ルノー 新型 タリスマン プラットフォームには日産と共同開発 新しいセダンとして発表

Renault Talisman ルノー

ルノーは新型となるタリスマン(Talisman)を2015年7月6日に発表した。新型タリスマンはラティテュードとラグナの後継モデルとなる。更に新型となるステーションワゴンモデルのタリスマン・エステート(Renault Talisman Estate)の概要を発表した。

新型 タリスマンについて

新型タリスマンのボディサイズは全長:4,850mm、全幅:1,870mm、全高:1,460mm、ホイールベース:2,810mm。プラットフォームには日産と共同開発したという。トランクルーム容量は608Lを確保、60:40分割可倒式のリアシート、B0SEサラウンドサウンドシステムを搭載(13個ラウドスピーカー)、6つのシートポジションメモリーマッサージ機能、4.2インチまたは8.7インチのタッチスクリーンディスプレイ。

2種のターボエンジンTCe 150とTCe 200。3種のターボディーゼルエンジン dCi 110とdC130とdCi 160ツインターボディーゼルエンジン。気になる発売日だが、欧州で2015年11月頃発売だと言われている、日本では発売予定はない。

Renault TALISMAN in Douai plant | Groupe Renault
Alain Prost's Renault TALISMAN test-drive | Groupe Renault

ソース

https://www.carscoops.com/2015/07/the-new-renault-talisman-is-out-and-its/

ルノー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020