ホンダ 新型 CR-V マイナーチェンジ 欧州発売開始!! エキサイティング Hデザイン採用

ホンダ

ホンダが新型となるCR-Vの販売を欧州から開始した。

新型 CR-V マイナーチェンジについて

今回は現行の第4世代となる2011年から生産されているモデルのマイナーチェンジである。「EXCITING H DESIGN!!!(エキサイティング H デザイン!!!)」がやはり採用されている。

変更点などは以下の通り。

①LEDのデイタイムランニングライト付きの新しいヘッドライト

②クロームバー

③ハニカムメッシュを備えたフロントグリル

④クローム仕立てのハウジングを持つフォグランプが特徴的なバンパーなどでフロントのデザイン

⑤新デザインアルミホイールなど

⑥新しいエンジンのラインナップ

⑦先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を搭載

などの変更点がある。

新型 CR-V マイナーチェンジ エンジンについて

また、エンジンは現在の2.4L 4気筒ターボディーゼル 最高出力185psも従来からラインナップされており、新しい1.6L 4気筒ターボディーゼルユニット 最高出力158psを採用する。マニュアルトランスミッションモデル。オプションの9速オートマチックトランスミッションモデルも選択できる。1.6L 4気筒ターボディーゼルユニット 最高出力118ps、119g/kmから117g/kgにCO2排出量を低減している。また、遅れてになるがハイブリッドモデルも今後出る予定もあるようだ。

cr-v_567891234.jpg

cr-v_567891235.jpg

cr-v_567891236.jpg

cr-v_567891237.jpg

cr-v_567891238.jpg

EXCITING H DESIGN!!!(エキサイティング H デザイン!!!)について

新型フィットから採用されている。

concept_h_01.jpg

エクステリアデザイン

●High Tech.

Hondaの新しいデザインアイデンティティーである「ソリッド・ウイング・フェース」を採用。Hondaの象徴である「H」マークを中心に、フロントグリルからヘッドライトまでを一つのつながりとして、先進感のあるデザインを創造します。

●High Tension

鍛え抜かれた美しいプロポーションの「アスリートフォルム」で、緊張感のある面構成を具現化します。

●High Touch

思わず触りたくなるような、人の心を惹きつける練り込まれた造形の「ドラマチックサーフェース」を目指します。

○先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を搭載

Honda SENSINGは、フロントグリル内に設置したミリ波レーダーとフロントウインドウ内上部に設置した単眼カメラによる高精度な検知機能でクルマの前方の状況を認識することで、安心・快適な運転や事故回避を支援する先進のシステムです。

新型 CR-V マイナーチェンジ Honda SENSINGについて

【Honda SENSINGの多彩な機能】

・衝突軽減ブレーキ<CMBS>

・誤発進抑制機能

・先行車発進お知らせ機能

・標識認識機能

・LKAS<車線維持支援システム>

・路外逸脱抑制機能

・ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)

日本でもマイナーチェンジが行われ、2015年のうちにはリリースされる可能性が高そうだ。

新型 CR-V マイナーチェンジ スペックについて

スペック 新型 CR-V
全長 4,435mm
全幅 1,820mm
全高 1,685mm
ホイールベース 2,620mm
エンジン 直4DOHC 1.6L ディーゼルターボ
最高出力 158ps/6400rpm
タイヤ 215/70R16
トランスミッション 9AT

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース

https://automobiles.honda.com/cr-v

ニュースリリース

https://www.honda.co.jp/news/2013/4130905.html

ホンダ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました