ホンダ 新型フィットと現行フィットの安全技術 徹底比較

FIT ホンダ

ホンダは新型「フィット」は2020年2月14日発売する。現行フィットから、安全技術がどの様な進化があるのかを徹底比較してみた。

新型フィット フルモデルチェンジ 先進運転支援システム 違いについて

現行よりも更に進化したHonda SENSING(ホンダ センシング)全車標準搭載。広い水平画角のフロントワイドビューカメラと前後の8つのソナーセンサーをHonda車初搭載。

衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)は昼・夜間歩行者と自転車に対しても衝突回避を支援。更に渋滞追従機能付ACCとなり「後方誤発進抑制機能」「オートハイビーム」も搭載。

システム 装備 現行フィット 新型フィット
CMBS
昼歩行者

昼・夜間歩行者 自転車
誤発進抑制機能
歩行者事故低減ステアリング
路外逸脱抑制機能
渋滞追従機能付ACC
LKAS
先行車発進お知らせ機能
標識認識機能
後方誤発進抑制機能
オートマチックハイビーム
近距離衝突軽減ブレーキ

ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」どうなのか?

ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」どうなのか?
2014年10月にホンダが発表した安全運転支援システム「Honda SENSING」HiDS(ホンダ・インテリジェントドライバーサポートシステム)に、衝突被害軽減ブレーキのCMBSなどを統合した新たなシステムとして発表。2015年1月22日...

新型フィット フルモデルチェンジ 4代目 感想

エクステリアは初代、2代目を彷彿とさせる可愛らしいスタイルに戻り愛着の出るデザインに仕上がっている印象である。インテリアは見た目ではわからない細かい工夫がされており、視界の良さや、座り心地の良さを感じることができた。ハイブリッドシステムには新型i-MMD (e:HEV)を採用。電動パーキングブレーキ&ホールドを採用。歴代フィット同様、センタータンクレイアウトと呼ばれるホンダ独自の特許技術により、同クラスのコンパクトカーよりも、広い室内空間を提供しており、他社と比べても非常にバランスの取れたモデルになった印象である。

ホンダ 新型 フィット 4代目 フルモデルチェンジ 2020年2月14日発売

ホンダ 新型 フィット 4代目 フルモデルチェンジ 2020年2月14日発売
ホンダは新型フィットのフルモデルチェンジを行い2020年2月14日に発売する。「2モーターハイブリッドシステムのi-MMD(e:HEV)」を採用。クロスオーバースタイルのエクステリアデザインが特長とした「CROSSTAR(クロスター)」を新...

ホンダ 新型 フィットと現行フィット スペック徹底比較

ホンダ 新型 フィットと現行フィット スペック徹底比較
ホンダは新型「フィット」のフルモデルチェンジを行い2020年2月14日に発売するが、何が変わったのか比較してみた。 フィットがフルモデルチェンジ 4代目となる新型フィットは現行同様にキープコンセプトとし、全長を伸ばし、室内空間を更に広げ...

ホンダニュースリリース

https://www.honda.co.jp/news/2019/c190508b.html

https://www.honda.co.jp/news/2019/c190926.html

https://www.honda.co.jp/news/2019/4191023.html

ホンダ

https://www.honda.co.jp/

ホンダ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020