トヨタ 新型 エスティマ / エスティマハイブリッド ビックマイナーチェンジ キーンルックを採用 2016年6月6日発売

トヨタ

トヨタは新型エスティマのビックマイナーチェンジを2016年6月6日に発表し発売した。

エスティマについて

エスティマは1代目以降天才タマゴと言われ、卵型のデザインを維持しつつ素晴らしい形を維持しているが現行の3代目がデビューは2006年と、9年もモデルチェンジしないで人気が維持できている自動車もかなり珍しい。2016年となる10年目にしてフルモデルチェンジではなくビックマイナーチェンジと更に珍しいことを計画中である。

新型エスティマ マイナーチェンジについて

トヨタはフロントフェイスに「キーンルック」と呼ぶ独自のデザインを色々な車種に採用している。オーリスヴィッツアベンシスSAIカムリ同様新型エスティマもイカツイ顔つきとなる。

新型エスティマ マイナーチェンジ エクステリアについて

「キーンルック」デザインに改められ、エンジンフードからラジエーターグリル、バンパー、フェンダーまでのフロントデザインを一新。LEDクリアランスランプと組み合わせた「Bi-Beam LEDヘッドランプ」デイライト機能付のLEDアクセサリーランプを装備を全車で標準装備。ポジションランプをLED、化立体的に造形した赤基調のリアのコンビランプデザイン変更。ボディカラーに、ブラックルーフと組み合わせたツートーン仕様3色をオプション設定。新しく設定したレッドマイカメタリック、ダークシェリーマイカメタリック、スパークリングブラックパールクリスタルシャインを含む全10色を用意。小さなすり傷を自己修復するクリア塗装「セルフリストアリングコート」を全ボディカラーに採用。

新型エスティマ マイナーチェンジ インテリアについて

合成皮革をあしらったインストルメントパネルにアクセントステッチの加飾。新デザインのオプティトロンメーターにより、視認性を確保。マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)を標準装備。センタークラスターに、直感的操作が可能な静電式スイッチを採用。天井、ピラーを含め内装色をブラックで統一、グレードごとにシートカラ―を設定。新規設定色のホワイトに防汚処理加工を採用し、汚れを防止。滑らかな触り心地のブランノーブ(ヌバック調ファブリック)をシート表皮に新採用。

新型エスティマ マイナーチェンジ ボディカラーについて

ブラック×レッドマイカメタリック2NN

ブラック×ダークシェリーマイカメタリック2PM

ブラック×アイスチタニウムマイカメタリック2PL

ホワイトパールクリスタルシャイン070

シルバーメタリック1F7

アイスチタニウムマイカメタリック1H4

ブラック202

スパークリングブラックパールクリスタルシャイン220

レッドマイカメタリック3R3

ダークシェリーマイカメタリック4W4

トヨタの先進安全技術「Toyota Safety Sense C」標準装備

トヨタの先進安全技術Toyota Safety Sense C:トヨタ・セーフティ・センス C」も標準装備で導入される。衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームをセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を全車標準装備。レーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせ、異なる2つのセンサーで高い認識性能と信頼性を両立し、多面的な安全運転支援が可能だ。

上質な乗り心地と操縦安定性の確保

コイルスプリングをはじめとしたサスペンションのチューニング最適化などにより、操縦安定性の確保に加え、さらなる上質な乗り心地を実現。リヤコンビネーションランプにエアロスタビライジングフィンを採用することで空力性能を高め、車両の優れた走行安定性確保に寄与。フロントパフォーマンスダンパーの設定により、走行中のボディに発生する小さなたわみや微振動を速やかに吸収し、よりシャープなハンドリングを実現。また、 2GR-FE型3.5L V6 DOHCモデルをビックマイナーチェンジの際に廃止をする。グレードは「アエラス」に一本化される。

新型エスティマ マイナーチェンジ エンジンについて

エンジン:2AZ-FE型 2.4L 直4 DOHC

最高出力:170ps/6,000rpm

最大トルク:22.8kgm/4,000rpm

トランスミッション:Super CVT-i

JC08モード燃費:11.4km/L

エンジン:2AZ-FXE型 リダクション機構付のTHSⅡ 2.4L 直4 DOHC+モーター

+E-Four(電気式4輪駆動)

最高出力:150ps/6,000rpm

最大トルク:19.4kgm/4,000rpm

フロントモーター最高出力:143ps

フロントモーター最大トルク:27.5kgm

リアモーター最高出力:68ps

リアモーター最大トルク:13.3kgm

JC08モード燃費:18km/L

新型エスティマ マイナーチェンジ グレード価格について

アエラス 2WD 331万円 4WD 351万円

アエラスプレミアム 2WD 340万円 4WD 360万円

アエラススマート 2WD 351万円 4WD 371万円

アエラスプレミアムG 2WD 370万円 4WD 390万円

アエラスハイブリッド 435万円〜

アエラスプレミアムハイブリッド 439万円〜

アエラススマートハイブリッド 453万円〜

アエラスプレミアムGハイブリッド 492万円〜

グレード:アエラス/アエラスハイブリッドのみ8人乗り、その他グレードは7人乗り。

新型エスティマ マイナーチェンジ スペックについて

スペック 新型 エスティマ アエラス
全長 4,815mm
全幅 1,820mm
全高 1,745mm
ホイールベース 2,950mm
エンジン 2.4L 直4 DOHC エンジン
最高出力 170ps/6,000rpm
最大トルク 22.8kgm/4,000rpm
JC08モード燃費 11.4km/L
価格 315〜450万円

2016年4月末から各販売店に価格などがおり、5月7日より事前予約が可能になる。

estima_new_939581.jpg

estima_new_939583.jpg

estima_new_939586.jpg

estima_new_939585.jpg

estima_new_939587.jpg

estima_new_939582.jpg

estima_new_939584.jpg

20160606163506752.jpeg

20160606163515f90.jpeg

20160606163553d37.jpeg

20160606163521f77.jpeg

2016060616351276f.jpeg

estima_new_939560.jpg

201606061635196be.jpeg

2016060616351276f.jpeg

estima_new_939588.jpg

estima_new_939589.jpg

estima_new_939590.jpg

estima_new_939591.jpg

フロントパフォーマンスダンパーの設定により、走行中のボディに発生する小さなたわみや微振動を速やかに吸収し、

よりシャープなハンドリングを実現

estima_032.png

現行エスティマ

sai_2.jpg

新型SAI

camry_301.jpg

新型アベンシス

auris_567700.jpg

新型オーリス

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/detail/12295225/

トヨタ

https://toyota.jp/estima/

トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました