トヨタ 新型 アクア 一部改良 JC08モード37km/L 2013年12月2日発売 首位を取り戻す

トヨタ

トヨタ自動車は2013年12月2日に主力の小型ハイブリッド車(HV)「アクア」を一部改良して全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて発売する。

アクア 一部改良について

燃費性能をガソリン1リットルあたり37.0km/Lに高める。9月にホンダが発売した新型「フィットHV」からHVの燃費性能トップを奪い返すことで、国内で車種別の販売首位の座を守る。

現行のアクアの燃費はガソリン1リットルあたり35.4km/L。HV制御システムなどを改良し、フィットの36.4km/Lを上回る燃費性能となる。燃費性能以外の装備も拡充するが、価格は上げ幅を1万円程度に抑え、170万~195万円とする見込み。燃費性能でアクアを上回るフィットHVが登場したことで、販売店から対抗策を求める声が出ていた。一部改良をテコに、年末商戦での販売拡大、来年4月の消費増税前の駆け込み需要を取り込む。

今回の改良では、エンジンのフリクションを低減するとともに、モーターやインバーターなどの制御を改良しハイブリッドシステムの効率を一段と高めることで、世界トップの低燃費37.0km/L(従来型比+1.6km/L*2)を実現した。

また、サスペンションにチューニングを施すなど乗り心地を向上させたほか、遮音材の追加などにより静粛性を高めている。さらに、ドアミラーにドアの施錠・解錠と連動して格納・復帰するオート機能と、フロントドアガラスに撥水機能*3を追加し利便性を向上するとともに、ヒルスタートアシストコントロールには坂道を感知する機能を追加し、車両のずり落ちを緩和する性能を高めた。このほか、外板色に新色ディープアメジストマイカメタリック*3を追加し全11色とするとともに、スピードメーター文字色を変更した。

あわせて、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)についてもベース車と同様の改良を施している。

現行車燃費順

順位 車種 JC08モード
1位  フィットハイブリッド 36.4km/L
2位 トヨタアクア 35.4km/L
3位 ミライース 33.4km/L
4位 カローラハイブリッド 33.0km/L
4位 アルトエコ 33.0km/L
6位 プリウス 32.6km/L
7位 レクサスCT200h 30.4km/L
8位 アコードハイブリッド 30.0km/L
8位 ワゴンR 30.0km/L
10位 デイズ /ekワゴン 29.2km/L
11位 ムーブ/ステラ 29.0km/L
11位 スペーシア 29.0km/L
13位 ミラージュ 27.2km/L
13位 インサイト 27.2km/L
13位 モコ/MRワゴン 27.2km/L
16位 N-ONE 27.0km/L
17位 フィアット 26.6km/L
18位 スイフト 26.4km/L
19位 プリウスα 26.2km/L
20位 フィットシャトルハイブリッド 26.0km/L
20位 ミラココア 26.0km/L
20位 ムーブコンテ 26.0km/L
20位 アルトラパン 26.0km/L
24位 ノート 25.2km/L
25位 デミオ 25.0km/L

日本経済新聞より

https://www.nikkei.com/article/DGXNASDD310FN_R31C13A0TJ0000/

トヨタニュースリリース

http://www2.toyota.co.jp/jp/news/13/11/nt13_066.html

トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019