トヨタ 新型 プリウス ZVW50 1ヶ月で約100,000台受注 目標の8倍となる8ヶ月分受注だ

トヨタは2016年1月18日に新型プリウス (ZVW50)が2015年12月9日の発売からおよそ1カ月にあたる2016年1月17日時点で約100,000台と、好調な立ち上がりとなっている。月販目標台数は1万2000台で、目標の8倍となる8ヶ月分を受注した。

ちなみに、2009年5月18日に発売した3代目 プリウス (ZVW30)は2代目(NHW20)から車両本体価格の引き下げや2009年4月に施行された事実上の「ハイブリッド車優遇」ともとれる「エコカー減税政策」、さらに量産車では史上初のトヨタ4系列全店舗扱いの恩恵もあり、発売開始から6月17日までの1か月間の受注台数は月販目標1万台の18倍の1年6か月分にあたる約18万台を受注。また納車は最大で約10か月以上待ちとなった。新型プリウスはそこまでではないが、時代は変わり、3代目プリウスや様々なハイブリッド車が街を走っている。この状況での約100,000台受注は3代目と同様のヒットと言っていいだろう。

目次

4代目 新型 プリウスについて

ベースグレード「E」においてはJC08モード走行燃費40.8km/Lの低燃費を実現。その他の2WD車においてもJC08モード37.2km/L、新たに投入したE-Four(電気式4輪駆動方式)車はJC08モード34.0km/Lの低燃費を実現。TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用。ハイブリッドシステムは小型化されたTHSⅡを採用し、バッテリーの位置など大幅に変更。旧型よりもノーズが-70mmも低い低重心ボディに生まれ変わった。衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を採用する。

1月時点での納車は

Aプレミアム/Aプレミアムツーリングセレクション 2016年10月以降納車

A/Aツーリングセレクション 2016年7月以降納車

S/Sツーリングセレクション 2016年3月以降納車

その他、E-Fourモデル 2016年3月以降納車

「PRIUS! IMPOSSIBLE GIRLS」キャンペーン。

新しくなったプリウスの40の部品が、40人のプリガーに!このムービーでは、モデルチェンジのなかで特に重要な働きを担った10のパーツにフォ­ーカス。

新型プリウスについて

あわせて読みたい
トヨタ 新型 プリウス 4代目はなんとJC08モード40.8km/L 2015年12月9日発売 JC08モード40.8Km/L のプリウス、2015年12月9日発売へ 【4代目 新型プリウスについて】 トヨタ自動車が、ハイブリッド車(HV)で開発中の4代目「プリウス」の燃費について...

トヨタニュースリリース

あわせて読みたい
Access Denied

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる