ダイハツ 新型タント タントカスタム 両側パワースライドドア 2013年10月3日発売

tanto ダイハツ

ダイハツが2013年10月3日に新型タント、タントカスタムを全国で発売を開始。

新型タント タントカスタム

3代目となる新型タント/タント カスタムでは、先代モデルからセンターピラーをスライドドア内に内蔵する「ミラクルオープンドア」を受け継ぎつつ、運転席側のリアドアもスライドドアに変更して両側スライドドアに進化。定評ある車内の広さにさらなる向上を図り、前席のヘッドクリアランスを20mm、ヘッダ距離を120mm拡大。240mmの前後スライド量を持つリアシートとも組み合わせ、ヘッドクリアランス、ヘッダ距離、前後乗員間距離の3ジャンルで軽自動車ナンバーワンの広さとなっている。

また、ミラクルオープンドアを開けた先にある助手席の前後スライド量を従来から100mm拡大し、380mmというロングスライドを実現。このほかにも「助手席シートバックレバー」「助手席乗降グリップ」などを装備し、乗降性や使い勝手の向上を追求している。

1.軽唯一のミラクルオープンドアの使い勝手をさらに追求した「ダントツの使い勝手」

2.広さを感じるポイントにこだわった「軽No.1の広々開放感」

3.外板樹脂化による空力性能の飛躍的な進化や歩行者保護性能の向上

4.登録車ユーザーも満足の「基本性能・安全装備」

5.28km/Lの低燃費を実現し、全車エコカー減税「免税」レベルを達成

6.内外装スタイルの一新により、

ダイハツ タント

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/

ダイハツ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019