます。

トヨタ カローラクロス 2023年モデル 大幅改良 装備比較

システム装備旧型カローラクロス新型カローラクロス
Toyota
Safety
Sense
衝突回避支援型
プリクラッシュ
セーフティ

昼・夜間歩行者
自転車

昼・夜間歩行者
自転車・自動二輪車
プロアクティブ
ドライビングアシスト
レーンディパーチャー
アラート
(ステアリング
制御機能付)

ステアリング制御
白線/黄線 検出
道路端 検出
ふらつき警報

ステアリング制御
白線/黄線 検出
道路端 検出
ふらつき警報
アダプティブ
ハイビームシステム
レーダークルーズ
コントロール
(全車速追従機能付)
カーブ速度抑制機能
レーント
レーシングアシスト
ロードサインアシスト
ドライバー
異常時対応システム
先行車発進告知
予防
安全
装備
ブラインドスポット
モニター
安心降車アシスト
(SEA)
インテリジェント
クリアランスソナー
ドライブスタート
コントロール
ヒルスタート
アシストコントロール
パノラミックビュー
モニター
Advanced Drive
快適
装備
快適温熱シート
ITS Connect
ヘルプネット
電動パーキングブレーキ
&ホールド
パワーシート
マイコンプリセット
ドライビングポジション
システム
ナビレス
トヨタ ディスプレイ
オーディオ
車載通信機(DCM)
デジタルインナーミラー
デジタルキー

編集部から一言

カローラクロスは年々改良を重ね、魅力的なモデルとして進化しています。その装備やデザインはクラスを超え、トヨタ車の中でも特にお買い得なモデルです。カローラシリーズらしい、さすがの一言ですね。今回のマイナーチェンジではエクステリアデザインが変更される見込みで、さらに魅力的な商品になるでしょう。そのため、人気が高まり、納期がさらに延びる可能性もあります。情報は随時更新しますので、早めの購入を検討される際にはチェックしていただければと思います。

参考

よく一緒に読まれている記事

»カローラクロスの値引き情報 New!

»カローラクロスの納期情報 New!

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/39926142.html

カローラクロス

https://toyota.jp/corollacross/

トヨタ

https://www.toyota.com/

タイ トヨタ カローラクロス

https://www.toyota.co.th/model/corollacross/

2025-toyota-new-corolla-cross

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次