アウディ

アウディ 新型 RS6 Avant 最高出力600ps 2019年8月20日発表

audi rs6 avant

アウディはハイパフォーマンスモデル「RS6 Avant」のフルモデルチェンジを行い2019年8月20日(現地時間)に発表した。

新型「RS6 Avant」は新型「A6 Avant (ステーションワゴン) 」をベースにアウディスポーツが手がけたモデルである。欧州や米国では2020年前半に販売がスタートする。2019年9月12日に開催される「フランクフルトモーターショー2019」にて「RS6 Avant」を世界初公開した。

新型 RS6 Avant について

RS 6 Avantにはスポーティなスタイリングを採用し、サイドスカートとリフトゲート搭載のスポイラー、カーボンセラミックブレーキシステム、デュアルエキゾーストと、ディフューザーが組み込まれた独自のリアバンパーを採用。

audi rs6 avant

audi rs6 avant

audi rs6 avant

audi rs6 avant

audi rs6 avant

audi rs6 avant

audi rs6 avant

インテリアはRSブランドのスポーツシートやステアリングホイールなど、ダッシュボードには、カーボンファイバートリム、アロイペダル、赤いクワトロバッジ、アウディは、デジタルインストルメントクラスターがRS固有のディスプレイを備え、「タイヤ圧、トルク、出力、エンジンオイル温度、ブースト圧、ラップタイム、加速度測定、G力に関する情報を表示する。特別に調整されたアダプティブエアサスペンションとスポーツディファレンシャルが装備。最適化されたステアリングシステムを採用。

audi rs6 avant

メーターは12.3インチのディスプレイを使用したデジタル式のAudiバーチャルコックピットを採用。インフォテインメントシステムは、上部の10.1インチタッチスクリーンをメインに、下部にエアコンなどを操作する8.6インチのタッチスクリーンを採用。MMIナビゲーション及びAudi connect(アウディコネクト)標準装備。

audi rs6 avant

audi rs6 avant

audi rs6 avant

audi rs6 avant

audi rs6 avant

audi rs6 avant

「RS 6 Avant」は、4.0L V型8気筒 直噴ツインターボエンジン TFSI に48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載、592hp(441kW/600PS)と800Nm(81.6kgm)、quattro全輪駆動システムに8速オートマチックトランスミッションの組み合わせだ。0〜100km/h加速3.6秒、最高速度250 km/hである。

audi rs6 avant

新型 RS6 Avant スペックについて

スペック 新型 アウディ RS6 Avant
エンジン 4.0L V型8気筒 直噴
ツインターボエンジン TFSI
+モーター
最高出力 441kW(600ps)
最大トルク 800Nm(81.6kgm)
トランスミッション 8速AT
駆動方式 4WD (Quattro)
0-100km/h加速 3.6秒
最高速度 250km/h (リミッター)

アウディ 新型 A6 A6アバント フルモデルチェンジ 新世代アウディデザインを採用 日本2019年3月発売

アウディ 新型 A6 A6アバント フルモデルチェンジ 新世代アウディデザインを採用 日本2019年3月発売

ソース

2020 Audi RS 6 Avant Revealed With 592 HP And It’s Coming To America!

アウディ A6 アバント

https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a6/a6_avant.html

アウディ

https://www.audi.co.jp/jp/web/ja.html

クラウドタグ

  • この記事を書いた人

最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

-アウディ
-