安全技術

crown

トヨタ

2021/1/5

トヨタ Toyota Safety Sense 搭載車種まとめ

Toyota Safety Senseは、トヨタ自動車の予防安全パッケージである。「Toyota Safety Sense C」とその上位版である「Toyota Safety Sense P」そして2018年より「第2世代 Toyota Safety Sense」がある。予防安全パッケージが付いている機能が細かく違い知らない人からすると、付いているから「大丈夫」と思ってしまう人もいるだろう。購入後に後悔する可能性がある。そこで車種別に違いをまとめてみた。 Toyota Safety Sense 機能比較 ...

Toyota Safety Sense

トヨタ

2020/9/14

トヨタ 既販売車のToyota Safety Sense機能アップグレードを開始 2020年9月10日から順次

トヨタは既販売車の「Toyota Safety Sense(Toyota Safety Sense C)」機能アップグレードを開始。PCS(プリクラッシュセーフティ)のソフトウェアをアップグレードし、昼間の歩行者も検知可能になる。価格は4,180円(消費税込み、取付費別)。全国のトヨタ販売店でソフトウェアのアップグレードが可能。 Toyota Safety Sense機能アップグレード 可能車種  既販売車11車種の「Toyota Safety Sense(Toyota Safety Sense C)」の ...

prius

トヨタ

2020/5/12

トヨタ 新型 プリウス 一部改良 2019年12月発売

トヨタは「プリウス」の一部改良を行い2019年12月に発売する。 新型プリウス 一部改良について 今回の一部改良ではグレード「Aプレミアム」以上にパノラミックビューモニターを標準装備。新型プリウスPHVと同様となる。 新型プリウス PHV 新型 プリウスPHV マイナーチェンジ(一部改良)5人乗り 安全装備強化 2019年5月9日発売 新型 プリウスPHV マイナーチェンジ(一部改良)5人乗り 安全装備強化 2019年5月9日発売 新型プリウス マイナーチェンジモデル 50系 後期 エクステリア 変更点 ...

ミライース

ダイハツ

2019/9/28

ダイハツ 急発進抑制安全装置「つくつく防止」対象車種について

ダイハツはペダルを踏み間違えた際などに起きる急な発進を抑制する、後付け安全装置「つくつく防止(ぼうし)」を2018年12月5日に発売を開始した。 ダイハツ 急発進抑制安全装置「つくつく防止」について 現在、多くの車種で衝突回避支援システム「スマートアシスト」を採用したモデルを発売しているが、搭載していない現在所有しているダイハツ車に後付けで安全装置を搭載できる。2019年現在、世の中ですでにお乗りいただいているダイハツ車の約8割はスマートアシスト非搭載車である。 車両前後に取り付けたソナーセンサーが前後方 ...

ジューク

2019年 新車発売 モデルチェンジ まとめ

2019/7/20

2019年後半 買って乗って損しないだろう 話題の新型 車種まとめ

2019年後半は各社最新技術を多く取り入れた車を多数発売する。その中でも「注目度」と「買っても損しないだろう」と思われる車種をいくつかご紹介していきます。 トヨタ 新型 カローラ ツーリング (ワゴン) 世界が認める「カローラ」についにワゴンモデル「カローラ ツーリング」が2019年9月17日発売する。カローラフィルダーの後継となるがベースは世界標準規格である。現行「カローラスポーツ」は以前の「オーリス」であり今回の「カローラツーリング」は日本未発売の「オーリスワゴン」とも言えるだろう。 TNGA(Toy ...

ダイハツ

2021/1/5

ダイハツ スマートアシスト搭載車 まとめ

スマートアシストは、ダイハツ工業が開発した予防安全機能ある。進化版である「スマートアシストII」「スマートアシストIII」「次世代スマートアシスト」についてまとめてみた。 スマートアシストとは? スマートアシストは、レーザーレーダを用いて車両前方を監視するシステムで、2012年12月20日にムーヴに搭載された。2015年4月27日に一部改良されたムーヴとタントでは単眼カメラを追加した「スマートアシストII」が設定。2016年11月30日に一部改良されたタントではレーザーレーダーと単眼カメラを廃止し、ステレ ...

honda_insight

ホンダ

2021/4/27

ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」どうなのか?

2014年10月にホンダが発表した安全運転支援システム「Honda SENSING」HiDS(ホンダ・インテリジェントドライバーサポートシステム)に、衝突被害軽減ブレーキのCMBSなどを統合した新たなシステムとして発表。2015年1月22日にフルモデルチェンジしたレジェンドとオデッセイのマイナーチェンジで設定が加えられた。その後、2017年8月31日に発売したN-BOXにはHondaの軽自動車では初めて搭載となり、ホンダは数多くの車にHonda SENSING」を搭載している。どのような機能があるのか、評 ...

crown

競合車種比較

2019/10/11

先進安全技術 国内メーカー8社 徹底比較 違いについて

国内の自動車メーカーは各社、安全技術を多く採用している。2019年現在では各社仕組みや機能に差があるがどの様な違いがあるのか?わかりやすくまとめてみた。 各社の違いについて 日本国内ではトヨタ「Toyota Safety Sense」「Lexus Safety System+」ホンダ「Honda SENSING」日産「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」スバル「アイサイト」マツダ「i-ACTIVSENSE」三菱「e-Assist」ダイハツ「スマートアシストⅢ」スズキ「デュアルセンサーブレーキサポー ...

EyeSight

スバル

2019/10/11

スバル アイサイト Ver.2 Ver.3 ツーリングアシスト 搭載車まとめ

スバル アイサイトはSUBARUの「運転支援システム」をコンセプトに開発され、Ver.2 Ver.3と進化を果たし、アイサイトツーリングアシストへと進化を果たしている。機能の違いや搭載車種についてまとめてみた。 アイサイト Ver.2 Ver.3違いについて Ver.2からVer.3でユニットの小型・薄型化。カメラをCCD(モノクロカメラ)からCMOS(カラーカメラ)とすることによる視認性能の向上。視野角・視程を従来比40%向上。カラーカメラ化による先行車ブレーキランプ認識機能の追加。それに伴うCPUの高 ...

PROPILOT2

日産

2019/10/11

日産 安全運転支援システム プロパイロットなど搭載車まとめ

日産の安全運転支援システムは「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」から「プロパイロット」まで幅広くあり、他社などの「Toyota Safety Sense」「Honda SENSING」などのパッケージ化されていると言うよりかは車種により機能が別れている様なイメージである。どの様な機能があるのかまとめてみた。 日産の先進安全技術について インテリジェント エマージェンシーブレーキ フロントカメラで前方の車両や歩行者を検知。衝突の可能性が高まるとメーター内ディスプレイへの警告表示とブザーで注意を喚起 ...

CX-5

マツダ

2021/4/27

マツダ i-ACTIVSENSE 搭載車まとめ

マツダは2017年度中に国内で販売するロードスターを除いた主要5車種に「i-ACTIVSENSE」技術を標準装備することを公表。SCBS、SBS等の先進安全技術をまとめて「i-ACTIVSENSE」と呼んでおりどの様な機能があるのかまとめてみた。 先進安全技術 i-ACTIVSENSEとは? 「i-ACTIVSENSE」は、ミリ波レーダーやカメラなどの検知デバイスを用いたマツダの先進安全技術の総称である。マツダは、国が推奨する新しい自動車安全コンセプト「サポカーS」の「ワイド」に該当するための技術を先進安 ...

suzuki-safety-support

スズキ

2019/5/19

スズキ SUZUKI Safety Support 搭載車まとめ

スズキの予防安全技術「SUZUKI Safety Support」を搭載した車を現在は数多く販売しているが、スズキはステレオカメラ方式の「デュアルカメラブレーキサポート」と単眼カメラ+赤外線レーザーレーダー方式「デュアルセンサーブレーキサポート」が現行モデルにはあり、違いについてもまとめてみた。 予防安全技術「SUZUKI Safety Support」とは? デュアルカメラブレーキサポートとは? 「デュアルカメラブレーキサポート」はルームミラーの前方に2つのカメラを装備したステレオカメラ方式。左右2つの ...

© 2021 最新自動車情報