メルセデス・ベンツ 新型 GLA ビックマイナーチェンジ 日本 2023年6月発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

メルセデスベンツはコンパクトクロスオーバーSUV「GLA」のビックマイナーチェンジを行い日本モデルは2023年6月頃を予定している。既にテストカーの走行が行われておりスパイショットの撮影もされている。「GLA」のフルモデルチェンジは日本では2020年6月25日発売した。

目次

メルセデス・ベンツ 新型 GLA マイナーチェンジ について

エクステリアはデザインを変更しフロントバンパー、フロントグリル、ヘッドライト、テールライトを変更する。一足先にベースとなる「Aクラス」はビックマイナーチェンジを果たしている。

インテリアは質感をアップし7インチのデジタル インストルメント クラスターと10.25インチのインフォテインメント ディスプレイが標準装備、オプションでデュアル 10.25インチのディスプレイを利用できる。また、新しい平底ステアリング ホイール、MBUXシステム用のロータリーコントローラーのない簡素化されたセンター コンソール、およびタービンにヒントを得たエアベント。MBUX システムもこれまで以上に進化しており、指紋センサー、追加の USB-Cポート、Hey Mercedes 音声アシスタントの改善が組み込まれています。ドライバー アシスタンス パッケージも改善され、新しいパーキング パッケージは縦方向の駐車と 360度のサラウンドビューをサポート。

あわせて読みたい
メルセデス・ベンツ 新型 Aクラス ビックマイナーチェンジ 2022年10月5日発表 メルセデス・ベンツは「Aクラス」のビックマイナーチェンジ(2023年モデル)を行い、2022年10月5日(現地時間)発表した。 【新型 Aクラス ビックマイナーチェンジにつ...

メルセデスベンツ 新型GLAについて

2代目、新型GLAは新型Aクラス同様にルノー日産とダイムラー共同開発の新前輪駆動プラットフォーム、「MFAⅡプラットフォーム」FF/AWDを採用し軽量化と剛性のupする。 更にルール形状を改めリアのヘッドスペースを拡大し、リアドアの開口部を広げるなど、快適性や使い勝手を改善する。新しいGLAは全長4,410mm、全幅1,834mm、全高1,611mm、ホイールベース2,729mmとなる。ホイールベースは30mm大きくなり、全長は14 mm短く、全幅は30mm広く、全高は104 mm高くなっている。後部の足元は116 mmも伸びた。

スペック新型GLA旧型GLA
(日本モデル)
全長4,415mm4,430mm
全幅1,835mm1,805mm
全高1,620mm1,505-1,510mm
ホイールベース2,730mm2,700mm

旧型に比べデザインは伸びやかにフロントとリアまで曲線的につなぐルーフラインとなり、車体全体が低くスポーティに感じられ、少し下に乗っているような感覚となるだろう。新型Aクラスのエクステリアは、メルセデス・ベンツのデザイン思想「Sensual Purity (官能的純粋性)」をさらに一歩進め、コンパクトな2ボックスデザインをベースにサイズ やプロポーションを最適化しました。エンジンラインナップも一新され、インフォテイメントシステム10.25インチディスプレイ「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」を標準搭載。運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」をはじめとする安全運転支援システム「インテリジェントドライブ」の設定する。「Car Wash function」を搭載。

メルセデスベンツ 新型GLA AI(人工知能)搭載インフォテイメントシステム MBUXを標準装備

インフォテイメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」はダッシュボードの上に浮かんでいるように見える2つの画面は「トレンチ」で分けられており。選択されたモデルおよび機器に応じて、3つのバージョンで利用可能。ステアリングのボタンを押したり直接パネルをタッチする、または音声アシスタントの「LINGUATRONIC」に「ヘイ、メルセデス」と呼びかけることで操作が可能。ベースのトリムには7インチ(17.78cm)のスクリーンが2つ高級モデルには7インチと10.25インチ(26cm)または10.25インチのディスプレイが2つ。最大解像度は1920×720ピクセル、スクリーンに結合ガラス技術を使用する。タッチスクリーンによる操作のほか、メカニカルなタッチコントロールボタンやタッチパッドからも操作ができる。

メルセデスベンツ 新型GLA エンジンラインナップについて

スペックGLA200d 4MATIC
エンジン直列4気筒2.0L
ターボディーゼルエンジン
最大出力150PS(110kW)
最大トルク320Nm
トランスミッション8速DCT
駆動方式4WD(4MATIC)
WLTCモード燃費16.5km/L
価格502万円

メルセデスベンツ 新型「GLA180」を追加

オールアルミニウム製の直列4気筒1.4Lターボエンジン(M 282)を搭載する新しいエントリーモデル。、超小型、軽量、優れた動・静剛性が特徴。の高圧縮比 4 気筒エンジンは、ノイズの低減に力を注ぎました。吸気ダクトにヘルムホルツ共鳴器を採用、触媒コンバーターには遮音シールを施したほか、カバーもノイズ低減の役目を持たせている。

スペックGLA180
全長4,415mm
全幅1,835mm
全高1,620mm
ホイールベース2,730mm
エンジン1.4L 直列4気筒
直列4気筒
ターボチャージャー付
最大出力100kW(136PS)/
5,500rpm
最大トルク200Nm/
1,460~4,000rpm
トランスミッション電子制御7速AT
(7G-DCT)
駆動方式4WD(4MATIC)
WLTCモード燃費15.5km/L
価格495万円
あわせて読みたい
メルセデス・ベンツ 新型 GLA 180 2代目 日本 2021年4月5日発表 メルセデスベンツはコンパクトクロスオーバーSUV「GLA」のフルモデルチェンジを行い日本では2020年6月25日発売した。新モデルとなる「GLA180」の日本2021年4月5日発表し...

メルセデス・ベンツ 新型 Aクラス フルモデルチェンジ MBUX インフォテイメントシステム標準装備 日本2018年10月18日発表

あわせて読みたい
メルセデス・ベンツ 新型 Aクラス フルモデルチェンジ MBUX インフォテイメントシステム標準装備 日本2... メルセデス・ベンツは新型Aクラスのフルモデルチェンジを行い、日本では2018年10月18日に発表し発売した。新型Aクラス発表を記念した500台特別仕様車「A 180 Edition1」...

GLA

https://media.mercedes-benz.com/gla

https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/gla/gla-suv/explore.html

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次