トヨタ 新型 パッソ フルモデルチェンジ パッソモーダ 新1.0L 直3 DOHC エンジン搭載 2016年4月12日発売

トヨタ

トヨタは新型パッソのフルモデルチェンジを行い2016年4月12日に発売した。新型パッソが発売されると同時に新型ブーンも発売される。

新型 パッソ フルモデルチェンジについて

今回からダイハツによって企画・開発から生産までを一括して担いトヨタに対して供給するOEM車となっている。現行パッソは2代目で2010年2月15日から販売を開始。2014年4月14日にマイナーチェンジを行い、トヨタとダイハツで共同開発した新1Lエンジンを搭載しJC08モード燃費を6.4km/L向上(21.2km/L → 27.6km/L)そして今回の3代目のフルモデルチェンジではサイズなどは現行を維持。丸5年でのフルモデルチェンジを果たすこととなる。現行は1.0L 直列3気筒DOHCと1.3L 直列4気筒DOHCモデルがあるが1.0Lモデルのみとなる。+Hanaモデルが廃止となり、代わりにパッソモーダという新モデルが登場。サイズなどは変更はないが、ホイールベースを50mm伸ばすことで後部座席の位置をズラし居住性をアップ足元空間は、75mm拡大させる!!

新型 パッソ フルモデルチェンジ 装備について

新型パッソモーダは現行シエンタのような見た目となり言わばパッソの上級モデルである。新型プリウス新型シエンタなどのヘットライトにも採用されたBi-Beam LEDヘッドライトを採用。ヘッドライトユニットは1眼でハイビームとロービームを使い分ける更に、シャープな印象を与えるLEDクリアランスランプを組み合わせて採用した。LEDリヤコンビネーションランプも採用された。現在のラインアップでは今では当たり前となりはじめている、先進技術を取り入れる。トヨタの先進技術といえば、「Toyota Safety Sense」であるが、パッソは設計および開発・生産をダイハツが行っているため「スマートアシストⅡ」が採用されると思われる。(レーザーセンサーとソナーセンサーに加えてカメラを搭載。)スマートアシストIIはJNCPN予防安全評価最高ランク獲得している。

新型 パッソ フルモデルチェンジ スマートアシストⅡ採用

・衝突警報機能(対歩行者)

約4~50km/h で走行中、前方に歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合に、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告。

・車線逸脱警報機能

約60km/h 以上で走行中に、ウィンカーを出さずに、走行している車線から車両がはみ出しそうになると、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告。

<性能向上>

・衝突回避支援ブレーキ機能

従来は、約4~30km/h で走行中に前方車両を認識し、衝突の危険性が高まった場合に、緊急ブレーキが作動することで、被害軽減や衝突回避を支援今回は、約4~50km/h で走行中に前方車両を認識し、衝突の危険性が高まった場合に、緊急ブレーキが作動し、被害軽減や衝突回避を支援。

・衝突警報機能(対車両)

従来は約4~30km/h で走行中に前方の車両を認識していたが、スマートアシストⅡでは、約4~100km/h での走行中に前方の車両を認識し、衝突の危険性があると判断した場合に、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告。

新型 パッソ フルモデルチェンジ ボディカラーは12色

ホワイト

パールホワイトⅢ

ブラックマイカメタリック

ブライトシルバーメタリック

パウダリーベージュメタリック

プラムブラウンクリスタル

ファインブルーマイカメタリック

ディープブルークリスタル

ファイアークォーツメタリック

マゼンタベリーマイカメタリック

レモンスカッシュクリスタル

ダークエメラルドマイカ

パッソモーダにはツートンカラーを設定

マイカメタリック×パウダリーベージュメタリック

マイカメタリック×ファインブルーマイカメタリック

マイカメタリック×ディープブルークリスタル

マイカメタリック×レモンスカッシュクリスタル

マイカメタリック×ファイアークォーツレッドメタリック

マイカメタリック×マゼンタベリーマイカメタリック

マイカメタリック×ダークエメラルドマイカ

新型 パッソ フルモデルチェンジ グレード一覧

X

14インチホイール&ホイールカバー

UVカットドアガラス

ワンタッチターンシグナル

ワイヤレスドアロックリモコン

運転席、助手席バニティミラー

マニュアルエアコン

前後スタビライザー

VSC&TRC

ヒルスタートアシスト

緊急ブレーキシグナル

価格:1,150,200円

X S

XにスマートアシストⅡ搭載

価格:1,215,000円

X-Lパッケージ

プライバシーガラス

オート格納式ドアミラー

リバース連動リアワイパー

オートエアコン

スマートキー

運転席アジャスター

6:4分割リアシート

価格:1,258,200円

X-Lパッケージ S

X-LパッケージにスマートアシストⅡ搭載

価格:1,317,600円

X-Gパッケージ

14インチアルミホイール

LEDヘッドライト

オートライト

車速感応ワイパー

スーパーUV、赤外線カットガラス

本革巻ステアリング

メッキドアハンドル、シフトレバー

価格:1,447,200円

MODA

LEDヘッドライト

オートエアコン

プライバシーガラス

シルバー塗装ドアハンドル

オート格納式ドアミラー

ドアミラーウインカー

リバース連動リアワイパー

ワンタッチ機能付きターンシグナル

キーフリー&プッシュスタート

マゼンタ&シルバーパーツ

運転席上下アジャスター

価格:1,431,000円

MODA S

MODAにスマートアシストⅡ搭載

価格:1,495,800円

MODA-Gパッケージ

14インチアルミホイール

LEDヘッドライト

オートライト

車速感応ワイパー

スーパーUV、赤外線カットガラス

本革巻ステアリング

メッキドアハンドル、シフトレバー

リアドアスピーカー

価格1,657,800円

新型 パッソ スペックについて

スペック 新型パッソ
全長 3,650mm
全幅 1,655mm
全高 1,525mm
ホイールベース 2,500mm
エンジン 1.0L 直列3気筒DOHC
最大出力 69ps/6,000rpm
最大トルク 9.4kgm/4,400rpm
駆動方式 2WD(FF) 4WD
トランスミッション CVT
JC08モード燃費 28.0km/L
価格 115万~165万円

passo_new329105.jpg

passo_new329106.jpg

passo_new329107.jpg

passo_new329108.jpg

passo_new329111.jpg

passo_new329112.jpg

passo_new329104.jpg

passo_new329103.jpg

passo_new329102.jpg

passo_new329101.jpg

passo_new329109.jpg

passo_new329110.jpg

passo_new329113.jpg

1L_engine_001.jpg

新開発された1.0L 直3 DOHC エンジン





パッソはダイハツとの共同開発による車種で、企画およびマーケティングはトヨタ主導、設計および開発・生産はダイハツ主導で行われている。ダイハツのブーンとはバッジエンジニアリングによる双子車ではあるがOEM関係にはない。パッソとブーンの型式に共通性がない事や、製造事業者はパッソがトヨタ、ブーンがダイハツになるのはこのためである。トヨタはダイハツに生産を委託する形を取っている。

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/detail/11650563/

トヨタパッソ

https://toyota.jp/passo/

トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019