ダイハツ 急発進抑制安全装置「つくつく防止」対象車種について

ミライース ダイハツ
初代ミライース

ダイハツはペダルを踏み間違えた際などに起きる急な発進を抑制する、後付け安全装置「つくつく防止(ぼうし)」を2018年12月5日に発売を開始した。

ダイハツ 急発進抑制安全装置「つくつく防止」について

現在、多くの車種で衝突回避支援システム「スマートアシスト」を採用したモデルを発売しているが、搭載していない現在所有しているダイハツ車に後付けで安全装置を搭載できる。2019年現在、世の中ですでにお乗りいただいているダイハツ車の約8割はスマートアシスト非搭載車である。

車両前後に取り付けたソナーセンサーが前後方3メートル以内にある障害物を検知し、 運転者がアクセルペダルを強く、速く踏み込んだ場合に、システムがペダル踏み間違いと判断。コント ローラーが燃料の供給をカットすることでエンジンの出力を抑制、室内に取り付けたインジケーターと ブザー音により運転者に警告し、急発進を抑制する仕組みとなっている。また、ソナーセンサーで前後 方の死角にある障害物を検知し警告する「パーキングセンサー機能」も備える。スマートアシストの「誤発進抑制制御機能」のみの機能となる。動作条件は車速10km/h以下で動作対象 約3メートル先の壁やコンビニなどでアクセルを強く速く踏んだ場合に動作する。

つくつく防止

ダイハツ 急発進抑制安全装置「つくつく防止」対象車種

搭載できる車種は現在、合計7車種8モデルが搭載対象。

  • タント L375S系(2007年12月〜2013年9月)
  • ムーヴ L175S系(2006年10月〜2010年12月)
  • ムーヴ LA100系(2010年12月~2012年12月)
  • ミラ L275S系(2006年12月〜2013年2月)(4WDを除く)
  • ミラココア L675S系(2009年7月~2018年2月)
  • ミライース LA300系(2011年9月~2013年8月)
  • ムーヴコンテ L575S系(2008年8月~2017年1月)
  • タントエグゼ 455S系(2009年12月~2014年9月)

ダイハツ 急発進抑制安全装置「つくつく防止」価格

34,560円 (59,508円 [標準取付費込])

急発進抑制安全装置「つくつく防止」

https://www.daihatsu.co.jp/accessory/tsukutsukuboushi/index.htm

ダイハツニュースリリース

https://www.daihatsu.com/jp/news/2019/20190729-3.pdf

https://www.daihatsu.com/jp/news/2018/20181205-1.pdf

ダイハツ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました