MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

マセラティ 新型 グラントゥーリズモ 初EV(電気自動車)モデル採用 2022年10月3日発表

マセラティは、ブランド史上初の電気自動車、新型「グラントゥーリズモ」を2022年10月3日(現地時間)発表した。新型「グラントゥーリズモ」を、未来への前進を象徴するモデルとした。V6エンジンを搭載したモデナとトロフェオ、そして群を抜いて最も強力な完全電気式のフォルゴレの3つのバリエーションで利用可能。

目次

マセラティ 新型 グラントゥーリズモ

「グラントゥーリズモ フォルゴ―レ」は、「フォーミュラE」で培われた技術で開発された800V技術をベースに、300kWの永久磁石モーターを3基搭載。バッテリの公称容量は92.5kWh、放電容量は560kW、これにより連続的に約760PSをタイヤに伝達するという。また、バッテリモジュールはシート下に配置せず、主にセンタートンネル周辺に配置することにより、車高が1353mmと、車高を大幅に下げることに成功させた。

セラティはすでにグラントゥーリズモのデザインをICE 搭載モデルと EV モデル。新世代は、全長4,959 mm、全幅1,957mm、全高1,353mm、ホイールベース2,929mmで、すべての寸法が拡大。トロフェオは、モデナやフォルゴーレよりもわずかに長く、全長4,966mmです。マセラティ グラントゥーリズモは、アルミニウム、マグネシウム、スチールでできた新しい軽量構造をベース。すべてのバリエーションには、フロントに「セミバーチャル」ステアリング軸、リアにマルチリンクセットアップを備えたダブルウィッシュボーンサスペンションが装備され、電子制御のエアスプリングが標準装備。グラントゥーリズモには、構成可能な 12.2 インチのデジタル インストルメント クラスター、ヘッドアップ ディスプレイ、12.3 インチのインフォテインメント タッチスクリーン、およびセンター コンソールの別の 8.8 インチのタッチスクリーンで構成される完全なデジタル コックピットが付属。

グラントゥーリズモ フォルゴーレ

グラントゥーリズモ フォルゴーレは全モデルの中で最速。0-100km/h 加速は 2.7 秒、0-200 km/h (0-124 mph) 加速は 8.8 秒、最高速度は Trofeo に匹敵する 320km/h 。EV はロットの中で最も重く、2,260 kg の重さで、内燃機関の兄弟の 1,795 kg 。重量バランスに関しては、Folgore はバッテリー配置のおかげでアクスル間の完璧な 50:50 の比率を持っていますが、Modena と Trofeo はフロントの V6 の質量により 52:48 と評価されています。

グラントゥーリズモ モデナ

エントリ レベルのグラントゥーリズモ モデナでは、ミルは 490hp (365kW / 496PS) と 600Nm (442.5lb-ft) のトルクを生成します。これにより、前世代のMC Stradaleのパフォーマンス フラグシップよりもパワフルになり、0-100km/h 加速3.9秒と 302km/h (188mph) の最高速度が可能。

グラントゥーリズモ トロフェオ

パフォーマンス重視のグラントゥーリズモ トロフェオは、550hp (410kW / 557PS) と 650Nm (479.4lb-ft) のトルクを発生する V6 のより強力なバージョンを取得し、電子式セルフロッキング ディファレンシャルを備えています。マセラティの他のラインナップと比較すると、これはグレカーレ トロフェオSUVの 523hp (390kW / 530PS) よりも強力ですが、 MC20スーパーカーの 621hp (463kW / 630PS) よりは劣ります。グラントゥーリズモ トロフェオは 0-100km/h 3.2 秒で加速し、最高速度は 320km/h (199mph) に達します。

マセラッティ

https://www.maserati.com/jp/ja

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次